超便利な『Google翻訳アプリ』の「リアルタイム翻訳」の使い方-カメラや会話翻訳の精度も検証!




今や知らない人はほぼいないと断言できるほど有名な「Google」。中でも同社が提供している「Google翻訳」サービスは、誰もが一度は使ったことがあるでしょう。

本サービスは無料でありながらも、正確にテキストを翻訳してくれる優れもの。最近では念願のモバイルアプリが登場しており、その使いやすさから各地で話題を呼んでいます。

そこで今回は、Google翻訳アプリが誇る「リアルタイム翻訳」がどんなものか、どれほど便利なのかを詳しく解説したいと思います!

『カメラ翻訳』- カメラで写したテキストをリアルタイム翻訳

Google翻訳アプリにおいて、最も話題を呼んだ機能がこちらの「カメラ翻訳」。カメラに映り込んだテキストをリアルタイムに任意の言語へと転換してくれます!

▼「ホーム」画面で📷カメラ入力をタップ。

▼翻訳したいテキストにカメラを向けると、自動的に転換されます。

さらに同アプリでは画面をスキャンしてテキストを検知するのも可能で、より正確に翻訳することもできます。

▼カメラモードの状態で、画面下部の📷ボタンをタップ。

▼すると翻訳したい言語のテキスト(ここだと英語)をスキャンしてくれます。

▼テキストが青い四角で囲まれるので、翻訳したい部分をなぞってください。

▼ハイライトされた部分のテキストが的確に翻訳されます☆

『音声翻訳』- マイクに向かって話すとリアルタイムで翻訳

Google翻訳アプリでとても重宝される「音声翻訳」は、スマホに話しかけるだけで、アプリが自動的に翻訳して音声再生してくれます。

『会話翻訳』- 相手がいる会話もリアルタイム翻訳しながら進行できる

特にコミュニケーションの場で非常に役立つ「会話翻訳」は、異なる言語を話す人同士の会話を快適かつ正確にアシストしてくれる機能です。

こちらも互いに話し込むことで、自動的に翻訳して音声を再生してくれます。

『手書き入力翻訳』- 手書き文字を文字認識してリアルタイムで翻訳

海外でも「方言」があり、音声入力でも正しく表示されない・分からない、という事態に陥った場合は、相手にその喋っている内容を描いてもらいそれを翻訳してもらう、ということも可能になっています!

オフライン時の利用は可能?

オンラインアプリを利用するうえでユーザーが必ず考慮する点が「オフラインでの使用は可能か」です。どんなにアプリが優れていても、ネットがない場所で使えなければ意味がありません。

でもご安心ください!

本アプリはオフライン時でも一部機能が使えるようになっているので、どんな山奥でも、電話がない島でも、アプリを活用することができます♪

オフライン時に使える・使えない機能の詳細については、こちらの記事をぜひご覧ください!

【海外でもOK】話題のアプリ「Google翻訳」はオフラインでも使用可能!やり方を徹底的に検証!

2019.05.17

気になる翻訳の精度は?

さて、ここまではGoogle翻訳アプリの機能が如何に充実しているかをご説明してきました。

仕事では日本語・英語どちらも使用する筆者としてはGoogle翻訳アプリを色々なところにかざして確認してみたところ、文字の認識精度に時折間違いがある程度で、ほとんどの箇所を正確に翻訳できていました!

また、先日訪れた観光地で海外からの旅行者が日本語で書かれたお品書きをGoogle翻訳のカメラを使って内容を確認していました…!

(宗教上の問題で食べては行けないものもありますからね‥。)

国内にとどまらず利用者を広げ精度も上げてきているGoogle翻訳、ですが、

▼カメラ機能のリリース間もない頃は、ネットユーザーの大喜利につきあわされる事もあったようです‥。

とはいえ、着実に精度を上げて来て、今現在だと他の翻訳ツールが追随できないレベルまで到達しているGoogle翻訳。

まとめ

いかがだったでしょうか?

Google翻訳の一番のポイントはなんといっても即座にテキストを翻訳してくれる点で、忙しいときでも安心して利用できます。

1人旅行や家族旅行時に快適に予定を進めれるよう、この頼もしいアプリをご利用になってはいかが?