iPhoneのパスコードを忘れた!初期化したくない!そんな時の対処法-パソコンがない時の方法も解説

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




本記事は、iPhoneのパスコードを忘れた時の対処法を解説します。

FaceIDが登場したことにより、毎回パスコードを入力しなくとも、iPhoneのロック解除を行うことができるようになりました。しかし、基本的にはパスコードを入力する必要があります。

そんなとき、パスコードを忘れてしまっているとロックが解除できなくなってしまいます。

今回は、iPhoneのパスコードを忘れてしまった場合の対処法、初期化は回避することができる?初期化しても安心な事前のおすすめ設定について解説いたします。

iPhoneのパスコード。忘れたらどうなる?

iPhoneのパスコードを本当に、完全に忘れてしまった場合、iPhoneの初期化は避けることはできません。たとえパソコンを持っていても「初期化」というプロセスは経なくてはいけません。

ただし、iCloudにあらかじめバックアップをしておけば、データが消えるのは防ぐことができます。

▽iCloudを使ったバックアップ方法については、以下の記事をご覧ください。

【iPhone】iCloudバックアップを使ってデータの復元を行う方法-できない場合の対処法も徹底解説!

2021年7月29日

パスコードを忘れた時に行う、3つのiPhone初期化方法

パスコードを忘れた時には3つの方法があります。いずれもiPhoneを初期化する方法です。

方法その①:PCを使ってリカバリーモードを使用する

ひとつめはパソコンを使い、iPhoneを「リカバリーモード」にして初期化する方法です。

まずはケーブルでパソコンにiPhoneを接続し、iTunesを起動します。その後、①音量を上げるボタンを押してすぐに離す②音量を下げるボタンを押してすぐに離す③電源ボタンを長押しし続けます。

▼りんごのマークが出ても長押しし続けます。

▼すると、このような画面になり、iPhoneが「リカバリーモード」になります。 ▼パソコン上にはこのように表示されますので、復元をクリックします。▼その後、確認が出ますので復元とアップデートをクリックします。

このあと、一定時間経過後、PCとiPhoneの接続を解除し、iPhoneの再設定を行うことができます。

方法その②:「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化する

2つ目は、iCloudの「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化する方法です。

▼パソコンでiCloudを開き、「iPhoneを探す」をクリックします。

▼上部にある「すべてのデバイス」から初期化したい端末を選択します。

▼「iPhoneを消去」をクリックします。

▼「消去」をクリックします。

▼AppleIDとパスコードを入力します。▼すると、端末の方で許可を求められますので、許可します。 ▼確認コードが端末に表示されます。この確認コードを、▼iCloudに入力します。

▼電話番号を入力します。

▼端末に表示されるメッセージを編集することができます。編集したら「完了」をクリックします。

▼すると、消去が開始します。

▼端末には消去後このように表示されますので画面を上にスワイプします。 ▼完全に初期化されていることがわかります。 ▼そこでまずAppleIDとパスワードを入力します。 ▼その後、新しいパスコードを入力することができます! ▼再度、同じパスコードを入力します。 ▼ここで「iCloudバックアップから復元」をタップします。 ▼すると、最後にバックアップを取った日付が表示されますので、タップします。 ▼そのまま画面に従って設定を完了させます。 ▼すると、復元作業が開始されます。 ▼この画面になったら、新しく設定したパスコードを入力します。▼初期化前の画面が登場し、データなども消えておらず復元できていました!

方法その③:パスコードを10回失敗しリセットする

3つ目の方法は、パスコードを10回失敗するというものです。これは事前に設定で「データ消去」をオンにしておく必要があります。

設定FaceIDとパスコードをタップします。

▼パスコードを入力します。 ▼一番下にあるデータを消去をオン(緑色)にします。使用をタップします。これで準備は完了です!データを消去をオンにした状態でパスコードを規定の回数間違えると、下記のように表示されます。
  • 5回間違える→「1分後にやりなおしてください」
  • 6回目間違えると→「5分後にやりなおしてください」
  • 7回目間違えると→「15分後にやりなおしてください」
  • 8回目間違えると→「15分後にやりなおしてください」
  • 9回目間違えると→「60分後にやりなおしてください」
  • 10回目間違えると→データが消去され、iPhoneは初期化されます。(データを消去をオフにしている場合は、ロックされます)

初期化されたあとの流れは「「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化する」と同じで、iCloudでバックアップを取っていれば元通りに復元することができます。

初期化を回避するパスコード解除方法はある?

パスコードを忘れてしまった場合に、「初期化」をせずにパスコードを解除する方法は基本的にはありません。そのため、データが消えてしまうことを防ぐためにも、iCloudバックアップがきちんとできているかどうか、設定などを日頃から確認しておくことが大切です。

パソコンがあればiCloudから簡単にデータの復元をすることができますが、パソコンを持っていない場合には「方法その③」でご紹介した「データ消去」でパスコードを初期化する方法しかありません。「データ消去が」オンになっているか確認しておきましょう。

まとめ

今回はどうしてもパスコードを忘れてしまった場合の対処法について解説いたしました。事前に準備をしておけば、パスコードを忘れてしまっても初期化し、かつデータを消去せず元通りに復元することができます。いざという時に備え、準備をしておくことをおすすめします!