iPhoneで『VPN』を設定する方法-本当に必要?無料で安全な接続方法や接続できない場合の対処法

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




本記事は、iPhoneでVPNに接続する方法を解説します。

外出先でフリーWi-Fiを使用する際などに、通信内容を第三者に盗み見されているのではないか?と不安になることがあると思います。そうしたリスクを低減してくれるのが「VPN」というものです。

今回はVPNをiPhoneで使用する方法や、本当に必要なのかなどについて解説いたします。

iPhoneで利用できる「VPN」とは?

そもそもVPNとは何なのでしょうか。

そもそもVPNとは?

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、直訳すると「仮想の個人回線」で、インターネットに接続・通信する際に自分個人の独立した環境での通信を実現することができるものです。

ただし、「仮想」と付いているだけあって、現実的に「自分専用のネット回線」が存在するわけではなく、VPNサービス提供者から提供されたVPNサーバーによって「仮想的」に個人回線を実現する、というイメージです。ちょっと何言ってんのかわからない、ですよね。

VPNを使うことの意味や効果は?

ではVPNを使うことの意味や期待する効果というと、VPNサーバーを介することにより

  • 送信者と受信者の認証
  • 通信内容を暗号化
  • 仮想の専用線で通信内容の保護

が実現され、シンプルに通信のセキュリティ、安全度が向上します。

また、外出先で提供されている無料のWi-Fiを使って通信した場合、暗号化が行われていないケースが多く、最悪の場合クレジットカード情報やSNSのアカウント情報などの機密情報を盗み見られていることもあります。

それらの危険を回避するためにVPNを利用します。

VPNはアプリを使ったりiPhoneの設定を行ったりすることで使用できます。無料で利用できるVPNもあります。

iPhoneにVPN接続は必要か?

最近はSSLという暗号方式が広がりウェブサービス側で暗号化の対処を行っているケースがほとんど。それでも、iPhoneを使用する際にVPN接続は必要なのでしょうか?

できるだけ安全に接続したい場合はあった方が良い

もし、自分の通信が盗み見されていたら・・・GoogleやYahooで検索を行った際の検索ワードや、ネットショッピングを行ったりネットバンキングを利用する際などに必要な口座情報や暗証番号なども通信に載せてやり取りすることになりますが、低いセキュリティ環境の場合、それらが盗み見され被害にあうこともあります。

最近は、ウェブサイト側もこうした被害に合う可能性は高くはありませんが、できるだけ安全に使用したい・リスクを最小限に抑えたいという場合にはVPNを使用する方が安心できます。

これは後述する「フリーWi-Fi」のみならず、自宅や職場のWi-Fi環境でも同様のことが言えます。

フリーWi-Fiでクレカ番号など重要な個人情報を入力する場合、VPN利用をおすすめ

特にフリーWi-Fiを使用してクレジットカードの番号や暗証番号などの重要な個人情報を入力する際にはVPNを利用した方が安全です。

基本的には避けるべきですが、どうしても外出先などでフリーWi-Fiに接続している際に重要な個人情報を入力しなければならない場合にはVPNを利用することをおすすめします。

iPhoneで無料のVPNに接続する方法

iPhoneで無料のVPNに接続する方法は2つあります。1つはアプリを使用しない方法、もう一つはアプリを使用する方法です。その方法を解説いたします!

アプリを使用せず VPN設定を行う方法

まずはアプリを使用せずiPhoneの設定でVPNを設定する方法です。

設定から一般をタップします。VPNをタップします。VPN構成を追加をタップします。 ▼タイプが「L2TP」になっていない場合はタイプをタップします。 ▼「L2TP」に変更します。VPNGateにアクセスし、「L2TP」にチェックが入っているサーバーから、(速度が速い順なので一番上がおすすめです) ▼「opengw.net」が語尾についている文字列をコピーして、▼以下を入力していきます。説明は任意のものを、アカウント・パスワードは「vpn」と入力しましょう。すべて入力し終えたら右上の完了をタップします。 ▼「状況」の右側にあるスイッチをオンにします。 ▼VPN接続が完了します!

無料のVPNアプリを使用してiPhoneにVPN設定を行う方法

続いては無料のVPNアプリを使用する方法です。

▼まずはAppStoreから「OpenVPN Connect」をダウンロードします。 ▼アプリがダウンロードできたら、VPNGateにアクセスし、「OpenVPN設定ファイル」をダウンロードします。(こちらもiPhoneの設定からの際と同様に、一番上がおすすめです)
▼ダウンロードをしたファイルを開き、OpenVPN Connectで開くを選択します。 ▼ファイルがアプリ内でアップロードされますのでADDをタップします。
▼さらにADDをタップします。 ▼許可を求められますので許可をタップします。 ▼スイッチが表れますのでオンにします。Yesをタップします。 ▼VPN接続が開始されました!

VPNアプリをインストールさせようとする広告、危険?

無料のVPNアプリの中には、個人情報を抜き取りその情報を転売しているという危険なものもあります。

▼iPhone・Safariを利用していて時折このような広告に出くわすことがあります。カウントダウンが始まり、今すぐ指示に従わなければ!と焦らせる文言が並びます。

▼そしてその後、このようなVPNアプリのインストール画面に誘導されることがあります。見た感じ怪しさはなく、ついダウンロードしてしまう方が多いのではないでしょうか。

このようにデータ漏えい・損傷などの恐怖を煽ってインストールさせるVPNアプリはデータ収集&販売に使われている可能性も高く危険です。本当に安全なものか見極めてからダウンロードするように注意しましょう。

VPNを利用するメリット/デメリット

VPNを利用するメリットとデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

VPNを利用するメリット

セキュリティ・安全性の向上

フリーWi-Fiだけでなく、自宅や職場でもWi-Fiでインターネット接続をしていれば壁の向こうから盗聴やデータの盗み見を試みることができてしまいます。しかし、VPN接続を行っていればネット全体の安全性を上げてそうしたリスクを低減させることができます。

無料Wi-Fi利用時に安心感向上

外出時の無料Wi-Fi接続時は特にあなたの通信内容が危険にさらされています。VPN接続を利用することで通信内容を暗号化し、盗聴やのぞき見・乗っ取りなどの危険性から守ることができます。

VPNを利用するデメリット

通信速度が遅くなる場合もある

VPN接続をすることで、通信速度が遅くなってしまうことがあります。これは、VPNサーバーに同じタイミングで接続できる容量を超えてしまった場合に起こります。

バッテリー消耗が通常接続よりも多くなる可能性がある

VPN接続をすると通信内容を暗号するため、VPN接続をしない場合に比べバッテリー消耗が多くなることがあります。できるだけ充電を行いながら通信することをおすすめします。

リスクがゼロになるわけではない

インターネット接続をする上で「絶対にこれなら安全」というものはありません。どんなに信頼できるVPN接続を行ったとしても、新しく情報を盗む方法はどんどん進化しており、万が一ということもありえます。過信しすぎないように情報の取り扱いに注意することは必要です。

有害なVPNアプリを使用すると個人情報が漏洩する可能性も

安全なVPNアプリを使えば問題ありませんが、前述のように個人情報を抜き取るような有害なVPNアプリも存在します。そうした危険なアプリを使用しないようにしっかりと見極め、安全性の高いものを使用するようにしましょう。

VPNに接続できない時の原因と対処法

iOS10以降なのに「PPTP」のVPNを利用している

iOS10以降のバージョンでは、VPN接続の中の「PPTP」は利用できなくなりました。iOS10以降の場合、「L2TP」もしくは「IPsec」を選択する必要があります。

設定から一般をタップします。VPNをタップします。VPN構成を追加をタップします。タイプをタップします。L2TPもしくはIPsecを選択しましょう。

iOSのバージョンが最新ではない

iOSのバージョンが最新ではない場合、VPN接続ができないことがあります。iOSのバージョンが最新かどうかを確認し、最新でない場合は最新のものにアップデートを行いましょう。

Wi-Fi接続が不安定

Wi-FiでVPNを使用する際、Wi-Fi接続が不安定だとVPN接続がうまくいかないことがあります。Wi-Fiの接続状況を確認し、安定した状態で再度チャレンジしてみましょう。

まとめ

今回はVPNをiPhoneで使用する方法や、本当に必要なのかを解説しました。VPNを使用しなければただちに何か被害に合ってしまう、というものではありませんが、できるだけ安全にインターネットを使用するためにはVPN接続を活用することが望ましいです。