Music FMの全画面広告を表示させない簡単な方法

毎度お騒がせMusic FMですが、今現在も週のとある一定タイミングで配信しているため、時々によっては、

▼このように「登場すれば上位にランクイン」を繰り返しています。

そんなMusic FMですが、主な収益源は『広告表示』かと推測されます。

その中でもやはりいちばん大きな収益源は、

▼こちらの起動直後の全画面広告…。

今回はこの『毎回絶対に表示される』冒頭の全画面広告を

そもそも表示させない方法

をご紹介致します!

違法アプリを使い続けることの危険度高すぎwwww

知恵袋などで『Music FMなどのアプリは違法ですか?危険ですか?』という質問をよく目にします。

その点、率直に書きますと、

  • 見つかれば逮捕。(通知が突如自宅に到着)
  • 2年以下の懲役・200万円以下の罰金。
  • 逮捕歴が就職など影響。
  • 家族も風評被害。

のリスクがありますので、こちらを危険ではないと思う人はいないですよね…?

当サイトとしては、

  • Music FMを使わずとも
  • 無料で際限なくフル尺で聞けて
  • 機能としてオフライン再生も実装する

アプリがありますので、

↓こちらのアプリをおすすめします↓

Spotify

現在、無料音楽アプリ界の中で最もスタンダードになりつつあるのが、こちらの「Spotify」。
  • YouTube・動画の再生はもちろんなし
  • 音楽レーベルがオフィシャルで楽曲提供しているので合法
という現状の要求をそのまま実現できているアプリです。
Spotify -音楽ストリーミングサービス
Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料

音声のみで通信を圧迫しない

まず、Youtube再生アプリと違い、Spotifyは楽曲を再生するのにいちいち動画ファイルを読み込むことがありません。 以前計測したSpotifyの通信量は、1時間聞いても70MB程度。 また、有料登録を行えば楽曲の音源ファイルをダウンロードして端末内に楽曲データを保存できるので

再生するのに通信がかからない

という現代のスマホの通信環境に最も適した状況に。

ダウンロード

Spotify -音楽ストリーミングサービス
Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料

いつもいつも表示される全画面広告

Music FMを起動すると、毎バージョンおなじみの、

▼「Meet Awesome Music」のスプラッシュ画面が表示された後、

▼この手の全画面広告が強制で表示されます。

ウザい…。

5秒間程度でやり過ごせる広告であれば、まだましな部類になると思いますが、

一番絶望的な気分になる全画面広告がこちら。

いちいち全く無関係な城壁手前に砲台などを設置しないと先に進めない、こいつです。

最初の全画面広告を出ないようにする方法

こんなストレスから開放されたい!というあなたにお送りする、この全画面広告を表示させないようにする方法ですが、

▼まず、MusicFMアプリ起動前、画面上からコントロールセンターを表示させます。

コントロールセンターの出し方について
コントロールセンターは実はiPhoneの機種によって出し方が違います。
大まかに言うと、

  • iPhoneX系→画面右上くらいから下に向かってスワイプ
  • iPhone6・7・8等(X系以外)→画面下から上に向かってスワイプ

となります。

▼この段階で一番左上にある飛行機のマークをタップし『機内モード』 にしましょう。

これで、一時的に通信を行わない状態になりました。

その上で、をタップし、

▼いつもどおり、こちらのスプラッシュ画面が立ち上がります。

通常であれば、この後にあの忌まわしき全画面広告が表示されますが、

▼『機内モード』で起動した場合は、このように広告が表示されずアプリ画面を開くことができました!

この後は状況に応じて、同じ手段でコントロールセンターの画面にて機内モードをオフにすると、通常の状態に戻すことができます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はアプリ起動時、長々と表示される全画面広告を出現しないようにするちょっとした裏技をご紹介致しました!

あの手の広告は基本的に5秒以上はXボタンが出ず消すことができないばかりか、ゲームの広告が表示された場合は、一定時間ゲームを進めなくちゃいけないというストレスマシーンと化します。

そう考えると、コントロールセンターを表示→機内モードオンは

明らかに5秒かからない

ので、時間を無駄にしないためにもオススメの方法かと思います!