要注意アプリ『GeniusArt: 写真編集アプリ&コミック画像!』の解約方法-高額課金に注意!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




ワンタッチで簡単に写真を加工できるアプリ「GeniusArt: 写真編集アプリ&コミック画像!」。しかしこのアプリ、インストールしたユーザーからは不満の声が上がっている要注意アプリなのです!

今回はこのアプリの機能を検証し、さらに万が一登録してしまった場合の解約方法をご紹介しますので必見です!

『GeniusArt』とは?

自分の好きな写真を使い、いろんな加工をして遊ぶことができます。「コミック効果」「3D効果」「フェイススワップ」「フィルター」などの機能がありました。

App Storeでの見え方

▼こちらがApp Storeでアプリを検索したときに表示される画面です。星の評価もそれなりに高く、とてもオシャレに写真を加工できるアプリだと思えます。

低評価レビューには「詐欺アプリ」の声が!

▼App Storeでの評価を「低評価」に絞ってみました。するとアプリを使用したユーザーからの不満のレビューがいくつも確認されました。「詐欺アプリ」「使えない」「意図せず申し込まれた」などなど。これは要注意アプリです。

週間の高額課金

週間で200円

一目見ると安いように思えます。しかし単純計算で行くと毎月で800円以上になります。これはとても高い課金料金です!

『GeniusArt』の解約(登録キャンセル)する方法

App Storeからサブスクリプション一覧を見る

ひとまずは現状の定期購読の状態を確認する必要があります。

▼App Storeのアプリを起動して、 画面右上にある Apple ID のアイコンをタップします。

▼そうすると Apple ID に関するアカウントの情報が表示され、サブスクリプションと表示されている部分がありますのでこちらをタップします。

▼そうするとサブスクリプション一覧が表示されますので、その中からGeniusArt_Proの項目を探してタップします。

▼するとオプションが表示されますのでGeniusArt_Pro(1週間)¥200の項目にチェックマークが付いていることを確認し、一番下にあるサブスクリプションをキャンセルするをタップします。

▼キャンセルの確認が表示されますので確認をタップします。

▼すると先ほど確認した項目からチェックマークが消え、上にあるアイコンのところが〇年〇月〇日に終了予定という表示に切り替わりました。

▼ひとつ前の一覧に戻っても〇年〇月〇日に終了予定という表示に変わっています。これで解約作業は終了です。

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、もしくは最初から間違って課金してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019年8月3日

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『GeniusArt』は実際に使える?

ここからは実際にアプリの機能を検証していきます。

コミック効果

▼ワンタッチで好きなコミック風の写真に変換することができます。こちらのフリー素材を使用していきます。

▼下にあるサンプルから適当に選んでみました。コミック風?かどうかはわかりませんが、きちんと変換されています。

▼別のものを選びました。サンプルの通りの画風に変換されていますね。

3D写真

▼写真に好きな3D効果を加工することができます。こちらのフリー素材を使用していきます。

▼周りに蝶々が飛んでいるものを選びました。蝶々は少しだけ動くことができます。

▼今度はシャボン玉を付けました。こちらも少しですが、動きを付けることができます。

フェイススワップ

▼こちらは写真の人物の顔だけを切り取り、別の写真の人物に変換することができます。ですのでコスプレをしているような感覚でしょうか。こちらのフリー素材を使用していきます。

▼こちらの女子高校生を選びました。あまりにもガラッと変わってしまうので、変化がわかりにくいです…。目元だけを見ると、元の写真の女性かな…?と思います。

▼次はこちらのドレスを着た女性です。うーん、こちらもあまり変化が分かりませんね。丸っきり変わってしまっているように見えて、顔だけを切り取ったのかがわかりません。

ここまで一通り、アプリの機能を試してみました。大体はきちんと広告通りに機能しているのかな?と思います。巷には、広告通りに全く写真を変換できないアプリもあります。それにしても、やはりこの機能に対して毎週200円、年間4300円の課金は高すぎるのではないでしょうか…。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「GeniusArt: 写真編集アプリ&コミック画像!」の機能を検証しました。アプリの機能は普通に使えるものもありました。なので人によっては、レビューで「高評価」をすることもありえます。しかし、なんと言っても課金料金が高すぎる気がします。ユーザーからするとわかりにくい課金料金の表示、低評価レビュー、課金しないと何もできない点から考えると、これは要注意アプリです。

万が一登録してしまった場合は、上記で紹介した解約手順で解約することをオススメいたします。高評価レビューに惑わされず、よく確認してからアプリをインストールした方がいいでしょう。