無料音楽アプリ『音楽プレイヤー Music List Z』とは?その使い方や内容・利用は危険?違法?など徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




また新しい音楽アプリを登場しミュージックカテゴリーの上位に位置しています。

そのアプリの名前は「音楽プレイヤー Music LIST Z」というアプリで、いつもアイコン音符のデザインが付された音楽アプリになっています。

どうやら無料音楽アプリのようですがこのアプリがどのようにした音楽再生を実現するのか、法律的に問題があるのか、利用するユーザー側に危険・リスクは有るのか、徹底解説いたします!

Music List Zはどのような音楽アプリ?

▼App Store では以下のように表示されています。

正式なアプリ名称としては「音楽プレイヤー Music LIST Z」というアプリ名で配信されており、「最新の音楽が聴き放題」とスクリーンショットに記載されています。

ただしこの記事の後半にも詳しくご説明をいたしますが、このアプリは基本的な YouTube アプリとなっており、各種画面上に表示される音源は YouTube から取得されたものとなっています。

▼ こちらで App Store に記載されてるアプリの詳細文章ですが、

今までの YouTube系音楽アプリの場合、アプリの詳細説明とのところに YouTube からの音源という明記がされていましたが、今回確認しうる限りではそのような記載が見当たりませんでした。

▼また App Store のミュージックカテゴリーの中でも5位という高順位に位置しており、

 YouTubeアプリにも関わらずストアの中でも音楽アプリとしては人気を博していることが伺えます。

ではこの Music リスト Zがアプリとしてどのような中身になっているのかを確認検証してご紹介して参りたいと思います。

Music List Zの使い方検証

「ランキング」画面

▼アプリを起動してまず最初に表示されるのがこちらの「ランキング」画面です。

ランキングと記載されてはいますがどのようなランキングに基づいて表示されているかは不明です。

King Gnuとともに山下達郎の楽曲なども表示されていることから ただ単純に最新のランキングではないことが伺えます。

▼サムネイルで表示されている楽曲のタイトル部分をタップすると、このように再生確認画面が表示されます。

▼その後はこのように楽曲のミュージックビデオ付きで楽曲が再生されます。

そしてその再生されているミュージックビデオの下には関連楽曲となるようなリストが表示されていますがどこかアプリトップで表示されているランキング画面と酷似しています。

▼画面右上に位置するこちらのアイコンをタップすると

▼この楽曲に対する選択肢が表示されます。

こちらの画面ではその曲に対する音質や再生速度など調整ができるほか、「Safari で開く」というメニューを表示されており、こちらをタップすると Safari 経由でYouTube アプリが表示されます。

「アーティスト」画面

▼「アーティスト」と記載されているタブをタップするとこのようにアーティスト名の一覧が表示されます。

こちらもどのような意図で選出されたのかは不明ですが、ラインナップされているアーティスト名を見る限りメジャーで活躍されているアーティストが並んでいます。

▼ただしいずれかのアーティスト名をタップすると

このようにデータがありませんと表示され、なんら情報を確認することはできません。

俺のすべてのアーティスト名に共通することでこの画面に関してはどのような目的で開発されたのかは不明です。

「プレイリスト」画面

▼画面下の「プレイリスト」タブをタップすると

このように自らが作成したプレイリストの一覧を確認することができます。

▼プレイリストの内容もこのように一覧で表示されます。

「検索」画面

▼検索のタブから検索の画面を見てみるとこのようになっています。

画面上部には検索ボックスが用意されていますが、「人気ワード」として既に有名なアーティスト名が羅列されている他に、一部ユーチューバーの名前も表示されています。

▼最初から表示されているアーティスト名をタップすると、このようにそのアーティストに該当する楽曲の一覧リストが表示されます。

「その他」画面

▼画面下部のタブの中で最も右側に位置している「その他」 の画面がこちらになって。

いわゆる設定画面となっており、このアプリに対する様々なコントロールがこちらで可能になっています。

履歴は今まで再生した楽曲が一覧で表示され、

設定をタップすると、このようにバックグラウンド再生のオン・オフを切り替えるスイッチが表示されます。

また併せて、モバイルデータ通信時・WiFi時のデータ通信に関する設定の変更を行うことができます。

メニュー画面

▼最後に画面左上に表示されているこちらのアイコンをタップすると、

▼こちらのリストメニューを表示させることができます。

それぞれの項目がランキングなどが表示されていますが、何のランキングもどのデータに基づいて表示されているかは不明です。

▼またなぜか特定のアーティスト名や YouTuber の名前も表示されておりリスト表示の中身としてはごちゃまぜの状態となっていると思います。

バックグラウンド再生の検証

音楽アプリを使っていてやはり気になる機能の点としては「バックグラウンド再生ができるかどうか」です。

今まで当サイトでご紹介した各 YouTube系音楽アプリに関してはどのアプリのバックグラウンド再生はできませんでした。

このアプリはと言うと設定画面にもあったようになぜか、バックグラウンド再生が可能となっています。

▼ただし、コントロールセンターを開くと、このように別の音楽アプリが使用している状態となっており

コントロールセンターでこのアプリを操作する事できませんでした。

オフライン再生の検証

また通信量の問題と関連して気になる点としては、オフライン再生ができるかどうかです。

オフライン再生ができるかどうかは基本的にはいつも楽曲が端末にダウンロードされているかどうかに関わってきますが、このアプリでオフライン再生の可否を確認してみたところ、不可、という結果でした。

YouTube 音源のダウンロード保存に関しては唯一YouTube Musicのみ可能となっており、やはりこのアプリでのオフライン再生(ダウンロード保存)はできないようです。

またオフライン再生ができない YouTube系音楽アプリに共通して言えることは、短時間の音楽聴取でも通信量が過大になる点に注意が必要です。

Music List Zの「通信量」を計測

上記でもご紹介いたしましたがその後にはオフライン再生ができない=ダウンロード保存ができないアプリという検証の結果があります。

ではこのアプリがどのくらいの時間でどのくらいの通信が発生するのかをチェック・検証してみました。

▼10分間の再生を行ったところ設定アプリの統計情報で表示される通信量は以下の通りでした。

なんと60MBにも及びます。

これを1時間聴いたとなると、360MB。

3時間の1GBを越えてしまいます。

これほど通信量が多くなる理由としては、上記でご紹介したとおり YouTube の映像をそのまま音源として利用しているためで、一曲を再生するだけでも一本分の動画を通信するためと思います。

一か月間の通信制限として7GBの設定をされている方も多いかと思いますが、この手のアプリを wi-fi 環境下以外のところで使用するとなるとあっという間に制限へ到達てしまいますので、かなりの注意が必要です。

YouTubeの音楽を聴くアプリは違法?

YouTubeの音源や動画をYouTube以外のアプリで見る・聴くことについて、ユーザーには違法性は有りません。

この場合、アプリ、及びその開発者がYouTubeの規約に反している可能性が高いです。

また、今回のアプリはダウンロードを行っていない仕様になっていると推測されますので、現状の法律ではユーザーが罰せられる可能性が低いと考えています。

ただし音楽を再生するのにYouTube側の一切の広告が表示されていませんので、音楽主張に対してのアーティストへの還元は一切ないものとなることを理解しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は音楽アプリカテゴリーで上位に位置している「音楽プレイヤー Music リスト Z」 の内容の検証をお送りしました。

昨今では珍しい YouTube の音源を使った無料の音楽アプリですが現在の法律に照らして考えるとグレーの領域が多く楽曲を制作したアーティストにも還元されない構造であることからあまりお勧めはできないアプリとなっています。

もし今音楽アプリおすすめさせていただくとすると

▼こちらのアプリ・サービスが最もコスパに優れ、ユーザーの要望に合っているものと考えています!

【3ヶ月間無料!】Apple Music

後ろめたい気持ちで違法音楽アプリ使い続ける方に【朗報!】

  • 『米津玄師』聴き放題配信中!
  • オフライン再生&歌詞表示可!
  • 長期3ヶ月間の無料聴き放題!
  • その間の退会は使用料ゼロ円!
  • 国内最大級6000万曲が聴き放題!
となっています!

▼こちらから!▼

▼Androidユーザーはこちらをオススメ▼