PicsArtでぼかし・キラキラ・アートを駆使してお気に入りのイラストを幻想的にする方法!

PicsArt 幻想的な加工

宇宙柄の加工でご紹介したPicsArt(・∀・)!多彩な機能がある反面いまいち使い方がわからない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はPicsArtを使って手持ちの画像をカンタンに幻想的な雰囲気に加工する方法をご紹介したいと思います!

【おすすめ音楽アプリ】
  • 音楽アプリで最もギガが減らない
  • オフライン再生・歌詞表示あり
  • 安心の合法初回全画面広告なし
  • 4000万曲完全無料で聴き放題
  • →こちら←
関連記事
【4000万曲無料の音楽アプリのご紹介】 YouTubeなどの動画読み込みが無く4000万曲をフルで聴くことができ、ダウンロードできる無料音楽アプリ。
Spotify -音楽ストリーミングサービス
Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料
再生の時間制限なし、曲数は業界最多、広告も最低限で快適視聴ができるおすすめの音楽アプリです!

 『編集』メニューから加工する画像を選択

▼元画像(左)を加工していきますよ(・∀・)コチラは写真の編集から行っています!

比較
編集メニュー

演出1:幾何学模様を入れる

ラインの模様

▼下のツールバー「描画」から図形描画を使い、線を入れていきましょう(・∀・)

描画001

▼四角を選択し、描画モードをストロークにします!

描画002

▼回転させたり拡大したりして、お好みの色や太さで線を描いていきます!

描画003

丸い模様

▼丸も同じように図形描画でできます(^▽^)今度は描画モードを塗りつぶしにしましょう

描画004

▼不透明度のパラメーターを左に動かすと、半透明にすることができますよ(・∀・)

描画005

演出2:目の色を変更!

▼この画像だとちょっとわかりにくいのですが…

IMG_4551

▼こんな風に目の色を変えることができますヽ(´∀`)/ ちなみに目のこの部分は虹彩(こうさい)と呼びます!

虹彩の色

 

▼エフェクト→各種修正→目に色をつける から行えます。

虹彩の色001

▼四角いマークをドラッグして、ぴったり虹彩の大きさになるように選択します。選択範囲が丸一択なので、自分の写真でやる場合は「かっ!!」と目を見開いて虹彩にまぶたがかからないように撮影しましょうww

虹彩の色002

▼カラーバーでお好みの色合いにしたら置き換えをします。少し彩度を落としたほうが自然になります(・∀・)

虹彩の色003

 

演出3:ブラー(ぼかし)を使う

▼エフェクト→ブラーからスマートブラーをかけました!かけたくないところがある場合は画面上のメニューから設定できます!丸型、四角、自分の好きな範囲と必要に応じて設定してくださいね!硬さの設定から、ぼかす部分とそれ以外の部分をあいまいにすることもできます♪

ブラー001

PicsArtでは画面全体にぼかしをかけることができるのも嬉しいところですねヽ(´∀`)/

演出4:キラキラのエフェクトを入れる

▼マスク→ぼけ(またはライト)から、キラキラのエフェクトを入れます!今回使用したのはBokeh26です!

ボケ001

▼不透明度や色相よりお好みの雰囲気に調整しましょう!合成モードは最初からキラキラエフェクトに最適なスクリーンになっています。

ボケ002

演出5:アート加工をする

▼エフェクト→ポップアート→色勾配を使います!

ポップアート001

▼カラーをお好みのものに変えることもできますよ(・∀・)b 今回は冬の夕方っぽい雰囲気を作るために色を青系に変更し、合成モードはスクリーンにしました!

ポップアート002

▼完成!!

PicsArt 加工のしかた

まとめ

好きなキャラクターやアイドルの写真などお手持ちの画像。自由度の高いPicsArtで加工して楽しんでみてくださいね♪ やれる内容が多すぎてちょっと、どんな加工にしようか迷っちゃいますねヽ(;▽;)ノ