【2022年版】LINEの公式アカウントを完全に削除する方法-できない場合の対処法も徹底解説




本記事は、LINEの公式アカウントを削除する方法を解説します。

企業への問い合わせや、無料スタンプの獲得、クーポンを獲得する目的なので自然と増えていく企業が運営する「LINE公式アカウント」

今回は、LINEの公式アカウントを完全に削除する方法・できない場合の対処法・トーク削除やブロックとの違い・削除したアカウントを復活させる方法をご紹介します。

LINEの公式アカウントを完全に削除する方法

公式アカウントの完全削除の手順は、

  1. 公式アカウントを「ブロックする」
  2. ブロックリストから削除する

という2つの手順が必要です。

iPhone・iOS端末でLINEの公式アカウントを削除

iPhone 版の LINE で公式アカウントを削除するにはまずそのアカウントを「ブロック」する必要があり、そこから削除ができます。

▼まず、トーク画面を開きます。その中に削除しようと思っている公式アカウントをタップし、

▼そのアカウントのトーク画面が開けたら画面右上にあるをタップします。

▼そうするとそのアカウントに対する様々な設定項目が表示されますので画面下に表示されているブロックをタップします。

ひとまずこれで削除したいアカウントのブロックが完了しました。

ただしこれだけでは公式アカウントの完全削除ができていませんので、この状態にて LINE の設定画面を開きます。

▼ LINE の設定画面開くにはホームの画面右上に表示されているのアイコンをタップします。

▼そうすると設定項目が表示されますので友だちを選択します。

▼次にブロックリストがありますのでこちらをタップ。

▼表示されるブロックリストの一覧の中から先ほどブロック作業を行った公式アカウントを見つけ出しチェックを付け、削除

こうしてiPhoneの LINE にて任意の公式アカウントの削除を完了することができました。

これ以後、このアカウントが更新を行ったとしても通知が届いたりトーク画面に表示されたりすることはありません。

AndroidでのLINE公式アカウントの削除

Androidで LINE の公式アカウントを削除する方法は、

▼ iPhone と同様にトーク画面から削除を行いたい公式アカウントのアイコンをタップし、

▼画面右上に表示されているのボタンをタップします。

▼次に各種設定項目のアイコンが表示されますのでブロックのアイコンをタップします。

▼そうするとこのように画面下にブロック中と表示させることができました。

Android 版においてもここからさらに設定画面に移動しLINE公式アカウントの完全なる削除を行う必要があります。

▼ Android 版のLINEではホーム画面の右上にネジの形のアイコンがありますのでこちらをタップします。

▼設定項目の一覧が表示されますので友だちを選択。

▼次にブロックリストを選択。

▼削除を行いたい公式アカウントのアイコンをタップします。

▼ポップアップ上で削除のリンクがありますので、こちらをタップしてみると、

▼このようにブロックリスト上で削除を行った公式アカウントが消えてなくなっていることが確認できます。

これにてAndroidのLINEでも公式アカウントを完全に削除する事が完了しました。

LINE公式アカウントを削除できない原因と対処法

トークの削除やブロックだけでは削除出来ていない

メッセージアプリ「LINE」の現在のビジネスモデルとして「広告モデル」で成り立っている側面がありますので、アプリのデザイン・画面遷移的にも「できるだけ公式アカウントが削除されない」ように作られています。

特にトーク画面上で

▼このように非表示削除がすぐさま表示されますが、この非表示を選択した場合、公式アカウントからの通知を止めることはできません。

一見トーク 画面上からは見えなくなりますので削除されたのかと錯覚してしまいますが、公式アカウントの運営側が新しい情報をアップデートするごとに通知が表示されます。

ブロックを選択するることによっても通知をオフにすることができますが、トーク一覧には残るため、やはり一旦「完璧」に削除したい時は、設定画面に移動し、ブロックリストから削除をすることが必要になります。

削除できない公式アカウントである

LINEの公式アカウントの中には、ユーザーに対して重要な情報提供を行うためのアカウントがあり、それらアカウントについては、ブロック、及び削除することはできません。

一例としては「LINE」「LINE Store Info」「LINEウォレット」など、重要な情報・お金に関わる情報についてはブロック・削除できない仕様になっています。

▼削除できない公式アカウントをブロックしようとすると、このように「ブロックできませんでした」と表示され、削除はどころかブロックもできない仕組みとなっています。

公式アカウントの「通知だけを消したい」場合の対処法

LINE の公式アカウントは関係ない情報が連続で流れてくると鬱陶しく感じる時もありますが、常日頃使う店舗などからクーポンを定期的に配信されるなど通知がならないようにしておきたいけど公式アカウントだけを取っておきたいという方法もあるかと思います。

そういった時におすすめの設定方法をご紹介します。

LINE公式アカウントの通知だけオフにする

公式アカウントの通知だけオフにする方法があります。

▼公式アカウントのトーク画面内にあるのアイコンをタップし、

▼次の画面で表示される「通知」をオフにすることによってこの公式アカウントからの通知を鳴らさないようにすることができます。

ただし、実際的には通知が鳴らないことは実現できるのですが、

▼アプリアイコン右上に表示される数字のバッジや

▼それと連動しているトークリスト上の未読表示などで数字の表記が行われますので

この辺りの数字表記の気になる方は、次の項でご説明する「ブロック」の対処をおすすめします。

LINE公式アカウントを「ブロック」する

LINE 公式アカウントをブロックするには、

▼トーク画面上の右上に表示されているをタップし、

▼公式アカウントに対する設定項目のブロックをすることによってブロックを行うことができます。

このブロックを行うことに入って、以後、通知を受け取ることもなくなります。

ただし、トークリスト上にブロックしたアカウントが残り続ける形になりますので、そちらが気になる方は、

▼トークリストで右から左方向にスワイプし表示される削除をタップし、トークリストからも削除することをお勧めします。

削除した公式アカウントを復活させる方法とは?

一度、完全な削除を行ったLINEの公式アカウントは簡単に復活させることができます。

公式アカウントを復活させる方法は、基本的には一から再登録する方法が該当します。

▼ LINE のホームに設置されてある検索画面から再登録を行いたい公式アカウント名を検索すると、

▼公式アカウントは運営されている状態であれば、そのアカウントが追加+と表示されていますので

追加の部分をタップすると、サイド公式アカウントを登録することができます。

「削除済み一覧」的なリストはない

もし過去に登録していた LINE の公式アカウントの名前を失念してしまったけれども再度登録を行いたい場合は、その忘れてしまった名前を思い出すとか、再登録する手段はありません。

この時に削除した公式アカウント一覧が表示される機能などがあれば、そこからたどることができますが、今現在はそのような機能が存在しないため、過去の記憶を頼りに検索を行ってみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

引き続き LINE 公式アカウントの完全な削除は設定画面にたどり着いてようやくできる少し面倒くさいものですが、やり方を覚えてしまえば非常に簡単ですね。

一度削除したとしても簡単に再登録ができますので、一度トーク画面を整理してすっきりしたい方は、今回の方法をご参照いただき整頓されることをお勧めします。