音楽アプリ『Spotify』でライブチケットの販売開始!?チケット購入方法や販売場所など徹底解説!




アーティストや音楽レーベルにとってよりストリーミング配信の重要性が収益面でも大きくなってきていますが、そのストリーミング配信の第一人者である「Spotify」でアーティストのさらなる収益源となるライブのチケット販売が各所にリンクされました。

その時期や方法などの詳細を徹底解説致します!

音楽アプリ『Spotify』でライブチケットが購入が可能!?

全世界で2億人以上のユーザーがいるSpotifyですが、 なんと日本でのアクティブユーザー数が1200万人を超えるチケットサービス運営会社「イープラス」とパートナーシップ契約を締結したとのこと。

▼こちらイープラスのサービスサイト:トップページ。

「Spotify」から発表された内容

Spotifyから発表された内容としては、

  • Spotifyのアプリ上で直近のライブ情報が閲覧できるようになる
  • イープラスの音楽メディア 「SPICE」などの情報も掲載
  • アプリ上でチケット購入できるようになる
  • 熱心なファンは「FANS FIRST」プログラムで優先対応される

という機能拡張が徐々に実装されます。

このことから、単純にアーティストのページでライブのチケットの販売へ繋げるだけでなく、そのアーティストに関する様々な情報をSpotify上で展開することによって、アーティストへのエンゲージメントをさらに深めようとする狙いもあります。

Spotifyからチケットを購入するまでの方法

Spotifyのアーティストページからご案内

方法の一つとして挙げられているのは、

▼こちらのアーティストページの詳細情報にある「ツアー」情報に関連してチケットが販売される、という方法。

上記の画面の中の全てのコンサートを表示をタップすると、

▼閲覧しているユーザーが近いところで改正されているそのアーティストのライブの情報を確認することができます。

そしてこの日付部分のアイコンをタップすると、

▼当該アーティストのライブの詳細画面が表示されますので、この画面上にあるチケットを探すをタップすると、

▼Safariなどのブラウザが起動され、そのライブのチケット販売ページを閲覧することができます。

▼実は現時点でもそのアーティストのグッズについては、詳細ページのこの場所にて直接リンクが設置されています。

これら商品のサムネイルをタップすると、そのアーティストのオフィシャルページに移動し、手続きを行うことで購入することができます。

検索の「コンサート」コーナーからご案内

検索のコーナーに設置してあるコンサートのページからもライブの情報を確認することができます。

▼検索画面に広がるバナー画像の中で「コンサート」を選択し

▼ユーザーが今いる位置から最寄りの場所で開催されるライブの情報が一覧で表示されます。

▼特定のライブ名を選択すると、開催される日付が表示され、その日付をタップすると

▼その日のライブの出演アーティストが表示されます。

この画面上にもチケットを探すというリンクがありますのでそちらをタップすると

▼イープラス内にあるそのイベントのチケット販売ページへ直接移動することができます。

イープラス内で購入する流れ

イープラスのサイトが開けたら、

▼ページの中から未だ申込み可能なイベント日程(受付中となっているもの)を確認しタップ。

▼下記の申込むをタップして、申込み画面へと進みます。

その後、未ログインのユーザーであればログイン、アカウントを未だ作成されていないユーザーはアカウント作成>支払情報の入力後、チケット購入をすすめることができます。

Spotifyのアプリ上でチケット購入の決済まで完了は未だ先の話か…

今回、Spotifyとイープラスとの提携の中で最も期待していた画面遷移は、

「Spotify上でチケット購入が完結する」

ということですが、今まだ現段階ではアーティストのページからイープラスのチケット販売ページ移動が最善の手段となってます。

今後さらにこれが簡略化されSpotify上でチケットの販売できるようになると、ユーザーの利便性も上がりますしアーティストもSpotifyの中でマーケティングをすることによって全体の収益を押し上げる効果が期待できるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は少し会場で実装されたイープラスとの取り組みであるチケット販売ページへの直リンク設置について、その流れをご紹介させていただきました。

上記でも触れさせていただいた通り、まだ現段階ではアーティストページなどからイープラスのチケット販売ページへ送客するだけですが、今後チケットのみならずグッズなども一つ会場で販売ができるようになると、色々なことがSpotifyで完結できるようになり、楽しみが広がりますね。