どれが一番使いやすい!?iPhone・Androidの家族向け写真共有アプリのおすすめを選出




それまでは全く考えたこともなかったのですが、自分に子供ができて初めて

「写真てこんな撮るんだ」

って思いました。

日々の子供成長や変化、口癖から仕草、表情に至るまで、本当に全てを零さず撮っておきたい気持ちになりますよね。

スマホが便利になった分、写真は数多くとれますが、今度はそれを共有したり、親戚家族に見せたりするのも今では便利なものが揃っています。

今回は、その便利な家族使用向けの写真共有アプリのおすすめを選出し、ご紹介したいと思います!

『家族アルバム みてね – 子供の写真や動画を共有、整理アプリ』

家族アルバム みてね
家族アルバム みてね
開発元 : mixi, Inc

家族アルバムアプリ「みてね」でアップした写真をPCから閲覧する方法

2017.02.11

容量が無料で無制限アップロードが可能!

スマホのカメラの解像度が上がるに比例して画像1枚あたりの容量も以前と比べて相当大きくなっています。そこで逐次容量が気になりますが、このアプリの場合、なんと画像のみならず長尺の動画までもアップロード制限なしの利用が可能。

そこでアップロードされた画像もただただ並べられるだけじゃなく

▼「アルバム」の画面にて月ごとでソートされ表示されます。

 

こちらは横スワイプによって月の切り替えが可能なので、まさにアルバムをめくるように振り返りながら過去の写真を眺めることができます!

 

フォトブック作成機能と連動

やはり写真はデジタルのデータで手に取れないもので保存しておくよりも手に取れる写真で残したいもの。

且つ、ちょうど祖母祖父世代は写真で残す世代の人たちなので、ちょっとしたプレゼントでも写真で送れたら嬉しいものだと思います。

このみてねは毎月撮りためている画像からフォトブックにするための画像を提案してくれます!

勿論、自分で写真をセレクトして任意の内容のフォトブックを作成することも可能です。

▼A5サイズで印刷されますので、日々の成長の様子が迫力ある形で残ります。

Googleフォト

Google フォト
Google フォト
開発元 : Google LLC

「Googleフォト」の容量制限とストレージの追加方法と料金を解説!

2017.04.29

天下のGoogleさまも写真管理アプリGoogleフォトをリリースしておりますが、実はアプリの構造をよく見ると、家族や友人とシェアをすることを念頭に考えられている機能が数多く存在します!

容量無制限+使いやすすぎる操作感

Googleフォトの最大の特徴は動画も静止画も容量無制限でアップロードができるという点です。ただし、そこに格納される動画・画像は作成した同じデータではなく、Googleフォト内で変換されたやや容量の小さいものになります。

ですが、PCで保存・変換後の画像を確認しても特段違和感を感じることはなく、画質もスマホで撮影したものについては、ほぼ同画質で閲覧することができます。

また、画像管理アプリでありがちな「一枚ずつ画像を選択していく作業」が

▼こちらのように画面内をドラッグ(スワイプ)していくだけで任意の画像がまとめて選択できます。

一度使ってみると、この機能のおかげで写真のアルバム分けなどの作業が大幅に短縮するのがわかります!

また、かなり細かい工夫ですが、これら画像を選択する際に、iPhoneが「ブブッ」と微弱なバイブレーションをする「タプティックエンジン」を利用しており、感覚的にも「画像を選択し続けている」ということがわかり、かなり細部まで「使いやすさ」にこだわられていることを実感できます。

ムービーやGIFの自動作成

また、他のアプリでも機能としてはよく実装されていますが、既にアップしている画像や動画から同じ日付・場所などの共通点をもとに自動でムービーやアニメーションを作成してくれる機能があります。

▼こちらは日付でまとめられた一例。

同日に撮った画像がコラージュのように再編集されています。

Amazon Photos

Amazon Photos
Amazon Photos
開発元 : AMZN Mobile LLC

AmazonもPrime VideoやMusicなどの配信サービスの影に隠れがちですが、画像共有アプリもリリースをしています。

分かりやすい画面構成

▼こちらがアプリのトップ画面。

  • あなた:アップした全画像・動画
  • ファミリー:家族として招待したユーザーとダイレクトに共有している場所
  • アルバム:自身で複数の写真をまとめて整理するためのフォルダ
  • 人物:写真に写っている人物リスト
  • その他:設定

という具合に、まさに何も説明されなくても分かる『タブの区切り方』となっています。

画像認識機能が高性能!

▼こちらのルーペアイコンから

▼アップロードした画像から検索を行うことができますが、

「犬」や「猫」などの動物など多様なワードで検索して画像の抽出・ソートを行うことができますが、こちらの精度が高い!特定キーワードの画像を手軽に呼び出すことができます!

容量は無制限!ただしPrime会員限定

こちらが上記2アプリとは大きく異なる点ですが、Amazonの最も基本的な課金メニューである「Amazon Prime」に既に登録している必要があります。

「なんだ有料サービスか…」

と思ってしまうかもしれませんが、ここで言う「容量無制限」はなんと、撮影したそのままのデータを保存しても容量は無制限のまま!

Googleフォトは、予め指定のフォーマットに変換・圧縮されたものとして「容量無制限」ですが、Amazon Photosは画像を圧縮無しで無制限に保存することができます!

ですので、スマホではなく本格的な一眼で撮影した広角・高解像度のファイルを変換されずに保存しておくのではAmazon Photosが最も理想的なサービスになりえます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

写真の共有の目的だけで言うと、Google フォトなどが有名で使い勝手も申し分ないのですが、ここはあえて「家族・子供・共有」というキーワードで区切り、この2つのアプリを選定させていただきました。

子供の姿は本当に1日1日で見違えるように変わっていき、あとから思い返した時に、もうあの時を巻き戻せないんだ、、という面と、無事にココまで大きくなってくれた、という様々な思いが去来します。

できるだけその瞬間瞬間を逃さず、これらのアプリを使って家族がいるという嬉しさを封じ込めれたら良いですね!