【iPhone】iOS15でSafariのアドレスバーを画面上に戻す方法-タブバーのメリットも解説

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




本記事は、iPhoneのiOS15で実装されたSafariのアドレスバーが画面下側にある変更について、「上に戻す」方法について解説します。

各所で「改悪」と称される今回の仕様変更ですが、設定アプリから簡単にもとに戻すことができます。

iOS15のSafariでアドレスバーを上に戻す方法

それでは早速、Safariのアドレスバーを以前の画面上部に戻しましょう。

▼まず、設定アプリを開き、Safariの項目がありますので、こちらをタップ。

▼次に「タブ」の項目にてタブバーシングルタブの項目がありますので、これをシングルタブに設定します。

▼そして、直後Safariを確認してみると、アドレスバーが画面上部に戻っていることが確認できます。

アドレスバーが下にある「タブバー」設定でのメリットとは

新しいSafariの仕様として登場したこのタブバー。各所で「改悪」と称されていますが、タブバー独自の便利な機能も存在します。それは「横スワイプによるタブ切り替え」です。

▼タブバーの状態で画面を表示中、アドレスバー付近を横スワイプすることによって、

▼このように隣のタブに移動することができます。

これはシングルタブの機能では搭載されていません。

▼とはいえ、従来から搭載されているこちらのタブ一覧へのボタンをタップすると、

▼このように画面のサムネイル付きでそれぞれのタブを一覧することができますので、タブの切り替えはこちらの方が早いか?と思う始末。

「横スワイプにてタブ移動できるメリット」「慣れない下側のアドレスバーというデメリット」を考えると、以前の画面上部にアドレスバー表示を行う方が使いやすいと思う方は多いハズ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

iOS15にて今回も様々な新要素がありますが、中には従来からの変化の度合いが大きく使いにくいケースも。今回ご紹介した設定変更にてどちらが使いやすいか試してみてください!