GoGoAnime(GOGOアニメ)の危険性とリスクを徹底解説-逮捕や訴訟の可能性




この記事は、違法アニメサイト「GoGoAnime」の危険性について解説します。

b9goodなどと並び、違法アニメサイトとして知名度のある「GoGoAnime」ですが、PC/スマホでアクセスしてみると、大量のマルウェアへの導線が仕掛けられています。

今回は、「GoGoAnime」の危険性やそのまま利用しているとどうなるのか?逮捕や訴訟リスクについても解説します。

GoGoAnime(GoGoアニメ)の危険性①:ウィルス感染(PC)

1つ目は「ウイルス感染」です。

特にPCブラウザでGoGoAnimeにアクセスしてみると、そのリスクを顕著に確認することができます。

GoGoAnimeの動画再生プレイヤー部分に仕掛けられた「脅威」

PCにウイルス検知するセキュリティソフトがインストールされた状態で、サイトにアクセスしてみると、

▼早速このように反応します。

これは、動画が再生されるプレイヤー部分に仕掛けられたもので、実際に「脅威」とされているものが具体的に何かは検証できませんが、ユーザーにとってリスクがあるものが再生と同時に動いているのは間違いなさそうです。

仮想通貨の採掘やトロイの木馬の可能性も?

某漫画サイトでは、ユーザーのPCリソースを使って仮想通貨の採掘が行われていたり、トロイの木馬などプライバシーに重大な影響を与えるウイルスに感染したりなど、深刻な影響が出ます。

ちなみに「トロイの木馬」とは

有名で悪質なマルウェアの一つで、感染した場合、PCが勝手に意図しない動作をする・ネットワーク間でやり取りする情報(銀行口座・クレカ等も含む)を監視される、など自分のPCが外部ハッカーの思い通りの動作させるなどの症状がありますが、これに限りません。

最悪の場合、知らないうちに銀行口座の預金が移動させられていた、連絡帳の連絡先が全てネットに後悔されていた、保存していた動画ファイルと自分の名前がセットで後悔されていた、などの恐ろしい事例があります。

GoGoAnime(GoGoアニメ)の危険性②:マルウェアのインストール(スマホ)

スマホからアクセスした場合でも、結果としてマルウェアと何ら変わらないアプリを知らないうちにインストールしている・そのアプリからネットでやり取りした情報(自分の金融系情報含む)が漏れている、勝手に利用されているなどのリスクが発生します。

スマホからのアクセスではウィルス感染で煽られる

▼スマホからアクセスしてみると、このように突然ポップアップが表示され、注意喚起がされたかと思ったら、

▼別の画面(サイト)に勝手に移動させられ、「ウィルスが見つかりました!」と表示されます。ポップアップを閉じたあと、今すぐ修復をタップすると、

▼このように、見知らぬアプリのインストール画面に飛ばされます。

スマホでは最も気をつけたい「VPNアプリ」のインストール

この場面で表示されるアプリはたいてい「VPNアプリ」とされており、これらのアプリをインストールすることによって、スマホでネット接続中やり取りされる情報が勝手に監視されたり、盗み見られたりします。

ちなみに「VPN」とは?

「VPN」とは、ネット上に専用線を設定し、特定の人たちのみが利用できる専用ネットワークを構築・利用することです。

こうすることでネット接続速度の改善や海外サービスの利用、正当なサービスであればよりセキュアな接続が可能になります。ただし、悪意のあるVPNサービスの場合、インターネットのやり取りが盗聴されてしまったり、情報が盗まれたりすることもあります。

GoGoAnime(GoGoアニメ)の危険性③:逮捕・訴訟リスク

まず違法なサイトであるGoGoAnimeにアクセスしただけでは逮捕や訴訟リスクはありません。

GoGoAnimeにアクセスし、いずれかのアニメ作品を閲覧した時点で逮捕や訴訟のリスクがあります。その理由について説明します。

GoGoAnimeを利用して逮捕・訴訟リスクが発生する理由

まず、 違法サイトにアクセスしてから法律違反に該当する行動としては、アップロードされている作品をダウンロード保存する、という行動が対象となります。

GoGoAnimeにアクセスし、動画を再生した段階では、動画ファイルをダウンロードしているようには全く見えませんが、「ストリーミングで閲覧している」と思っているその動画実はブラウザのキャッシュファイルとして保存されている可能性があります。

そもそもキャッシュファイルとは、同じウェブサイトに2回以上訪れた際に、2回目以降のページ表示スピードを高速化させるため、アクセスした端末側に画像などのファイルを保存させておく機能ですが、同じような要領でストリーミングで閲覧している動画ファイルもブラウザ内に保存されている可能性があります。

GoGoAnimeの摘発後、あなたがアクセスしている履歴が公開されたら…

近い将来、GoGoAnimeが摘発され、アクセスしたユーザーの所在地や名前が明らかになった際に、この「キャッシュ」が「ダウンロード保存した」とみなされてしまう可能性もあります。

そうなった場合明確な著作権法違反として立件される可能性があり、逮捕、もしくは作品の制作会社や権利者から著作権侵害による訴訟を起こされる可能性もあります。

まずこれが一つ目の危険性である「逮捕・訴訟リスク」です。

GoGoAnime(GoGoアニメ)の危険性④:親・家族にバレる

次に①の逮捕・訴訟が行われた際に、自宅に通知が届けられます。その通知を直接自分で受け取ることができず親や家族などが先に見た場合、いわゆる「親バレ」ということになります。

ここでバレるという内容としては、逮捕や訴訟に合わせて自分に通知が来ていることのみならず、 自分が違法サイトを利用してお金を払わずアニメ作品を閲覧していた、という反社会的行動がまず家族家庭にバレてしまいます。

そのようなことが起こった後の対応については各家庭によって様々ですが、自分が隠れて反社会的な行動をしていたということが近親者にバレてしまうということは、今後の行動範囲や自分が取れる選択肢に影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、GoGoAnimeの危険性・リスクについて解説しました。

今回の危険性としては、利用者が違法コンテンツを利用することによって降りかかるリスクの数々でしたが、そもそもアニメも膨大な予算とリソースがかけられた「作品」となります。

日本においては重要な産業となる「アニメ」ですので、無料での方法論を探すよりもできるだけおトクに多くの作品を閲覧できるサービスを探すようにしてみましょう。