SNS『Facebook』の「知り合いかも」表示とは-通知させない・自分にも他人にも非表示にする方法




世界各地で休むことなく利用されている大手SNS「Facebook」。そんな人気サービスを利用しているとき、見覚えのある知人、あるいは見知らぬユーザーが「知り合いの可能性」として表示されることはありませんか?

今回、この予測機能がどうな基準で表示されるのか、また、閲覧が確認できる”足跡”機能は導入されているかなどについて、詳しくご説明したいと思います。

Facebookの「知り合いかも」機能とは?

Facebookの「知り合いかも」は、文字通り”知り合いの可能性がある”ユーザーを友達候補として表示する機能であり、多くの場合はニュースフィードやタイムライン、または友達リクエスト上で表示されます。

「知り合いかも」の表示基準について

「知り合いかも」で友達候補が表示された時、大抵の方はその精度の高さ(的確に面識のある人物が表示される)に驚いたり、あるいは全く赤の他人が出てきて「???」になることでしょう。

これについてFacebookの公式ヘルプページでは次のように説明しています:

「知り合いかも」は、Facebookで友達を見つけるのをサポートする機能です。「知り合いかも」でおすすめするのは次のような人たちです。

  • 共通の友達がいる人。おすすめに選ばれる最も一般的な理由です
  • 同じFacebookグループに参加している人
  • 同じ写真にタグ付けされている人
  • 同じネットワーク(学校、大学、職場など)に所属する人
  • アップロードした連絡先に登録されている人

このように、上記基準のどれかが一致している場合、知り合いである可能性が高いということになります。

しかしながら、中には見知らぬユーザーも表示されており、運営もその問題を認めています:

「知り合いかも」の機能は定期的なアップデートで改善されています。ただしときどき、知らない人や、友達として追加したくない人が表示される場合があります。

検索ヒットしたユーザーも「知り合いかも」に追加される?

Facebookでは、他のユーザーを検索(自分が訪問する)した場合、そのユーザーは後に「知り合いかも」上で友達候補として表示される模様です。

一方、訪問された相手の「知り合いかも」には、こちらの詳細は表示されないとのことです。

「知り合いかも」の通知をオフにしたい

Facebookからの通知で「知り合いかも」に関する通知を受け取ることがあります。

通知かと思いアプリを開いてみると、特段知らない人であったりし、なにかぬか喜びするようなときもありますよね。

そんな「知り合いかも」の通知ですが、その通知のみをオフにする方法がありますので下記にご紹介致します。

アプリの設定から通知設定を変更する

▼まずアプリ画面右下にあるをタップし、

▼設定とプライバシー>設定の順番にタップします。

▼表示される項目一覧を下にスクロールしていくとお知らせお知らせの設定の項目がありますのでそちらをタップ。

▼お知らせ関連を一元管理できるこちらの画面に「知り合いかも」がありますのでそちらをタップ。

▼画面を開いた当初は全てONの状態になっていますが、下の3つのスイッチのみOFFに切り替えます。

▼このように設定したら変更は完了です。

ちなみに一番上の「Facebookのお知らせを許可する」をタップすると、Facebook全体(いいねやコメントなど)の通知を全てOFFにすることになります。

一切の通知を受け取りたくない場合はこちらをタップしていただき、OFFにするのも手段の1つです。

その他の通知は受け取りたい、という場合は、こちらはOFFにしないようにしましょう。

知り合いかも=足あと?「足跡」機能の有無について

「足跡」機能とは、国内SNSの一つであるMixi(ミクシィ)で導入されている閲覧履歴機能であり、自分のページを訪問した人物ならびにその日時をリアルタイムに確認することができる機能です。

Facebook上で「知り合いかも」をひと目見た時、

「え、、これって私のページを見た人の一覧…!?」

というニュアンスを受ける方もいらっしゃるかと思います。いわゆる「Facebookに足あと機能って付いていたっけ?」というやつですね。

実際にFacebookに足あと機能は付いているか?という検証を以下に記載させていただきます。

Facebookでは足跡機能は未実装

実際的にFacebookでは、そのような機能は実装されてなく、公式ヘルプページでも次のように回答しています:

  • 他人のタイムラインを見た場合、その人にそれがわかりますか?
  • 私のプロフィールを誰が表示したかわかりますか?

いいえ。Facebookでは、プロフィールを見た利用者を追跡できません。外部アプリにもこの機能はありません。

ちなみに…グループのメッセージ既読表示はある意味「足跡」

しかしながら、Facebookにはユーザーの行動を確認できる、言わば「足跡」に似た機能が存在しています。それは、Facebookグループにて導入されているメッセージ既読表示です。

本機能はメンバーの数が250人未満の際に適用されるようになっていて、グループ内の投稿をタップすると「既読/閲覧済み:XX、〇〇」と表示され、誰が確認したかが分かってしまいます。

自分のタイムラインに「知り合いかも」を表示させない方法

ここでは、自身のタイムラインに「知り合いかも」を表示させなくする方法について説明したいと思います。

対象ユーザーを「知り合いかも」から消す

タイムラインに「知り合いかも」を表示させない一番簡単な対処方法が、対象ユーザーをタイムラインや友達検索ページ上で削除することです。

対応方法(アプリ版)

▼ニュースフィード画面のフッターにある👥アイコン(友達)をタップ

▼「知り合いかも」内の消したいユーザーの右にある削除するをタップすればOKです

対応方法(ブラウザ版)

▼ニュースフィード画面のヘッダーにある👥アイコン(友達)をタップ

▼「知り合いかも」内の削除対象の右側にある削除をタップして完了です

対象ユーザーをブロックする

もし特定のユーザーと一切関わる気がない場合、相手をブロックして完全に「知り合いかも」から消すことが可能です。

対応方法(アプリ版)

▼友達画面の「知り合いかも」にある、ユーザーのプロフィールアイコンをタップ

▼プロフィール画面に移動後、アイコンをタップ

▼次に画面上部のブロックするをタップ

▼確認事項を読んで、問題なければブロックするをタップして完了です

対応方法(ブラウザ版)

友達リクエスト画面で、「知り合いかも」内のユーザーのプロフィールアイコンをタップ

その他をタップ後、出てきたミニメニューにてブロックするをタップ

確認事項が表示されるので、問題なければブロックするをタップして完了です

他人の「知り合いかも」に自分を表示させない方法

こちらでは、他ユーザーの「知り合いかも」に自分自身が候補として表示されないようにする方法を説明します。

友達リクエストを制限する

友達リクエストを「友達の友達」に限定することで、全く関係のない”他人”の「知り合いかも」に自分が表示されることを防ぐことが可能になります。

実際の対応方法

▼「ニュースフィード」画面より、フッター右側のΞアイコンをタップ

▼次に設定とプライバシーをタップし、出てきた設定を選択する

▼移動後、プライバシー内のプライバシー設定をタップ

検索と連絡に関する設定の下にある自分に友達リクエストを送信できる人をタップ

▼最後に友達の友達をタップして左側に✔マークが入ればOKです

Googleといった外部検索エンジンの非対象にする

Googleなどの外部検索エンジンでは、”Facebook+名前”と入力して検索すると、その名を持つユーザーをまとめて表示できるようになっています。

上記検索エンジンの非対象にすることで、自分のプロフィールが表示されなくなります。

対応方法

プライバシー設定画面にてFacebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?をタップ

▼「Facebook外の検索エンジンによる~」の右にあるスイッチをタップすれば無効になります

まとめ

いかがだったでしょうか?

「知り合いかも」は、面識のある人を正確に引っ張ってくる優れた機能ではありますが、見知らぬ人もサジェストするため、まだまだ改良の余地はありそうです。

逆に知らない相手に自分のプロフィールが晒されてプライバシーが侵害されてしまう可能性もあるため、心配な方は上記設定を行って「知り合いかも」に表示されないようにしましょう。