要注意アプリ『PREQUEL:エフェクト & フィルター』の解約(登録キャンセル)方法-週550円の高額課金に注意!

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




自分で撮った写真をおしゃれに加工することができるアプリ「PREQUEL-エフェクト & フィルター」。ところがこのアプリ、ユーザーたちからは不満の声が上がっている詐欺的アプリなのです。

今回はこのアプリの機能を検証し、万が一登録してしまった場合の解約手順を紹介しますので必見です。

『PREQUEL』とは?

App Storeでの見え方

▼こちらがApp Storeで表示されたアプリの紹介です。

低評価レビューは不満だらけ!

▼低評価レビューに絞って、ユーザーの意見を確認してみました。

▼御覧の通り「すぐ落ちる」「退会したい」「バグが多すぎる」などの不満で溢れていました。また、「全部英語なのでわからない」「レビューに書いても返信も英語」との意見もあり、これは要注意アプリと言えるでしょう。

週間の高額課金

ここでは課金料金を確認していきます。

1週間:550円 1年間:3800円

これはかなり高い課金料金です!アプリを開いたらすぐに課金料金の表示になりますし、全部英語になっているのでとてもわかりにくいです。

▼3日間の無料トライアルが終了すると、1週間で550円課金することになってしまいます。

『PREQUEL』の解約(登録キャンセル)する方法

App Storeからサブスクリプション一覧を見る

ひとまずは現状の定期購読の状態を確認する必要があります。

▼App Storeのアプリを起動して、 画面右上にある Apple ID のアイコンをタップします。

▼そうすると Apple ID に関するアカウントの情報が表示され、サブスクリプションと表示されている部分がありますのでこちらをタップします。

▼そうするとサブスクリプション一覧が表示されますので、Prequel Gold Weeklyをタップします。

▼課金料金の一覧が表示されました。

▼少し下に行き、Prequel Gold Weekly(1週間)¥550にチェックマークが付いていることを確認します。

▼一番下までスクロールして、サブスクリプションをキャンセルするをタップします。

 

▼キャンセルの確認が表示されますので確認をタップします。

▼すると先ほど確認した項目からチェックマークが消えました。

▼一覧に戻っても、〇年〇月〇日に終了予定という表示に切り替わりました。これで解約作業は終了です。

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、もしくは最初から間違って課金してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019年8月3日

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『PREQUEL』は実際に使える?

それでは、実際にアプリの機能を検証していきます。

▼このアプリは自分で撮った写真にフィルターやエフェクトをかけたり、顔の補正をすることができます。今回はフリー素材を使用していきます。

▼「Acerochrome」という名前の効果をかけました。髪の色と肌の色が変わりました。

▼「Amelie」を選びました。全体的に茶色がかった色になりました。

▼次はこちらのフリー素材を使用していきます。

▼「Dreamsya♯2」を選びました。光を強調するような加工がされました。

▼「Star Dust♯1」を選びました。キラキラした星が加工されました。

▼「Duotone」を選びました。全体的に赤みがかりました。

それぞれいろんな加工をしてみましたが、これは無料アプリで充分にできる機能です。週に550円もの高額な課金料金を支払ってまで使用したいとは思えないものですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「PREQUEL:エフェクト&フィルター」のアプリを検証してみました。App Storeのレビューにもありましたが、このアプリは機能に加えて全部英語なのでとてもわかりにくい上、機能にそぐわない高額な課金料金が請求されるということで詐欺的アプリと言えるでしょう。

万が一登録してしまった場合は、上記で紹介した解約手順で解約することをおススメします。