Twitterアナリティクス(ツイートアクティビティ)とは?使い方や基本的な分析方法を解説

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事は、Twitterのアナリティクス機能(ツイートアクティビティ)について解説します。

サービス内では「ツイートアクティビティ」「アナリティクス」と表示され、集客や情報拡散を目的としたTwitter運用には欠かせないツールとなります。

今回はその「Twitterのアナリティクス(ツイートアクティビティ)」へのアクセス方法や使い方・データの基本的な分析方法・用語解説をします。

Twitterアナリティクス(ツイートアクティビティ)とは?

日々ツイートを行っている中で、ツイートごとに

  • どのくらいの回数見られたか
  • どのくらいリンクがクリックされたか
  • どのくらい画像・動画が閲覧されたか

が全て数値化されて確認できる機能です。

それらの数値化だけでなく、PCサイトは特定期間(デフォルトは28日間)とそれ以前との比較を行うこともできますので、日常的に有益な情報をつぶやいているアカウントが過去比較でどれくらいユーザーが伸びているのかも確認することが出来ます。

Twitterアナリティクス(ツイートアクティビティ)を確認する方法

Twitter公式アプリでアナリティクスを確認する方法

Twitterアプリからツイートアクティビティを確認する方法は、

▼自分のタイムラインを表示させ、それぞれのツイートに表示されているこちらのアイコンをタップすると、

▼このようにその「ツイートアクティビティ」を確認することができます。

最初には「インプレッション(表示回数)」「エンゲージメント総数(クリック数)」が表示されていますが、すべてのエンゲージメントを表示をタップすると、

▼より細かい数字の内訳を確認することができます。

PC(ブラウザ)からTwitterアナリティクスを確認する方法

PCのアナリティクスへアクセスするには、

▼ホーム画面左側に表示されているメニューのもっと見るをクリックすると、

アナリティクスという項目名がありますので、こちらをクリック。

▼そうすると、ログインしているアカウントの全体が見渡せる「過去28日でのパフォーマンスの変動」から始まり

モバイルウェブ(ブラウザ)で確認する方法

iPhoneに入っているSafariなどのモバイルブラウザを使用してWebのTwitterを閲覧することが出来ますが、Webで閲覧する場合は、アプリとは違った内容を確認することができます。

▼まずTwitter(ウェブ版)にアクセス・ログインして自分が設定しているアイコンをタップします。

▼次にアナリティクスというリンクがありますので、こちらをタップします。

▼そうするとこのように「過去28日でのパフォーマンス」としてまとまった日数のアクティビティを確認することができます。

ただし…
表示内容・方法がPCと同じ見え方・レイアウトになっていますので、見やすいものではありません。

Twitterアナリティクス(ツイートアクティビティ)を使った基本的な分析方法

実際にツイートの各数字を閲覧できたとしても、その数字を見て、何を考えてどのように対策を打てばよいか分からない、という局面もあります。

そこで、各ツイッター利用のシチュエーションごとにどのように数字を捉えるべきか解説します。

自社サイトに誘導・集客したい場合にアナリティクスの見るべきポイント

自社サイトへの集客を目的としてツイートをしている場合は、「リンクのクリック数」を注視する必要があります。

▼Twitterのツイートアクティビティでは「リンクのクリック数」と表示されます。

これは、ツイート文言でどれだけ魅力的な情報があるかを記載し、リンクを設置することで集客の成否を確認することができます。

また、「インプレッションが多いのにクリック数が少ない」や「インプレッションが少ないのにクリック数が多い」など母数となるインプレッションと合わせて比較することでツイート内容とリンクがマッチしているかを確認することができます。

情報を拡散したい場合

ツイート内容に記載されている情報や写真をできるだけ拡散することが目的の場合「インプレッション」を注視する必要があります。この「インプレッション」はリツイート数と密接に連携しています。

▼インプレッション数はツイートアクティビティの画面最上部に表示され、シンプルにユーザーが見た回数を指します。

見た回数となりますので、リツイート回数やいいね数がこの数字を押し上げる要因になります。またリツイート回数が少なかったとしても芸能人など著名な・フォロワーを多く持つユーザーがリツイートなどのアクションをすることによっても跳ね上がるケースがあります。

自社の商品を見せたい場合

ツイートに自社商品の写真を添付してツイートしている場合、「メディアのエンゲージメント」を注視する必要があります。

▼メディアのエンゲージメントは「エンゲージメント総数」に含まれ、閲覧したユーザーが添付されている画像や動画などをクリックした回数を指します。

インプレッションが多くても「メディアのエンゲージメント」が低い場合、自分のツイートはタイムライン上を流れて目に留まらないものになっている可能性があります。

クリエイター・個人事業主がお仕事を募集する場合

自分の更新情報・作品をツイッターに掲載し、そこからお仕事の募集を行っている人は「プロフィールのクリック数」を注視する必要があります。

▼ツイートアクティビティでは「プロフィールのクリック数」と表示されています。

Twitter上のプロフィールに来訪し自分の作品を見てもらい、プロフィール画面までどれくらいの人がアクセスするのかを指標化することで効率的に案件の獲得を行うことができます。

Twitterアナリティクスの「見方」(用語解説)

Twitterアナリティクス(ツイートアクティビティ)もなんとなく言葉の意味を理解しつつも、正確に把握していない場合があります。そこでいま一度「インプレッション」「エンゲージメント総数」を詳しく解説します。

「インプレッション」について

「インプレッション」とは、「表示回数」を意味し、記載されている数値はどのくらいそのツイートがユーザーに表示されたかを表しています。

この数値は一人のユーザーが何度も見る度にカウントされますので、「見た人数」を表しているわけではありません。

この「インプレッション」数は、

  • 多くのフォロワーを持つユーザー
  • 検索されやすいワードを持つツイート(時事ネタなど)
  • 数多く拡散されたツイート

にて上昇します。

「エンゲージメント総数」について

「エンゲージメント」とは、ユーザーがそのツイートに対して以下のことを行うと、「エンゲージメント」としてカウントされます。

  • リンクのクリック(ツイート内のURL)
  • 添付(画像・動画など)のクリック
  • ハッシュタグのクリック
  • (そのツイートからの)プロフィールアクセス
  • ツイートの詳細表示のクリック数
  • いいね数
  • リツイート数

上記のアクションの合計数が「エンゲージメント総数」として表示されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ツイッターアナリティクスを利用することで、これまで投稿してきたツイートがどれほど多くのユーザーに届いたかを確認したり、また、どんなツイートがトレンドになっているかなども知ることができます☆