SNS『Facebook』上でプロフィール・写真等を非公開にする方法-友達リストや動画・画像など個別で非公開設定




世界中で人々のコミュニケーションツールとして愛用される人気SNS「Facebook」。友達や知人の近状確認や楽しい会話ができる一方、人によっては「知らない人にこちらのアクティビティが筒抜けになる」のは嫌なはず。

そこで今回は、赤の他人や”ちょっと見せたくない”知人から自身のデータやメディアを非公開にする方法、どんなものが見れなくなるかを詳しくご説明したいと思います。

そもそもどんな情報が一般公開されているの?

フェイスブックでは、特にこれといった設定を行っていない限り、次のようなデータおよびアクティビティが一般公開されています:

  • 自身の職歴や学歴
  • 自身の出身地と居住地、住んだことがある場所
  • 連絡先および基本データ(住所に誕生日等々)
  • 自身の交際ステータス(〇〇と婚約中など)
  • 詳細情報(自己紹介など)
  • 人生経験(誕生した年や就職した年、結婚した年など)
  • 登録中の友達一覧
  • アップロードしたメディア(画像や動画)
  • 投稿およびタイムライン

なお、これまでは上記に加えて個人の電話番号やメールアドレスなども登録できていましたが、去年から正式に廃止されています。

一般公開による危険性とは?

これまでのアクティビティがバレてしまう

アカウントを作成した際、大抵はデフォルト設定としてアカウントが一般公開になっています。そのため、他のユーザーがこちらのプロフィールを開いた場合、タイムライン上でこちらのアクティビティが丸見えになってしまいます。

自分の住んでいる場所を特定される

一般公開時にとりわけ注意したい点として、こちらのプロフィールが見れる他ユーザーは、”住んでいた場所”や”通っていた学校”といった基本データから、最近アップロードした写真まで閲覧することができます。

これは言い換えれば、上記情報と画像から”こちらの滞在先が推定されてしまう”というリスクにもなります。

身内や関係者を危険に晒してしまう

プロフィール画面では、”家族として登録した”ユーザーや、交際中の相手を表示することができます。しかしそれは逆に、悪意を持つ人物に身内や関係者の詳細がバレてしまい、彼らを危険に晒してしまう恐れがあります。

自身の安全が危うくなる

何よりも自分自身の安全が最も危うくなってしまうことから、相手に特定されてしまうような情報は極力載せないようにしましょう。

自分のアカウント詳細を非公開設定する方法

Facebookの自分の投稿を非公開にする

過去の投稿を非公開にする場合

▼初めにニュースフィード画面などで、既存の投稿の右上にあるをタップ

▼メニューが開いたら、プライバシー設定を編集をタップしてください

▼編集画面が開いたのち、投稿を表示する相手公開以外で選び、完了をタップすればOKです

投稿時に非公開に設定する場合

▼ニュースフィード画面上部にある、今なにしてる?をタップしてください

▼投稿の作成画面が開くので、名前の下にあるメニューボタン(ここでは🌎公開)をタップ

▼そしたら、投稿を表示する相手を選び、完了をタップしてください

▼公開範囲が変わったのを確認し、メッセージを入れて投稿をタップすればOKです

Facebookの基本データを非公開にする

▼ニュースフィード画面で👤アイコンをタップ

▼プロフィール画面にある公開情報を編集をタップ

▼ページ下部にある基本データを編集をタップ

▼基本データが表示されるので、非公開にしたい情報の右にあるをタップ

▼メニューが開いたら、プライバシー設定:〇〇をタップ

▼最後に、公開以外のものを選択すればOKです

Facebookの友達リストを非公開にする

▼ニュースフィード画面にて、フッター右側のΞをタップ

▼次に設定とプライバシー設定の順にタップしていく

プライバシー下にあるプライバシー設定をタップ

検索と連絡に関する設定下にある友達リストのプライバシー設定をタップ

▼最後に、公開以外のものを選択すればOKです

Facebook上のメディア(写真や動画)を非公開にする

▼ニュースフィード画面などで、非公開にしたい投稿写真等をタップしてください

▼画像が開いたら、右上の・・・をタップしてください

▼メニューが開くので、投稿のプライバシーを編集をタップ

▼他同様、公開以外のオプションを選択して完了すればOKです

自分のプロフィールを検索でヒットさせないようにする方法

一旦、「表示させない」と設定することで見られたくないものを閲覧されることはなくなりますが、「そもそも検索でヒットさせないようにしたい」という要望もあるかと思います。

 

メールアドレス検索でヒットさせないようにする

▼ニュースフィード画面で右下のΞアイコンをタップしてください

▼メニューが開いたら、設定とプライバシープライバシーセンターの順にタップ

▼画面が切り替わったら、その他のプライバシー設定をタップ

▼スクロールして、メールアドレスを使って私を検索できる人をタップ

▼最後に、全員以外のオプションを選択すればOKです

電話番号検索でヒットさせないようにする

▼先ほど同様にメニューが開き、設定とプライバシープライバシーセンターをタップ

▼次にその他のプライバシー設定をタップしてください

▼スクロールして、電話番号を使って私を検索できる人をタップ

全員以外のオプションを選択すれば、設定完了となります

自分のページをGoogleなどの検索に載せないようにする方法

▼ニュースフィード画面よりメニューを開き、設定とプライバシープライバシーセンターをタップ

その他のプライバシー設定をタップしてください

▼スクロールして、Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?をタップ

▼最後に「Facebook外の検索エンジンによる~」の横にあるスイッチをオフにすればOKです

Facebookページを非公開設定にする方法

▼ニュースフィード画面でメニューを開き、ページをタップしてください

▼次に既存のFacebookページを選んでください

▼ページが開いたら、🖊ページを編集をタップ

▼画面下部にある設定をタップしてください

▼次に一番上にある一般をタップしてください

▼スクロールして、Facebookページの公開設定にある公開をやめるをタップすればOKです

まとめ

いかがだったでしょうか?

Facebookでは、たくさんのユーザーと繋がれるような機能が充実している一方で、時には公開中の情報を悪用しようと企む人も少なからず存在します。

そんな人たちに情報や身元が流出しないよう、上記方法を使って一般公開・友達限定に分けてみるのもオススメです。