【超入門ガイド】カラオケアプリ『Pokekara(ポケカラ)』の使い方-安全に利用できる?採点方法は?など検証!




今現在も様々なカラオケアプリがリリースされていますが、今回は他ユーザーからの評価機能が充実した「Pokekara(ポケカラ)」のアプリの使い方をご紹介していきたいと思います!

また、このアプリを使って、音声をアップロードせずに練習する方法、「精密!」と歌っている採点方法が利用できる楽曲などご紹介していきます!

【おすすめ音楽アプリ】

逮捕されるかもしれないのに
まだ違法音楽アプリを使います?

「合法」「聴き放題」「ダウンロード」
「オフライン再生」ができるアプリは

▼こちら▼

『嵐』が聴き放題で配信開始!

ダウンロード

Pokekara(ポケカラ)-カラオケ歌い放題
Pokekara(ポケカラ)-カラオケ歌い放題

他にもおすすめできる厳選カラオケアプリについて

昨今登場する超高機能、且つ無料のカラオケアプリは、以下のページでまとめております!

▼こちらからどうぞ!

【2019年】無料あり!採点ができるカラオケアプリのおすすめ【厳選5本】

2019.02.17

Pokekara(ポケカラ)は安全に利用できる?

「自分が歌ってそれをアップロードする」となる場合、歌が上手ければ問題ありませんが、「イマイチだなぁ」と思うものが勝手にアップロードされていたりするとかなり心配ですよね。

また、SNSと連携して利用するようなアプリの場合、自分の個人情報が安全な状態で利用できるかは気になるところです。

そこで、ダウンロード直後に行うアカウント作成作業に焦点を当ててアプリとして安全かをまずは確認してみました!

「マイページ」からSNSアカウント連携を行うことができる

まずアプリ画面下に「マイページ」というアイコンがあります。こちらをタップすると、

▼このようにアカウント作成のための連携画面が表示されます。

こちらの画面からどのSNSと連携させるかを選択できるわけですが、それぞれの連携に潜むリスクがあるかどうかの確認をしてみます。

Twitter連携

Twitterアカウントを使ってアカウント作成しようとすると、

▼こちらの画面に。

ここでアプリ側に引き渡される情報が「ツイート」「フォローユーザー」の他に、「ツイート」「アカウントのフォロー」「プロフィールの更新」ができます、とありますので、アプリ側がTwitterアカウントへの書き換えもできることを示唆しています。

「メールアドレス」「パスワードの表示」「DM」は利用不可との記載も。

以上から個人情報は受け取らないが、Twitterアカウントへの更新の許諾をすることになります。メールアドレス等の個人情報は問題ないようですが、ツイートやプロフィールなどを渡すことになりますので、個人情報に該当する内容を記入されている方は注意が必要です。

Facebook連携

▼こちらがFacebookアカウントを利用する際の確認画面。

Facebookの場合、氏名とプロフィール写真。Facebookは基本的に本名で利用するものですので、個人名を明かしたくない人はFacebookでの連携は避けておいた方がよいかもしれません。

LINE連携

▼こちらがLINE連携を行う画面。

プロフィール情報とユーザーIDの引き渡しを要求しています。名前は本名でなくても利用できますので、実名利用であったり、プロフィール画像が実写の自分でない限りは、危険度は低いと感じます。

電話番号でのアカウント作成

▼最後に、電話番号登録→SMSでのアカウント作成になります。

電話番号はそれ自体で超重要な個人情報になりうる(電話をかけれたり、SMSを直接送信できたりする)、また捨て垢的な番号の取得が難しいため、あまり運営元が聞き慣れない企業の場合、利用を控えたほうが良いかもしれません。

捨て垢Twitterアカウントが一番安全か

以上の通り、各種アカウント作成に必要な連携項目を挙げてみましたが、いずれもそれぞれに登録してある重要な情報を必要としますので、最も安全なのは、Twitterで本アプリ用のアカウントを即席で作成し、そのアカウントとこのアプリを連携するパターンかと思います。

ただし、いずれの場合もある程度の情報共有はされる形になりますので、最終的な利用は自己責任で行いましょう!

他のユーザーの歌を聴く方法

まずは、いきなりイキって自分で歌ってみるよりも、他のユーザーがどんな曲をどんな感じで歌っているのか見てみましょう!

▼まずアプリを起動するとこちらのポータル的表示がされます。

こちらはそれぞれ企画もの的なページに移動したり、アーティストやジャンル別で楽曲を閲覧することができるようになっています。

自分が聴きたい曲を歌っている歌唱を聴く

先程の画面の上部、

▼こちらにてアーティスト名や楽曲名を検索し、目当ての曲ページに行き、

▼こちらの楽曲個別ページにて既にアップロード済みの歌唱を聴くことができます。

こちらの画面を見ていただいて分かる通り「人気」と「チャレンジ」という分け方のランキングが存在しており、それぞれ、

  • 人気:アプリ内でのコメント、シェア、再生回数などの合計で算出された人気度のランキング
  • チャレンジ:採点機能付き楽曲のみ表示され、高得点の場合ランキング上位に表示される。

とされています。

採点機能について

楽曲によって採点機能があるものとないものがあります。

▼採点機能が存在する楽曲はこのようにアーティスト名左側に「採点」のバッジが付けられています。

この「人気」、「チャレンジ」で高順位になっているユーザーの楽曲を聴いてみると、

「人気」での高順位ユーザーは再生中の画面に表示される画像の変更を行ったりして、票を稼ぎつつ歌唱自体も危なげないものが多い印象。

「チャレンジ」ではとにかく音程(ピッチ)が安定している歌い方のユーザーが上位に位置している印象です。

この流れでお気に入りの楽曲を探し、高順位の歌唱を聴きながら、自分が怖気づくのか勇んでカラオケ合戦に参加するのか検討してみましょう!

ただし、いろいろ聞いていると、「あ、やっぱりプロではない歌ですね」って人も多くお見かけしますので、「ここで歌録るぞ!」っていうハードルはそれほど高く無いと思います。カラオケ同様、上手い人ばかりだと緊張しちゃいますからねw

タイムラインになっている「モーメンツ」から話題・人気の歌唱を聴く

このアプリでは「モーメンツ」というTwitterのタイムラインのような機能が搭載されており、そこで人気のシンガー・楽曲・反応などを確認することができます。

▼アプリ画面下部のこちらのアイコンをタップすると、

▼このように歌ってみたとされる他ユーザーの歌唱を聴くことができます。

▼また、このアプリ内で友達同士(フォロー)の関係になれば、こちらの「フォロー」タブから中の良いユーザーのみを表示させることができます。

このページの「おすすめ」タブ内に表示されるユーザーは他ユーザーの再生数・評価・コメントなどが多いことを指しますので、このアプリ上でのし上がっていきたい方はどのようにしたらこのアプリの他ユーザーを引きつけることができるかを研究していかれると良いかと思います!

自分でカラオケを歌ってみる

さて、ここまでは、他ユーザーの音楽を聴くことをご紹介してまいりましたが、カラオケボックスで言えば、ようやくマイクが回ってきた状態となります。

このアプリのメインの機能である

  1. 歌って
  2. 評価されて
  3. アップロードする

について、ご紹介していきたいと思います!

また、あまり歌に自信のない方に朗報ですが、歌った後、その音源は自分で「アップロード」ボタンを押さない限り公開されることはありませんのでご安心ください!

まずは、楽曲を探す・選ぶ

▼アプリの「歌う」タブを開き、

▼ヒット・新着・チャレンジなどから既に話題になっている楽曲から選ぶことも可能ですし、

▼こちらから楽曲名やアーティスト名を入力して直接探すことも可能です。

▼目当ての楽曲が見つかったら、こちらの「歌う」ボタンを押すことで心の準備を行う暇なく、

楽曲の前奏がスタートします!

採点モードがある曲を歌ってみる!

採点モードが付いている楽曲の場合、

▼このように歌う箇所に音程を示すバーが表示され、

実際にマイクをオンにして歌ってみると、自分の歌声の音程が画面上の音程と同期していることがわかります。

実際に画面を見ながら歌ってみると…

▼このように音程が合っているところは「Cool!」「Great!」「Perfect!」などの評価が表示され、

▼また、この部分に現在までの歌唱での得点が100点満点で表示されており、

▼得点が上がっていくと、このようにその得点が全国ランキングで何位なのかを逐次お知らせしてくれる機能もあります。

採点モードがない楽曲の場合

採点モードがない楽曲の場合、音程を示す画面は表示されず流れていく歌詞を追いながら歌い進めていく形になります。

その場合当然ですが、点数は表示されませんが、保存等は行うことが可能です。

歌う環境を調整してみる

歌っている画面の中で画面下部のアイコンは以下のような機能になっています。

  1. 調整機能:主旋律のガイド有無・声/伴奏の調整・キーの変更などが可能になっています。まさにカラオケですね。
  2. やり直し:採点・歌唱をやめて最初に戻ります。
  3. 音響:自分の好みのジャンルに調整できます。
  4. カット:自分が歌う部分を予め指定する(他部分をカット)

▼④は歌詞を見ながら調整することができます。

レコーディング後、保存かアップロード

歌っている最中で、

▼こちらの「完了」をタップするか、

楽曲が最後まで再生しおわるかどちらかでカラオケタイム終了となります。

その後、

▼こちらの画面が表示され、

「調整」にて歌がリズムとずれている部分の修正ができたり、声と伴奏の音量の調整を行うことができます。

▼また、こちらの「編集」を押して、画像をアップロードすることで、

「モーメント」上でのサムネイルとして登録することができたり、他ユーザーが再生している時に表示させる画像(MV)として登録することができます。

また、

▼保存を押すと、マイページへの保存、アップロードを押すと、モーメントへの投稿ができるようになっています。

マイページで自分の歌を聴いてみる

何曲か歌ってみて、聴き返す時は、

▼こちらの「マイページ」にアクセスし、

アップロード済み楽曲、未発表曲など自分のライブラリとしていつでも確認することができます。

Pokekaraでレコーディングしたいけどマイクが不調!?の時の対処法

アプリでいざ歌う・歌いきった時に後から聴き返すと「あれ?何も録音されていない…。」ということも設定次第でしばしばあります。

そんな時の対処法は、

▼こちらの記事でまとめておりますので、ご確認くださいませ!

カラオケアプリ『Pokekara(ポケカラ)』でマイクが不調・声が入らない・伴奏とズレる問題とそれらの対処法をご紹介!

2019.10.02

Pokekaraって「nana」でやっているようなコラボってできる?

「歌ってみた系SNS」で有名な「nana」や海外発のカラオケアプリ「Smule」などでは、オンライン上で音声・動画を重ねるかたちで「コラボ(デュエット)」を行うことができますが、「Pokekaraでもそれはできるの?」という質問が多々あります。

「Pokekaraでのコラボ」について詳しく解説したこちらの記事もご覧くださいませ!

カラオケアプリ『Pokekara(ポケカラ)』でコラボを行うことは可能?コラボをしているユーザーやその方法を徹底検証!

2019.10.03

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はカラオケアプリ「Pokekara(ポケカラ)」の使い方についてご紹介してまいりました。

自宅で歌を大声で練習できるところは限られていますので、なかなか大きな発声はできないかもしませんが、このアプリを使って音程をきっちり歌い切る、ということは歌唱中の画面を使って十分に練習できそうですね!

なりきって歌うことでストレス発散にもなりますので、活用してみては!