仮想通貨「Sweatcoin(スウェットコイン)」とは?怪しい?将来の予想価格・使い方を徹底解説

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




この記事は、歩くことで仮想通貨「SWC」を稼ぐことができる「Sweatcoin(スウェットコイン)」というアプリを解説します。

国内には数多くのポイ活アプリが存在しますが、今度は特定の行動によって仮想通貨を付与するサービスも登場しました。

今回はその「Sweatcoin(スウェットコイン)」について、始め方・使い方、効率の良いSweatcoin(スウェットコイン)の集め方、コイン獲得後のおすすめな取り扱い方を解説します。

Sweatcoin(スウェットコイン)とは?

独自仮想通貨を歩いて発行できる新しい「ポイ活アプリ」

「Sweatcoin(スウェットコイン)」とは、歩数によって仮想通貨「Sweatcoin(スウェットコイン)」を得ることができるポイ活アプリです。

ポイ活アプリと言っても、「トリマ」や「モッピー」など国内のその他のポイ活アプリと決定的に違う点は、「歩数に応じて独自の仮想通貨がもらえる」、という点。

ちなみに

▼Sweatcoinを開始するのであれば、同じように歩数や移動距離に応じてポイントがたまる「トリマ」と並行して運用するとおトクです。

トリマ-移動するだけでポイントが貯まる
トリマ-移動するだけでポイントが貯まる

2022年9月12日に上場が予定されている

このSweatcoin(スウェットコイン)は現時点では、一部のユーザーのみで現金に変換したり、アプリ内で表示される商品と交換したり、という用途しかありませんが、2022年の夏に仮想通貨として上場予定

▼さらにSweatcoin公式Twitterより、具体的な上場期日として2022年9月12日に上場することが確定した模様。

これにより、それまでアプリ内で貯めていたSweatcoinをこれ以降で仮想通貨「SWEAT」にできるようになります。

「先行ユーザーが歩くことでしか獲得できないコイン」として高騰する可能性を秘めています。

アプリの開発元はイギリスで既に全世界で既に6000万人以上のユーザーが存在します。

Sweatcoin(スウェットコイン)のダウンロード

Sweatcoin Walking Step Tracker
Sweatcoin Walking Step Tracker
開発元 : Sweatco Ltd

Sweatcoinの将来性:今後の価格動向予想

Sweatcoin(スウェットコイン)は今後高騰するか

現在時点では、まだ未上場のため価格はまだついていませんが、市場の予測としては「上場以後、ゆっくりと値を上げていくだろう」と考えられています。

その理由は以下の通り。

今現在多くのユーザーが1000歩歩くだけで1SWCのコインを獲得できハードルが低いため、上場直後の価格は決して高騰するとは言えないでしょう。

ただし、以下の材料から突発的では無いにせよ価格が高騰する要因を含んでいます。

Sweatcoinが高騰する材料

  • 同様のMove to EarnであるSTEPN(GST)が上場直後に高騰し、1年で価格が8倍になった好例がある。
  • 上記を知っている投機目的の参加者が価格を引き上げる。
  • DeFi関連の運営母体や投資家がSweatcoinに投資している
  • 位置情報や健康関連データの取得をマーケティングに活用することができる。
  • データ取得のメリットからすでに保険業界・医療/健康業界から注目を浴びている

としており、単純な投機目的の参加者だけでなく、実業としても「地に足がついている」ことから価値が徐々に上昇していくことが予想されています。

▼また、すでに発表されている予測として、上場後1年間で1SWCあたりの獲得難易度は1.5倍に上昇することがすでに公表されています。

BTCと同じように1コインあたりの採掘難度が上がっていくことで価格の上昇を意図的に起こしていくことも計画されています。

これらのことから、獲得したSweatcoin(スウェットコイン)は現時点では使用せず「保持」がおすすめです。

Sweatcoin(スウェットコイン)は怪しい?

「歩くだけでお金が貯まる」というキャッチコピーから仕組みがわからなかったり、STEPNのように初期投資が必要?と考える方もいるかも知れませんが、Sweatcoinは完全無料で開始することができます。

月額の課金コースも用意だけはされていますが、特段利用せずとも効率よくSweatcoinを貯めていくことが可能です。

▼また、プライバシーポリシーでは、この開発・運営元の企業がロンドンを本拠地に構える企業だと言うことがわかります。

さらに、「歩数や位置情報を取得して悪用される可能性がある?」という点についても、スマホ端末内に保存されている歩数や位置情報にアクセスして計測に利用していることから、独自に収集して悪用することは考えにくいでしょう。

ビットコインなど即座に換金可能な仮想通貨を貯めたい場合

Sweatcoin(スウェットコイン)の場合、今夏に上場予定ではありますが、現時点では1コインあたりの価値がわからず、「どれくらい熱心にやるべきか」の判断が難しいところ。

もし、ポイ活するにしてもすぐに価値・額の分かるビットコインなどで付与がほしい方は、

▽こちらの「Bit Start(ビットスタート)」か、

ビットスタート ビットコインをもらって、仮想通貨を学習・運用
ビットスタート ビットコインをもらって、仮想通貨を学習・運用
開発元 : Paddle.inc

▽こちらの「Cheeese(チーズ)」のいずれかがおすすめです。

チーズ - ビットコイン・仮想通貨がもらえるポイ活アプリ
チーズ – ビットコイン・仮想通貨がもらえるポイ活アプリ
開発元 : MONEX ZERO LLC.

この2つはアプリ内の作業にて無料で直接的にビットコインを獲得することができます。

▼前者の「Bit Start(ビットスタート)」はアンケート案件などに加え、毎日「ビットコインが上がるか下がるか」の予想をするだけでビットコインの獲得が出来ます。

ビットコイン獲得ポイ活アプリ「Bit Start(ビットスタート)」とは?始め方・使い方

▼後者の「Cheeese(チーズ)」は、ニュース記事の閲覧をするだけでビットコインの獲得ができるアプリ。

ビットコインが無料で貯まるアプリ「Cheeese(チーズ)」とは?始め方と使い方

どちらも気軽にビットコイン集めが日常的にできるほか、通常のポイ活であるショッピングや登録作業でも効率的にビットコイン集めができますのでおすすめできます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の現在の価格

Sweatcoinはまだ未上場ですので、価格はつけられておらず市場価格というものは存在しませんが、今現在公開されている換金の方法で概算の算出を行うことができます。

▼参考までに、現時点のインフルエンサープログラムでは、このように900コインで100ドルの変換(リワード)を受け取ることができるため、

このことから、推測されるSWCの現在のレートとしては、

100ドル÷900コイン=約0.11ドルとなりますので、

1SWC=14.28円

ということが言えそうです。

ビットコインなどと比較するとまだまだ安いレート設定ではありますが、今夏の上場後にどれだけ値動きするのか楽しみですね。

Sweatcoin上場後の価格予想

現在は0.1ドル程度の金額換算ですが、同様のMove to Earn系通貨が上昇傾向にあります。

各Move to Earnの上場当初から最高値までの倍率は以下の通り。

  • STEPNの「GST」が上場当初から8倍
  • Genopetsの「GENE」が上場当初から約2倍
  • Calo Runの「CALO」が上場当初から約4倍

もちろん、最高値に達した後、下落や乱高下を繰り返すこともありますが、Sweatcoinについても1SWC=1ドルに達するタイミングも出てくることが予想されています。

Sweatcoin(スウェットコイン)を効率よく稼ぐ方法

基本的には、歩くことで得られる歩数にてSweatcoin(スウェットコイン)を稼ぐことができます。

また、歩数の検知は端末のヘルスケア機能を利用しているため、外出時や暇を見つけて歩く、という地道な積み重ねでSweatcoin(スウェットコイン)を貯めていく、という稼ぎ方が基本となります。

とはいえ、時間にも限りがある、という方はアプリ内で提供されている以下の手段を使ってSweatcoin(スウェットコイン)獲得の効率性を上げることが出来ます。

歩く・スマホ用振り子を活用する

スマホのヘルスケア内にある「歩数」と連動しますので、自動で歩数カウント→コイン変換を行ってくれますので、「歩く」という行為が基本的なコイン稼ぎのアクションとなりますが、

▼その仕組みを利用して、このようなスマートフォン用振り子スタンドを使って自分は動かず歩数を稼ぐこともできるようです。

積極的に友達招待を利用する

友達招待を利用することで5Coinを獲得することが出来ます。

▼アプリの🏠ホーム画面で表示されている友達を招待して5SWCをゲットしよう!というバナーをタップし、

▼メッセージが表示された後、共有用のシートが表示されますので、ここから自分用の招待用URLをシェアすることが出来ます。

▼LINEでそのメッセージを受け取った場合は、このように表示され、このURLからダウンロード→登録を行った場合、URLを発行したユーザーに対して5SWCが発行されます。

「デイリー2倍ブースト」を利用する

1日の内の特定の20分間を「デイリー2倍ブースト」として、その時間で獲得した歩数は2倍に換算させることが出来ます。

🏠ホーム画面にあるデイリー2倍ブーストのバナーをタップ。

▼ブーストの画面が表示されます。この2倍ブーストを開始をタップした時間から歩数2倍タイムが始まりますので、「これから外出する」「散歩する直前」というタイミングで、このボタンは押すようにしましょう。

デイリーアワードをこなす

デイリーアワードとは、アプリ内に設置されたバナーをタップすることで動画広告が表示され、閲覧完了時にランダムでSWCの付与が行われる、というもの。

▼ホーム画面のデイリーリワードを確認すると、3つのリワードが並んでいます。

このアンロックされましたのバナーをタップすることで動画広告の再生が開始され、視聴が完了するとSWCが付与されます。得られるSWCはわずかですが、1SWCが1000歩という基準のため、時間がないユーザーはこのリワードを活用すると良いでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)プレミアムに登録する

▼SWC獲得の効率を最も上げる手段としては、「Sweatcoin(スウェットコイン)プレミアム」に登録する、という手段があります。

この「Sweatcoin(スウェットコイン)プレミアム」は、1ヶ月550円、もしくは年間2,700円をアプリ内課金で支払うことで、歩数カウント2倍の効果を常時得ることが出来ます。

その他にも、寄付時に寄附金額が2倍になるなど自分以外にもメリットが発生することが特徴です。

ただし、このプレミアム金額は現時点で1SWCのレートが明らかでない分、どのくらいの利用料でもとが取れるのかが不明瞭なところもありますので、コストを支払ってでも効率を上げたい人のみにおすすめできる手段です。

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方

▼まず、Sweatcoin(スウェットコイン)アプリをインストールします。

Sweatcoin Walking Step Tracker
Sweatcoin(スウェットコイン) Walking Step Tracker
開発元 : Sweatco Ltd

▼インストール後、アプリを起動し、Apple IDでサインアップを行います。

その後、端末内部への情報アクセスに許可を行う画面が続きます。

▼まずは歩数検知のモーションとフィットネスの許可を行います。

▼次にHealthKitを有効にするをタップ後、データアクセスの確認画面が表示されますので、歩数をオンにして右上の許可をタップ。

▼最後にプッシュ通知の確認(どちらでも可)を選択し、

▼トップ画面が表示され、Sweatcoin(スウェットコイン)の利用が開始されます。

端末のヘルスケアにアクセスしているため、利用開始直後でもその日の歩数が表示されていることが確認できます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の使い方

Sweatcoin(スウェットコイン)を現金に変換する方法

Sweatcoinを開始して間もない頃は、歩数やデイリーリワードをコツコツこなすことしか出来ませんが、友達紹介などを進めていくと、

▼このように「インフルエンサープログラム」に招待され、利用できるようになります。

このプロモーションを開始の中身を確認してみると、

現金のリワードを確認することができ、一定数の友達紹介をこなすことで現時点から既に現金への交換を行ってくれます。

▼現金リワードの一覧を確認してみると、友達紹介を行った数に応じて、所持しているコインと引き換えに25ドル~1000ドルまでの引き換えを行ってくれます。

ちなみに、1000ドルの引き換えに必要な友達紹介数は1667人で人数到達とともに引き換えを行う権利がアンロックされるという形になります。

Sweatcoinを商品へ交換する方法

貯まったSWCを商品へと交換するには、

▼こちらのショップアイコンをタップし

▼初回の画面では国名を選択することができますので、表示されている国名がJapanになっていれば国の選択を確定をタップします。

▼その後、こちらの画面にて、今現在SWCと交換できる商品の一覧をその詳細を確認することが出来ます。

現在の歩数の確認方法

▼その日の歩数(合計)を確認する方法は、🏠ホーム画面の最上部にこのように表示されます。

獲得済みコインの確認方法

▼画面下のこちらのアイコンをタップすることで、

▼この「ウォレット」画面を確認することができます。この画面では、現在のSWCの残高を確認することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、新しいジャンルのポイ活アプリ「Sweatcoin(スウェットコイン)」のご紹介をしました。

もはやポイ活ならぬ「コイン活」でしょうか。

現状のポイ活アプリと比較すると、直近のメリットが少なく感じますが、今後上場が控えている仮想通貨、という点に期待して今から歩きまくるというのも良いでしょう。