iPhoneの「自動ロック」の設定方法-ロックしない・5分以上の設定など使用方法を徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




本記事は、iPhoneの「自動ロック」の設定について解説します。

iPhoneのデータやプライバシーを守るために重要な機能「自動ロック」ですが、自分しか触らない瞬間には少し煩わしいと感じることもあるかもしれません。

そこで今回はiPhoneの「自動ロック」機能について、一時的にロックされないようにしたり、あるいはロックされるまでの時間を5分以上にするなどの設定方法を解説いたします。

iPhoneの「自動ロック」とは?

iPhoneの「自動ロック」機能とは、iPhoneの操作を一定時間行わなかった時に自動的にロックをかけるものです。

自動ロックがかかったあとはパスコードを入力するか、FaceIDでロックを解除する必要があります。自動ロックされるまでの時間は設定で30秒~5分、あるいは「ロックしない」に変更が可能です。

iPhoneの自動ロック機能を変更する方法

それでは、iPhoneの「自動ロック」機能を自分好みに変更する方法を見ていきましょう。

設定アプリから自動ロックの設定変更を行う

まずは設定画面から自動ロックされるまでの時間を変更する方法です。

設定画面表示と明るさをタップします。

自動ロックをタップします。 ▼自動ロックされるまでの時間を選択しましょう。

自動ロックが選択できない時は「低電力モード」に入ってしまっている

▼自動ロックまでの時間について、画面表示と明るさから選択しようとしても30秒以外を選択できないことがあります。

この場合はiPhoneが低電力モードになってしまっていることが原因です。

設定バッテリーをタップします。

▼低電力モードをオフ(灰色)にしましょう ▼コントロールセンターからも低電力モードをオフにすることが可能です。(下記のように白っぽい色がついていたらオンになっているのでタップしてオフにしましょう)

▼コントロールセンターに低電力モードが表示されていない場合には設定コントロールセンターから低電力モードをプラスして加え、表示させましょう。

自動ロックを5分以上・しない設定にする方法

続いては自動ロック自体をそもそもしないように設定を変更する方法です。

設定画面表示と明るさ自動ロックをタップし、なしを選択します。これで自動ロックはされません。

ロック解除時にFaceIDやパスコードを要求しないようにする方法

FaceIDはiPhoneX以降に搭載されている顔認証システムのことです。

パスコードを入力しなくとも、登録した自分の顔を認証し、自動ロックが解除されます。しかし、マスクをしている際や化粧をしていない時など、認証がされず逆に面倒に感じることもあります。ロック解除時にFaceIDやパスコードを要求しないようにする方法を見てみましょう。

設定アプリでFaceIDをオフにする

設定FaceIDとパスコードをタップし、下記赤枠で囲まれた部分を1つまたは複数をオフにすることでFaceIDはオフになります。

パスコード要求をなしにする方法

ロック解除時にはパスコードを入力する必要がありますが、このパスコードの要求をなしにする方法もあります。

設定FaceIDとパスコードをタップしパスコードをオフにするをタップします。 ▼パスコードの入力を求められますので入力します。これでロック解除時にパスコードの入力は不要となります!

パスコード要求の間隔を最大限空ける方法

パスコードを要求されるまでの時間も設定することが可能です。

設定FaceIDとパスコードをタップし、パスコードを要求をタップします。 ▼即時~最大で4時間後まで選択することができます。

「パスコード要求」が「即時」しか選べない原因と対処法

「パスコード要求」が「即時」しか選べない場合には、FaceIDがオンになっていることが原因です。上記で解説したように解除をしましょう。FaceIDをオフにすれば、パスコードを要求されるまでの時間は最大で4時間まで選択することが可能です。

自動ロックが設定できない時の原因と対処法

一定時間iPhoneを触らなかった場合に自動ロックされる設定ができない場合、どのような原因があるのでしょうか。

低電力モードに入っている

まずは低電力モードに入ってしまっている場合です。自ら低電力モードを設定している場合、そして電池残量が20%を切った場合に「低電力モードにしますか?」と聞かれ「はい」と選択している場合があります。

設定バッテリーをタップし低電力モードをオフにするか、
▼コントロールセンターからタップして低電力モードをオフにしましょう。

設定を再確認

自動ロックまでの時間が「なし」になっていないか、改めて設定を確認してみましょう。

設定画面表示と明るさ自動ロックをタップし、自動ロックまでの時間を確認します。「なし」になっていると自動ロックはされない状態になっています。

iPhoneの再起動を行う

不具合が生じている場合、iPhoneの再起動を行うことで直ることもあります。

  • iPhone5 以前→iPhone右上部にある「トップボタン」を長押しし、電源オフスライダをスライドすると電源が切れます。その後、再度「トップボタン」を長押しし電源を入れます。
  • iPhone6~8→iPhone右上にある「サイドボタン」を長押しし、電源オフスライダをスライドすると電源が切れます。その後、再度「サイドボタン」を長押しし電源を入れます。
  • iPhone X以降→iPhone右上にある「サイドボタン」と音量調節ボタンいずれか片方を同時に長押しし、電源オフスライダをスライドすると電源が切れます。その後、再度「サイドボタン」を長押しし電源を入れます。

OSのアップデートを行う

OSが最新でない場合不具合が生じる場合があります。ソフトウェアアップデートが最新かどうかを確認しましょう。

設定一般ソフトウェア・アップデートをタップします。

▼バージョンが最新かどうかを確認します。

まとめ

今回はiPhoneの「自動ロック」機能について解説しました。確実に自分しかiPhoneを触らない場合にはパスコードや自動ロック、FaceIDはオフにしておいた方が利便性は高いですよね。ただし、セキュリティのためにもこうした設定は一時的なものにしておき、普段はしっかりと自動ロックされるように設定しておくことをおすすめします!