『Coke ON(コークオン)』でSuicaを使う方法-使い方と登録方法を徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




この記事では、Coke ONの支払いでSuicaを利用する方法を解説します。

自販機にスタンプカードの概念を導入し更に「キャッシュレス支払い」までできるようになった「Coke ON」。PayPayなどの既存のキャッシュレスアプリの他に、実はSuicaの支払いにも対応しています。

今回はCoke ONでSuicaを登録・使用する方法と登録して使用するにあたってのメリットなどを詳しくご紹介します。

Coke ONでSuicaを利用する使い方

Coke ON(コークオン)にSuicaを登録する方法

▼まずはCoke ONアプリを起動し、画面左上にあるのアイコンをタップします。

▼そうするとメニュー画面が表示されますのでCoke ON IC – 電子マネー設定をタップします。

▼次に、電子マネー登録に関する画面が表示される中、画面下部に電子マネーを登録するというボタンが表示されますのでそちらをタップします。

▼一覧で表示されているこちらの中からSuicaを選択し、

「Coke ONアプリにSuicaID番号の利用を許可しますか?」という画面が表示されます。

少し下方向に画面をスクロールすると

▼次に「メールアドレス/Suica識別ID」の入力とパスワードの入力を行うためのフォームが表示されます。

上の①の項目にはメールアドレスかSuica識別IDを入力するわけなのですが、こちらは別アプリ(Suicaアプリ)を起動し確認をする必要があります。

下の②の項目はモバイルSuica利用開始時に設定したパスワードを入力するようにしましょう。

Suica識別IDを確認する方法(モバイルSuicaの場合)

モバイルSuicaを利用していてSuica識別IDを確認する方法は、

Suicaアプリを起動し、こちらの券面の部分をタップします。

▼そうすると画面が切り替わりタップしたSuicaの詳細画面が表示されます。

※上記の画像のIDはぼかしで隠しています。

こちらの画面にSuica識別IDが記載されており、こちらを先程のフォームに入力することにより認証を行うことができます。

▼Suica識別IDが記載されている部分を長押しするとコピーと表示されますので後ほどタイプして入力するのが面倒なIDの方はこちらを利用しましょう。

ちなみに

モバイルSuica上のSuica識別IDはメールアドレスの形態になっている事が多く、複数枚のSuicaをモバイルSuica内に登録している人は、識別IDがsample@address.com_2など「_2」の順列が付けられ、ナンバリングされています。

▼Suica識別IDとパスワードを入力し終わったら連携アプリを認証ボタンを押して

このようにして電子マネーを登録完了させることができます!

Suica識別IDを確認する方法(Suicaカードの場合)

プラスチックのSuicaカードをCoke ONに登録する場合は、実際のカード裏面に記載されている「JE」から始まる合計15桁の番号を入力することになります。

▼こちらのフォームに実際のカードの裏面に記載されているSuicaID番号を入力していきます。

「登録済みの電子マネー」表示を確認して完了

▼Coke ON ICの電子マネー設定ページにこのように設定したSuicaと登録日が表示されていれば完了となります!

Coke ONでSuicaが使用できる自販機を探す方法

ではコークオンが使える自動販売機はどのようにして探したらいいでしょうか。

実はCoke ONのアプリ内に、地図上でコークオン対応の自動販売機が確認できる機能が提供されています。

▼Coke ON のアプリ内で地図上で使用可能な自動販売機をする方法はこちらの記事をご参照ください。

『Coke-on(コークオン)』対応自販機の場所を確認・発見する方法-どこにある?を徹底解決!

2022年2月17日

Coke ONで利用できるその他の決済方法

Coke ONではSuica以外でも既に数多くの決済手段を導入しています。

Coke ONで利用できる決済手段は以下を参照してみてください。

キャッシュレス系アプリ

クレジットカードブランド

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Apple Pay

電子マネー

  • 交通系電子マネー(Suica、PASMOなど)
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • Pitapa

まとめ

いかがでしたでしょうか。

個人的には最も信頼できるペイ機能が「Suica」になっていますので、このような形でSuicaの対応範囲が広がっていくのは嬉しいですね!

実装後、みなさんもお試しくださいませ!