違法アニメサイト「b9good」の危険性-ウィルスの巣窟・違法性について解説




この記事は、違法アニメサイト「b9good」の危険性について解説します。

漫画サイトの取締りが進み淘汰が始まっていながらもまだ違法のアニメサイトが素知らぬ顔で運営している今日このごろ。違法アニメサイト「b9good」もその一つで未だに動画が見れる状態にあります。

今回は、その「b9good」について、利用に際しての危険性・著作権違反で摘発される可能性などについて解説します。

違法サイト「b9good」とは?

中国のサーバーで運用される違法アニメサイト

一見アニメ配信サイトに見える「b9good」というサイトは、中国のサーバーで運用されている違法アニメサイトです。

サイトにアクセスすると、大量のサムネイルを見ることができますが、これら全てが権利者の許諾なくアップロードされた違法アップロードコンテンツです。

あらゆるリンク部分にマルウェアへの導線が設置されている

このサイトにアクセスしてみると、トップページが表示されるやいなや、どのリンクをクリックしても上記のような警告画面が表示されます。

これは、端末にセキュリティソフトをインストールしている場合に警告として表示されますが、適切にこのようなセキュリティが施されていないと、自動的に端末がマルウェアに感染することになります。

個人情報(クレカ番号やセキュリティコード)などが盗まれる危険性

このようなマルウェアに感染したり、

▼開発元が不明なセキュリティソフトをインストールすることで、

端末内のデータを勝手に別の場所に送信したり、「セキュリティの高いブラウザ」としながらも、ブラウザ画面上で入力したクレジットカード番号やセキュリティコードが盗み見されている可能性もあります。

このような危険性のあるマルウェアへの導線があらゆる箇所に設置されているのが「b9good」というサイトです。

b9goodの危険性①:ウィルス・マルウェアの感染や違法VPNアプリのインストール

では具体的にどのような危険性があるのか解説します。

PCサイトはウィルス・マルウェアなどの巣窟状態

▼まずサイトにアクセスしてなにか閲覧できるものがあるか確認するため、任意のサムネイルをクリックします。

▼すると、すぐさまPCのセキュリティソフトが反応します。今回検出したのは「トロイの木馬」。

▼その他にも、「危険なコンテンツを含む可能性があるWEBサイト」にひっかかるサイトへの誘導がなされていたりします。

これらのサイトにはセキュリティのガードによって実際にはアクセスしていませんが、セキュリティが充分に機能していない場合、またはセキュリティソフトを利用していない場合などは、知らずにアクセスしマルウェアに感染する可能性が充分にあります。

ロボット判定を装い、ブラウザの通知許可を求めるスパムも

自動的にアクセスさせるサイトやスパムの中には、
▼このように人間からのアクセスかどうかを判別する認証画面と見せかけて、画面の左上を注意深く確認してみると…

▼このようにChromeブラウザのプッシュ通知を求めるものだとわかります。

ひとたびこの通知の許可を許可するによって行ってしまうと、

▼Windowsにおいてはこのような嘘のアラートが頻繁になるようになります。

これは、使用者の不安を煽ることで、別のセキュリティソフトをインストールさせようとするスパムですが、その先にある違法なソフトをインストールすることによって個人情報などが簡単に抜かれてしまうということもあります。

そのため、プッシュ通知自体は無視すれば問題ありませんが、それに煽られて不用意にいかがわしいソフトを入れてしまうことが最大のリスクとなります。

スマホサイトは危険なVPNアプリへの誘導ばかり

PCサイトがもはや地雷原のようにマルウェアを仕込むための導線だらけなのは上述した通りですが、スマホからアクセスしてみても、同じ様にVPNアプリをインストールさせるための嘘のアラートが頻出します。

▼スマホからアクセスしてみると、PCサイトと同じ様にアニメのサムネイルをタップすると、このように不安を煽る注意文言が出現します。

▼これらのアラートポップアップに表示されている了解しましたも選択肢が1つしかなくこちらをタップすると、

▼アプリストアに移動し、このようなセキュリティソフトのページに移動します。

このようなアプリが最も危険で、セキュリティソフトと言いながら、端末内の行動を監視し、時にユーザーが入力した文字(クレジットカード番号や暗証番号、パスワードなどを含む)を盗み見ていることもあります。

このように、PC/スマホ両方において、b9goodにアクセスすると、ありとあらゆるタイミングでマルウェアへの誘導をされてしまうため、PC/スマホに詳しい人でもアニメを閲覧するために「b9good」を利用するのは不可能に近いでしょう。

b9goodの危険性②:著作権法の違反・摘発の可能性

もう一つのリスクは「著作権」の違反リスクです。

現行では「ダウンロード保存」しなければセーフだが…

現在の著作権法での「違法となる行為」の定義は

  • 権利者の許可なく動画等をアップロードすること
  • 違法にアップロードされたことを知りながらダウンロードすること

の2点です。

このため、「b9good」でもダウンロードをしなければ問題にならないのではないか?と考えることもできますが、以下の挙げる様々な落とし穴が存在します。

b9goodで「ダウンロードしていない」と言い切れる証拠は…?

これらの違法サイトでアニメを閲覧していて「ダウンロード」などのボタンを押していない、ファイルが見当たらないからダウンロードしていない、と思ってしまうかもしれません。

しかし、ウェブブラウザには快適さを実現するための機能として「キャッシュ」というものがあり、実際的にはファイル等を一時保存する機能ですが、「b9good」では、どのタイミングでキャッシュが行われているかは通常判定できません。

つまり、サイトの快適性と称してブラウザキャッシュ機能を利用し、勝手にダウンロードしている可能性もゼロではありません。

このように「サイト上の操作でダウンロードしていない」ということは言い切れず、知らず知らずのうちに「保存」を行っているケースも考えられるのです。

キャッシュを「ダウンロード」とみなされる可能性も

かつてのMusic FMなど違法音楽アプリではダウンロード保存することを「キャッシュしている」といって直接的な違法性を避けるような文言を掲載していました。

現段階までの判例でも「キャッシュがダウンロード保存扱いにされた」という記録はありませんが、アニメを扱う制作・配給業界が本気で動けば、そのあたりも法改正が行われる可能性がありますし、著作権法47条の4にてストリーミングは合法とされる文言がありますが、「あくまで合法サービスであることに限る」という一文があるため、現行法でも違法になる可能性が充分にありますね。

もし、摘発された場合に「これはキャッシュだから」と言い訳しても、動画ファイルやデータが端末内から発見された場合、どのような状況であっても「ダウンロード保存していた」とされてしまうでしょう。

このことから、「データ保存しないストリーミング配信であっても違法になる可能性がある」と認識しておいたほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、違法アニメサイト「b9good」の危険性について解説しました。

やはり、法律で禁じられていることは犯罪となるリスクがありますし、あれだけのマルウェアリンクを仕込まれたサイトを見ると、感染のリスクを考え、月々数百円でAmazonプライムビデオに登録するほうが賢いのではないかと思います。

Amazonプライムビデオで視聴履歴を削除する方法

利用は自己責任ですが、リスクが高すぎるので控えておいたほうが良いでしょう。