LINEの友だちを「削除」する方法-されたらどう見える?復元・復縁は可能?バレない?など徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




今回ご紹介するのはLINEの「友だち削除」のやり方・機能についてご紹介します。

LINEの醍醐味といえば友だちとの無料通話・メッセージングですが、時と場合・関係性によっては、特定の友だちを「削除」する必要性が出てくることもあります。

本記事では削除の方法に加え、リストから一旦消してしまった友だちを復活できるか、また「非表示」や「ブロック」を行ってからの「削除」をした場合に、どのような「見え方の違い」が発生するかを詳しくご紹介いたします。

LINE上で友だちを削除する方法

LINE上で友だち削除を行うには、初めに対象ユーザーを下記リストに送る必要があります。

ブロックリスト経由で削除する

まずは、

  1. 削除したい友だちをブロックリストに入れる
  2. ブロックリストから削除を行う

という2段階の方法です。

▼はじめに、友だちの一覧画面を開いたら、対象となるユーザーを左にスワイプしてください

▼すると非表示およびブロックが表示されるので、後者をタップしてください

▼確認画面が表示されるので、問題なければブロックをタップ

▼友だちがリストから消えたのを確認後、同画面の左上にあるアイコンをタップしてください

▼設定画面が開くので、スクロールダウンして友だちをタップしてください

▼ページ下のブロックリストをタップしてください

先ほどブロックした友だちを選んで、

▼左側に✔マークが付いたのを確認したら、下の削除をタップしてください

▼「選択したアカウントを削除しますか?」と表示されたのち、削除をタップすればOKです

非表示リスト経由で削除する

こちらも同じように2段階の作業を経て、削除する、という方法です。

▼友だちの一覧画面を開いたら、対象となるユーザーを左にスワイプしてください

▼すると非表示およびブロックが表示されるので、今回は前者をタップしてください

▼確認画面が表示されたら、非表示をタップしてください

▼友だちがリストから消えたのを確認後、同画面の左上にあるアイコンをタップしてください

▼設定画面が開くので、スクロールダウンして友だちをタップ

▼ページ下の非表示リストをタップしてください

▼次に先ほど非表示にした友だちの右側にある編集をタップしてください

▼すると削除または再表示が出てくるので、1番目の削除をタップすれば完了です

ブロック状態で削除した場合、どうなる?

ブロックした側の画面表示・現象

削除した対象ユーザーが友だち画面から消えます。

消した友だちとのトークルームは残りますが、相手はブロックされた状態なので、メッセージ等を送ることも、相手から受信することもできません。

トークルームの下に「ブロック中」と表示されている

さらにブロックを解除しない限りは、相手に無料通話やビデオ通話を行うこともできません。

また、削除した友だちの投稿が自身のタイムラインから消えて、それ以降の投稿も受信しなくなります。

ブロックされた側の画面表示・現象

▼友だち画面では引き続き相手の名前が表示されており、消えたりすることもありません。

トークルームでは相手にメッセージを送ることはできますが、相手側ではそれ自体が表示されないため、既読になることはありません。

さらに相手に無料通話やビデオ通話をかけることも可能ですが、

ブロック側には届かず、延々と呼び出し中のままになります。

非表示状態で削除した場合、どうなる?

非表示状態で削除した側の画面表示・現象

非表示のまま相手を消した場合、それ以降もトーク上でやり取りをすることは可能です。

メッセージの送受信を止めたくなったら、相手をブロックすればOK

さらに非表示状態だと、相手から電話があった場合にトーク上でその通知が表示されます。

電話は相手を友だち追加すれば着信が可能

タイムラインに関しては、ブロック状態同様に相手の投稿が消えて、自身やその他友だちのものだけ表示されます。

非表示状態で削除された側の画面表示・現象

▼非表示の状態でも本人はトーク上で普通にやり取りができます。

▼無料通話やビデオ通話もかけたりできますが、

▼相手がこちらを友だち追加しない限り、相手側が電話に応答することはできません。

ブロック、非表示後の削除は具体的にどう違う?

ブロック状態で消すとトークや通話のやり取りが不可能になる

ブロックした状態で削除すると、トーク上でやり取りすることはもちろん、相手に電話などをかけることもできなくなります。

逆にブロックされた側の場合、相手に対して引き続きトーク上でメッセージを送ったり、電話をかけることができますが、相手が着信することはありません。

非表示ではタイムラインが見れなくなるが、トークのやり取りは可能

一方の非表示では、お互いにトーク上でやり取りを続けることは可能です。ただし、削除した相手から通話がかかってきても、友だちとして追加しない限り応答することができませんし、相手に電話をかけることもできません。

また、非表示で削除した場合、それぞれのタイムラインからお互いの投稿が消えて見れなくなり、以降の新規投稿も受信されなくなります。

トーク上でのやり取りのみ残したいなら「非表示+削除」

もし今後もトーク上でやり取りを続けたい、でもタイムラインを見られたり、通話をかけられたりしたくないな、とお考えの方はこちらをお勧めいたします。

相手とのやり取りを完全に断ちたいなら「ブロック+削除」

メッセージ・音声、タイムラインを含め、相手とのやり取りを完全に断って開放されたい方であれば、ブロックしつつ削除されることをお勧めします。

LINEで友だち削除をバレずにする裏ワザは?

まず初めに、皆さんは友だちを削除したいと考えたとき、そのことが相手にバレないだろうか、どうすればバレずに消せるのか、と思われていませんか?

そして勇気を出して削除しても、本人を目の前にしたとき、上記が脳裏を横切ってしまい、結果としてギクシャクした対応を取ってしまう方もいるはず。

LINEでは友だちを削除してもバレることはない!

結論を言わせていただきますと、LINEではたとえ友だちを削除してしまっても、相手の友だちリストから自分の名前が消えるようなことはありません。

特に非表示状態で削除した場合、タイムライン公開と通話以外はトーク上で普段通りにやり取りができるので、相手に削除したことがバレる心配もないのでご安心ください。

ただ、何らかの理由で相手に自分のLINEを覗かれてしまった場合は、友だちリスト上に本人の名前がないことがバレて、それについて問われる可能性が高いので、その点は自己責任で気を付けましょう。

削除した友だちを復活させることは可能?

LINE上で削除した友だちは、主に以下3点の方法で復活(追加)することが可能となっています:

既存のトークルームより追加

もし対象ユーザーとのトークルームがまだ残っていた場合、そちらで友だちとして追加することができます。

▼LINEを起動して、「トーク」画面にて対象の友だちとのトークを選んでください

▼画面が切り替わったのち、左上の追加ボタンをタップすればOKです

一緒に入っているグループトークより追加

もし複数のユーザーで構成されたグループトークに含まれていて、削除した友だちもその一人であった場合は、対象ルーム経由で友だちに追加することも可能です。

▼LINEを起動して、「トーク」画面にて対象のグループトークをタップ

▼削除した友だちのアイコンをタップしてください

▼すると相手のプロフィールが開くので、右下の追加ボタンをタップすればOKです

削除した友だちの友だちから招待してもらう

もし対象の友だちのトークがプライベート・グループともに無く、相手を友だちに追加することができない時には、彼を友だちとして登録している「本人の友だち」に、その友だちを招待してもらうなどの方法もあります。

削除した友だちを「バレずに」復活させることは可能?

さて、上記では削除した友だちを復活、つまり再追加する方法をご紹介しましたが、人によっては相手にバレずに戻したいですよね?

一度削除した友だちを再追加しても相手に通知が届くことはない

幸いにもLINEでは、上記方法などを用いて友だちに再追加しても、その旨が相手側に届くことはありません。

追加後は何事もなかったかのように友だちリストにまた表示されるので、承認なども不要となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は人気アプリ「LINE」にて友だちを削除する方法をご説明させていただきました。

一時は楽しくやり取りしていたものの、LINEの利用を止めて去ってしまった友だち、ビジネス面での関わりが無くなり不要となった相手など、いつかは友だちリストから消す日がやってきます。

彼らがリストに残っていても仕方が無いので、ここは心を鬼にして友だち一覧から解放してあげようではありませんか?