LINEアプリの『アップデート』方法-iPhone/Android/PCでのやり方・自動構成の設定やできない場合も解説

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事ではメッセージアプリ「LINE」の「アップデート」について解説します。

日々新しい機能が実装されていくメッセージアプリの「LINE」。それは新機能だけでなくセキュリティの面でも様々な仕組みが実装され安全に利用する上でも不可欠です。

今回は、LINEのアップデート方法についてiPhone/Android/PCそれぞれでのやり方自動更新の設定方法・アップデートできない場合の対処法を詳しく解説します。

LINEアプリをiPhone・Android・PC版でアップデートする方法

ここからはデバイス別にLINEアプリをアップデートする手順をご紹介していきます。

デバイスでアップデートする場所が違うので、お使いの端末を確認してから行ってください。なお、LINEアプリ内からアップデートすることはできませんのでご注意を。

iPhoneでLINEアプリをアップデートする方法

使用する端末がiPhoneの場合「App Store」を使用します。

▼「App Store」を開き、右上の👤をタップします。

▼少し下に行くと、アップデートできるアプリの一覧が表示されます。LINEが表示されていたら、横にあるアップデートをタップします。複数のアプリを一括で更新したい場合はすべてをアップデートをタップしてください。

▼アップデートが完了したら開くに変わりますので、これで完了です。そのままアプリを使用する場合は開くをタップするとアプリが起動します。

AndroidでLINEアプリをアップデートする方法

使用する端末がAndroidの場合「Google Prayストア」を使用します。

▼「Google Prayストア」を開き、左上のメニューをタップします。

▼一番上のマイアプリ&ゲームをタップします。

▼アップデートが可能なアプリの一覧が表示されます。そこでLINEアプリが表示されていたら、横にある更新をタップしてください。

▼複数のアプリを一括してアップデートしたい場合はすべてを更新をタップしてください。アップデートが完了したら、アプリ名の横のボタンが開くに変わります。

そのままアプリを使用する場合は開くをタップすると、アプリを起動することができます。

この画面を確認しておくと、いつどのアプリがアップデートされたのか一目でわかります。

また、アップデートしたアプリの一覧で対象のアプリをタップすると、更新した情報や改善点などが確認できます。

PC版LINEアプリをアップデートする方法

▼まずPC版LINEアプリを開き、左下にあるをクリックします。

LINE情報をクリック。

▼アップデートが可能なら今すぐアップデートが表示されますのでそれをクリックします。「最新バージョンです」と表示がある場合は、更新済なのでアップデートする必要はありません。

ダウンロードが完了すると「いますぐインストールしますか?」とメッセージが出ますので、確認をクリックし、その後インストールされます。

アップデートが終わったらPC版LINEアプリは自動的に再起動されます。

LINEアプリをアップデートしないとどうなるのか?

もし、LINEアプリをアップデートをしないまま使用していたらどうなるのでしょうか。

新機能が利用できない

上記でもご説明した通り、開発元が常に良質なアプリを私たちに提供するため、新機能やデザイン、仕様などを更新しています。

せっかくの便利な機能を知らないまま利用していたり、動作が正常に行われなかったりして、あまりメリットがありません。

セキュリティが非常に脆くなる

バグや不具合の修正以外に、セキュリティ保護もアップデートで同時に強化されます。アップデートしないままだと、安全性が保たれなくなり非常に危険です

新機種へデータの引継ぎができなくなる

端末によっては、アプリが最新の状態でないと新機種へのアカウントの引継ぎができないということが起こります。そうなると、LINEの場合はアプリ内のトークや友達の情報などが消えてしまうという事態になりかねません。

いざという時に慌てないように、こまめにアップデートを確認した方が良いでしょう。

LINEアプリのアップデートを「自動更新」設定にする方法

上記でアップデートする方法を紹介いたしましたが、これらはすべて手動で行います。

ここでは「いちいち手動でするのが面倒」という方向けに、便利な「自動更新」に設定する方法を紹介してきます。

iPhoneでLINEアプリを自動更新に設定する

▼iPhoneのホーム画面から設定を開きます。開いたらiTunes StoreとApp Storeをタップします。

Appのアップデートをオンにします。これで完了です。

▼ちなみに、その下の自動ダウンロードはオフの状態にするのがおすすめです。

オフの状態だと端末がWi-Fiに繋がっているときのみアップデートされますので、モバイルデータ通信量を消費せずにすみます。

逆にこちらがオンの状態になっていると、Wi-Fi通信以外(4G等)のときにもアプリのアップデートが行われ、通信量(ギガ)を大量に消費する形となるため、注意が必要です。

AndroidでLINEアプリを自動更新に設定する

▼「Google Prayストア」を開き、左上のメニューをタップします。

設定をタップします。

アプリの自動更新をタップします。

Wi-Fi経由のみをタップします。これで完了です。

「Wi-Fi経由のみ」を設定すると、Wi-Fiに繋がっているときのみアップデートされますので、モバイルデータ通信量が消費されずにすみます。

ただし「ネットワークの指定なし」を設定してしまうと、Wi-Fiに接続されていないときでもアプリがアップデートされ、知らない間にモバイルデータ通信量を消費してしまいますので、注意しましょう。

PC版LINEアプリを自動更新に設定する

Windows版のLINEアプリでWindows Storeからダウンロード/インストールされた方は、ダウンロードもとであるMicrosoft Storeから自動アップデートの設定を行うことができます。

▼スタート画面から「Microsoft Store」を開きます。

▼右上のから設定をクリックします。

▼アプリ更新の項目でアプリを自動的に更新をオンにすれば完了です。

LINEアプリのアップデートができなかった場合の対処法

アップデートをしようとしても、エラーになり正常に動作しない場合があります。様々な要因がありますが、例えば以下のような事例の可能性も。

インターネットの接続が悪い・通信状態が不安定

電波が弱かったりして通信の状態が悪いと、動作が途中で停止したりして上手くできないことがあります。上記でも説明しましたが、アップデートはWi-Fiに繋がっている状態で行った方がスムーズにいきます。

ただし、Wi-Fiも職場や自宅など速度が安定的に出ている場所での通信がおすすめです。コンビニエンスストアやレストランなどでのWi-Fiは「インターネットにギリギリ接続できる」というレベルの速度でかなり遅い場合があります。その時は上手くアップデートを行えない可能性があります。

アプリを複数立ち上げている

アプリをたくさん開いていると、メモリが不足してアップデートが正常に行えない場合があります。その時は、一度ほかのアプリを閉じてから試してみてください。

端末自体に問題がある

端末の不具合の可能性もありますので、そのときは端末を再起動してから再度アップデートしてみてください。

※どうしてもアップデートできない場合は、LINEの問題報告フォームへ問い合わせしてみましょう。

OSのバージョンが古い

可能性として捨てきれないのが端末のOS側のバージョンが低いことによってアップデートが行えない、という可能性もあります。

アップデートができない場合、iPhoneの場合、iOS・Androidの場合、Android OSのバージョンがそれぞれ最新になっているかどうかも、確認しておきましょう。

まとめ

人によってはアップデートすることで、今まで使い慣れていたデザインや仕様が変わってしまうのを嫌って行わない人もいるかと思います。しかし、アップデートをしないままだとデメリットが増えていく一方に。

アプリを最新の状態にしておくことで、常に快適に利用できます。まめにアプリの情報を確認しておきましょう。