楽天ペイの還元率はどのくらい?ポイント2重・3重取りの方法も解説




この記事は、楽天ペイ利用時の還元率について解説します。

楽天ペイの還元率は楽天銀行・楽天カード利用ユーザーにのみ優遇された内容になっており、裏を返せばそれ以外のユーザーにとってはあまり利用機会がない、ということもいえます。

今回は、この楽天ペイを利用した際の支払い方法別の還元率とポイント2重取り・3重取りを行う方法についても解説します。

【おすすめ】ゲームアプリで楽天ポイントを貯める方法

楽天ポイントはゲームアプリをやり込んで貯める時代です。

▼ソリティアで楽天ポイントを貯めれるアプリはこちら。

トクトクソリティア
[PR]トクトクソリティア
開発元 : TT INC.

▼この他にも楽天ポイント獲得ゲームアプリはこちら!

楽天ペイの還元率一覧

▽以下が楽天の還元率一覧です。

支払い方法還元率
楽天ペイに他社クレカを登録・支払い0%
楽天ペイに楽天カードを登録・支払い1%
楽天ペイで楽天ポイントを使って支払い1%
楽天ペイで楽天銀行から直接支払い1%
楽天ペイで楽天キャッシュ(チャージ金額)から支払い(チャージ元は楽天銀行)1%
楽天ペイで楽天キャッシュ(チャージ金額)から支払い(チャージ元は楽天カード)1.5%

上記の通り、楽天ペイを使っても支払いの大元が他社である場合、一切の還元が発生せず、楽天カード・銀行を使用することが大前提となっています。

また、後述でもある通り、楽天ペイに楽天銀行以外の銀行口座の登録ができません。そのあたりも楽天ペイが利用できるユーザーが限られる原因でもあります。

楽天ペイ利用の注意点

楽天ペイの注意点は、他社キャッシュレスアプリと比較して、登録できる銀行口座の選択肢が格段に少ない点です。

また、他社クレカのメリットはなく、登録できる銀行も楽天銀行のみ。

楽天関連の口座や手段を日常的に利用している人しかメリットがない可能性もあります。

他社クレカからの支払いは還元が発生しない(0%)

支払い登録に楽天カード以外の他社クレカを登録することはできますが、還元が一切発生せずメリットがありません。

つまり、そのカードが利用できるお店であれば楽天カード経由で支払うことをせずカードをそのまま使ったほうがよい、ということになります。

銀行口座は、楽天銀行しか登録できない

銀行口座の登録は、コード支払い・チャージにおいてどちらも登録することができますが、いずれの場合でも楽天銀行しか登録することができません。

コード支払いにおいては、楽天銀行の口座を引き落とし元口座として設定することができるため、実質的にデビットカードのような使い方が可能です。ただし、楽天銀行の口座を持っていないユーザーとしては、利用する理由が見当たらない、という状態になります。

楽天キャッシュへのチャージは楽天銀行・楽天カードしか登録できない

楽天ペイへのチャージは実質的に「楽天キャッシュへのチャージ」となりますが、そのチャージ自体も楽天銀行口座、もしくは楽天カードのみからとなっているため、楽天カード・銀行口座を持っていないユーザーとしては、楽天ペイを利用する機会が無い、ということになります。

楽天ペイの還元率が1.5%になる2重取りの方法

楽天カードや口座を持っているユーザーからすると、楽天ペイを利用することでお買い物の還元率を簡単に1.5%まで引き上げることができます。

その方法は、

  1. 楽天カードで楽天キャッシュにチャージ
  2. そのチャージされた金額を使って支払う

この手順で1.5%の還元率を実現できます。

1.5%の内訳としては、

  • 楽天カードからのチャージ時に0.5%の発生
  • 楽天ペイでチャージされた金額の支払い時に1%の発生

となります。

このときに他のキャッシュレスアプリと比較して優れている点は、1%分(楽天ペイの還元)は翌日にはポイント進呈されている、という点。

他のキャッシュレスアプリは約1ヶ月後と月をまたぎます。ただし、0.5%分は翌月付与になる点に注意。

楽天ペイの還元率が2.5%になる3重取りの方法

1.5%還元の方法に加えて、楽天ポイントカードを提示することで最大2.5%の還元率を実現できます。

ただし、楽天ポイントカードの還元率は店舗によって異なり、最大率が1%となっています。

また、楽天ポイントカードが使えるお店は楽天ペイがつかえるお店よりも限られている点にも注意が必要です。

楽天ポイントカードが利用できるお店はこちらから確認してみてください。

楽天ポイントカードの表示方法

楽天ポイントカードを楽天ペイから表示する方法は、

▼アプリトップ画面のポイントカードをタップすることで、簡単に表示させることができます。

楽天ポイントカードは以下の専用のポイントカードアプリがありますが、楽天ペイアプリからも簡単に呼び出すことができますので、支払いの際は便利です。

その他のキャッシュレス・コード決済アポリとの還元率比較

今回解説した楽天ペイの還元率ですが、PayPayなどその他のアプリと比較するとどのくらいの還元率が実現できるのか、比較してみました。

還元率PayPay 楽天ペイd払いau PAYLINE Payメルペイ
0.5%PayPay 残高払いチャージ支払いチャージ支払いVisa line pay クレジットカード
1%あと払い楽天カード決済
楽天銀行からチャージ支払い
チャージ支払い+ステップボーナス(20~49回)au PAYカード支払いメルカード使用
1.5%あと払い&前月30回・10万円以上楽天カードからキャッシュ支払いチャージ支払い+ステップボーナス(50~79回)
2%チャージ支払い+ステップボーナス(80回~)
2.5%チャージ支払い+ステップボーナス(80回~)+ギガホ契約
3%チャージ支払い+ステップボーナス(80回~)+ギガホ契約+dカード利用
5%Visa line pay クレジットカード(P+)(月500円まで)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、楽天ペイの還元率について解説しました。

他のキャッシュレスアプリと比較して一見還元率のパーセンテージが高いように思う一覧表ですが、その中身は楽天カード・楽天銀行口座を所持していないとほとんど意味がない、という結果になっています。

このアプリの位置づけとしては、楽天をもともとよく使っているロイヤルカスタマー向けの選択肢で、楽天を比較的利用しない「楽天経済圏外」ユーザーとしては、あまり利用するポイントが見当たらないサービスとなっています。



[PR]1日1曲1ポイント!
楽天ポイント貯まる音楽アプリ
初回60日間無料
[PR]ソリティアでポイ活
ゲームでPayPayポイント貯まるアプリ
無料ダウンロード