『Googleフォト』の写真と『Googleマップ』を連携してタイムラインに行き先と写真を表示する方法




旅行などに行くと、スマートフォンでたくさん記念撮影すると思います。マメな方であれば旅行から帰ってアルバムを作成したり印刷して楽しんだりするかもしれませんが、枚数が多いと大変ですよね。

しかし、撮影した写真をGoogleフォトにアップロードし、Googleマップに紐づければ、自動的にその場所に行った日時と写真が地図上に表示されアルバムのようになります。

今回はGoogleフォトとGoogleマップの連携方法をご紹介します。

▼Googleフォトの基本的な使い方はこちら

Googleの写真管理・共有アプリ「Google フォト」の基本的な使い方をご紹介

2017.04.28

Googleフォトとは?

撮影した写真や、保存したスクリーンショットなどの画像データをクラウド上で保存できるGoogleのサービスです。

一定の容量(15GB)までであれば無料で利用することができます。

▼Googleフォト(Googleドライブ)の容量を追加する方法はこちら

「Googleフォト」の容量制限とストレージの追加方法と料金を解説!

2017.04.29

▼Googleフォトの空き容量を増やす方法はこちら

「Googleフォト」で管理している写真をLINEなどメッセージアプリやSNSで共有する方法

2017.04.29

Android端末にはアプリが予め内臓されていますが、iPhoneでもアプリをダウンロードすれば利用することが可能です。

写真は自動で日付ごとに整理され、写っている内容に自動でラベル付けされますので、「ネコ」と検索バーに入れればネコの画像だけを探し出すなど、簡単に写真の検索をすることも可能です。

Googleフォトのダウンロードはこちら

Google フォト
Google フォト
開発元 : Google LLC

GoogleマップをGoogleフォトに連携するとどうなる?

GoogleマップをGoogleフォトに連携すると何ができるのでしょうか。

場所名・地名で検索できるようになる

位置情報をONにしておけば、撮影しGoogleフォトに保存した画像が自動でGoogleマップの地図上に紐づけられ、場所名・地名で写真を検索することができるようになります。

Googleマップのタイムラインに美しく写真が並ぶ

また、Googleマップのタイムライン上に日時ごとに写真が並び、訪れた場所で撮影した写真がまるでフォトアルバムのように並びます。

Googleマップのダウンロードはこちら

Google マップ - 乗換案内 & グルメ
Google マップ – 乗換案内 & グルメ
開発元 : Google LLC

GoogleマップをGoogleフォトに連携する方法

それでは、GoogleマップをGoogleフォトに連携する方法をみてみましょう。

▼まずGoogleマップを開き、左上のをタップします。

タイムラインをタップします。

▼右上のをタップします。

設定をタップします。

個人的なコンテンツという表示が出てきますので、その中のGoogleフォトをONにしましょう。

これで連携が完了しました!

Googleフォトから写真を撮影した場所を見る方法

それではGoogleフォトから写真を撮影した場所を見る方法を解説します。

Googleフォトの写真一覧から撮影した場所を見たい写真をタップします。

▼写真の右上のをタップします。

▼写真を撮影した場所の地図が表示されます!

Googleマップのタイムラインから写真を見る方法

次に、Googleマップのタイムラインから写真を見る方法を解説致します。

Googleマップを開き、左上のをタップします。

タイムラインをタップします。

今日をタップし、カレンダーを表示させます。

▼カレンダーから写真を表示させたい日付を選択します。

▼写真を確認したい日付を選択したらタップすると、時間・場所とともに写真が一覧で表示されます。

これで、

  • 行った場所
  • 撮影した写真

の2つの要素が連携して、その時の思い出を鮮明に思い出せる便利ツールに早変わりしますね!

特に家族や友人・恋人など親しい間柄で行った旅行などは、この場所にて自動的に「旅行記が作成される」機能となりますので、無事に帰宅した後、このページを見て浸る、ということも増えてきそうですね!

▼Googleマップのタイムラインについて更に詳しい使い方はこちら

地図アプリ『Googleマップ』のタイムラインの使い方-記録されない時の確認方法や記録の編集方法を徹底解説!

2019.09.09

まとめ

GoogleマップをGoogleフォトに連携すると旅行の記念アルバムにもなりますし、記録としてもとても便利です。

連携はとても簡単なので、一度設定してしまえばすぐに自動で連携されます。

ただし、すべての場所が自動で連携し記録されてしますので、もしも訪れた場所や写真の撮影場所を記録したくない場合にはその都度連携をOFFにするように注意しましょう。