瞑想・マインドフルネスアプリ『Meditopia』とは?使い方や料金体系・無料でどこまで使える?等徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事では、瞑想/マインドフルネスアプリ『Meditopia』のアプリを解説いたします。

自宅での作業時間も増える中、最終的に生産性を左右するのは「自宅での集中力」になります。

そんな集中力・生産性を改善できる方法として注目されている瞑想/マインドフルネス。今回はその瞑想の導入を初心者でも簡単に行うことが出来る「Meditopia」というアプリの使い方瞑想/睡眠導入の方法・継続を日常的に行うための管理方法・さらに料金体系や解約方法について詳しく解説します。

瞑想アプリ『Meditopia』とは?

流行して久しい「マインドフルネス」や「瞑想」。ストレス耐性や集中力の改善に効果があるほか、うつ・不安障害・精神疾患の治療に利用されることもあります。

その「マインドフルネス/瞑想」アプリを使って簡単に導入することができるというのが今回ご紹介する「Meditopia」です。

アプリのダウンロードはこちら

Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠
Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠
開発元 : yedi70

大きく分けて「睡眠の改善」と「マインドフルネスの実践」

この「Meditopia」というアプリは内容を大きく分けると「睡眠の改善」「マインドフルネスの実践」になります。

▼その他にも「ストレス・不安」に対してのプログラムや「体調」をメインに据えたプログラムも用意されています。

『Meditopia』の料金体系は?無料でどこまで使える?

この「Meditopia」というアプリは、無料でも利用することができますが、大半のコンテンツが月額料金を支払って利用可能となります。

『Meditopia』の料金

▼「Meditopia」に収録・更新されているコンテンツを全て利用するには、有料登録を行う必要がありますが、

▼その月額は780円、年払いの場合、6,000円となっています。

7日間の無料トライアルがある

有料に登録してどこまで有用なコンテンツがあるのか不安、という方に7日間の無料トライアルが存在します。

これは、有料課金の登録をすると自動的に付いてくる無料期間で、もしお試しとして利用する場合は、有料登録後、解約作業を行う必要があります。

もし、6日目に解約手続きを行えなかった場合は、初年度分の6000円がApple IDのアカウントに請求されてしまいますので、注意が必要です。

『Meditopia』は無料でどこまで利用できる?

▼「Meditopia」の画面は今日見つける睡眠音楽という並びでコンテンツが分かれており、

それぞれ特化した内容のプログラムが表示されています。

無料会員のままで利用できるのは、睡眠メイン・マインドフルネスのプログラムなどそれぞれのジャンルで最初のお試しコンテンツ(2~3回分)となっています。

▼それ以降はこのようにそれぞれのサムネイルに鍵マークが付けられ、

これらのコンテンツは有料登録を行って以降、利用することが出来ます。

『Meditopia』の使い方

それでは、この「Meditopia」の使い方は一体どういった内容なのかをご紹介いたします。

「瞑想/マインドフルネス」の実践を行う

▼まずアプリを起動しはじめての瞑想をタップしてみると、

▼このように音楽プレイヤーのような画面になり、アンビエントなBGMとともに女性の声でここからどのように「瞑想」へと自分を導入していくかが優しく語られます。

▼時間が経過してくると、画面はこのように経過時間の表示になり、

ナレーションとなる女性の声の内容は

  • 鼻から息を吸って深呼吸
  • 全身の力を抜いて体を重力に任せること
  • 考え事をできるだけ「眼の前の呼吸」に重点を置くこと

が語られます。

無料版としては短めの2分の瞑想が利用でき、それ以上長い時間のプログラムになると有料登録が必要になります。

『睡眠』に関する実践を行う

アプリの睡眠タブを確認してみると、

▼このように睡眠に関するプログラムが表示されています。

▼これらのコンテンツをお試しで利用してみると、いずれのコンテンツと同様に

音楽プレイヤーのような画面となり、アンビエントなBGM・女性の声での語りかけが始まります。

再生を始めると、こちらも同様に深呼吸・考え方・思考の整理などが呼びかけられ、現状を俯瞰することとそれを客観的に受け入れること、などが語られます。

リラックスのために用意された音楽を聴く

アプリの音楽タブを見てみると、

▼このように自然の音やリラックスのために用意された音楽を聴くことが出来ます。

これらのコンテンツも一定の量は無料状態で聴くことが出来ますが、大半は有料課金を行ってからお試しを行うことが出来ます。

▼いずれかの音・音楽を選択すると、このように再生時間を選ぶことができますので、設定後スタートをタップすると、

▼このように音楽再生のみ行うことができます。

自分がもし、マインドフルネスの導入や深い睡眠を取るまでの導入に慣れている場合は、このような「音楽再生」のみでそれらを実践できます。

毎日の瞑想/マインドフルネスの実践を管理する

▼画面右下のプロフィールをタップすると、このように毎日の利用状況を確認することができます。

マインドフルネスは一度や二度単発で行うだけではあまり効果は望めず、できるだけ毎日・長期間に渡って行うことが良いとされています。

それ故、このプロフィールページにてどれくらい継続して行うことが出来たかを確認できるのは非常に便利ですね。

『Meditopia』を解約する方法

もし無料トライアルを利用してみて、当初の想定とは違っていたと感じていた場合、登録から6日目までは無料で利用できますので、以下の手順にて解約作業を行いましょう。

App Storeからサブスクリプション一覧を見る

ひとまずは現状の定期購読の状態を確認する必要があります。

▼App Storeのアプリを起動して、 画面右上にある Apple ID のアイコンをタップします。

▼そうすると Apple ID に関するアカウントの情報が表示され、サブスクリプションと表示されている部分がありますのでこちらをタップします。

▼そうするとMeditopia Premium Annualと表示されていますので、こちらをタップします。

▼次に各料金プランが表示される一番下に無料トライアルをキャンセルするとありますのでこちらをタップ。

▼確認用のポップアップが表示されますが、こちらも確認をタップします。

▼そうすると画面上に◯年◯月◯日終了予定と表示されますので、これにて課金登録の解除が完了したことになります。

ちなみに、解約作業をこちらに記載している「終了予定日」までは、有料向けコンテンツを利用することができますので、「うっかりの解約忘れ」を気をつけたい場合は、登録後すぐに解約作業を行う、という防止法もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はマインドフルネス/瞑想アプリの「Meditopia」の内容・使い方をご紹介しました。

自宅で過ごす時間も今後多くなる中、「なかなか集中力が上がらない」という問題に直面する機会も多いと思います。

実際にマインドフルネスを実践・継続して集中力・生産性に大きな変化をもたらしたというデータは数多く存在しますので、在宅での生産性にお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしたでしょうか!