要注意アプリ『ProCam – AI 写真編集』の解約方法-週960円の高額課金に注意!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




写真を簡単に加工して遊ぶことができるアプリ「ProCam – AI 写真編集」。しかしこのアプリ、インストールしたユーザーからは不満や悲鳴が上がっている要注意アプリなのです。

今回はこのアプリの機能を検証し、さらに万が一登録してしまった場合の解約方法をご紹介しますので必見です!

『ProCam – AI 写真編集』とは?

自撮り写真やアルバムにある写真を使って、ワンタッチで加工をして楽しむことができます。機能は「漫画の効果」「顔の老化」「性転換」「ヘアスタイルの変化」などがあります。

画面での見え方

▼こちらがアプリをApp Storeで検索したときに表示される画面です。

▼こちらがアプリを開いたときのホーム画面です。とてもオシャレなデザインです。

低評価レビューには不満の声が!

▼App Storeでのレビューを低評価に絞って確認してみました。するとアプリを使用したユーザーからの不満の声で溢れていました。「虚偽広告」「詐欺アプリ」などなど。これは要注意アプリです。

 

週間の高額課金

▼アプリを起動し、何か機能を利用しようとすると、毎週960円  毎月1950円 年間8600円という超高額課金の登録画面が表示されます。これはとても高い課金料金ですね。

▼しかも注意してもらいたいのがこの画面。これはアプリを開いて一番最初に表示される画面です。

見えにくいですが、左上の×をタップして一度このメニューを閉じ、再度開き直さないと上の画面のように「毎月」の料金が出てきません。なので先走ると「毎週」「年間」2択の課金料金しか選べなくなります!

▼3日間の無料トライアルが終了すると、毎週960円を課金することになります!

『ProCam – AI 写真編集』の解約(登録キャンセル)する方法

App Storeからサブスクリプション一覧を見る

ひとまずは現状の定期購読の状態を確認する必要があります。

▼App Storeのアプリを起動して、 画面右上にある Apple ID のアイコンをタップします。

▼そうすると Apple ID に関するアカウントの情報が表示され、サブスクリプションと表示されている部分がありますのでこちらをタップします。

▼そうするとサブスクリプション一覧が表示されますので、その中からPlus Weeklyの項目を探してタップします。

▼するとオプションが表示されますのでPlus Weekly(1週間)¥960の項目にチェックマークが付いていることを確認し、一番下にあるサブスクリプションをキャンセルするをタップします。

▼キャンセルの確認が表示されますので確認をタップします。

▼すると先ほど確認した項目からチェックマークが消え、上にあるアイコンのところが〇年〇月〇日に終了予定という切り替わりました。

▼ひとつ前の一覧に戻っても〇年〇月〇日に終了予定という表示に変わっています。これで解約作業は終了です。

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、もしくは最初から間違って課金してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019年8月3日

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『ProCam – AI 写真編集』は実際に使える?

ここからは実際にアプリの機能を検証していきます。

流行の髪型へ変化する

▼写真の髪型を用意されているヘアスタイルと合成することができます。こちらのフリー素材を使用していきます。

▼角度や大きさを変えて顔に合わせることができます。この機能は楽しめそうですね。

顔の老化

▼写真の人物の顔を簡単に老化させることができます。こちらのフリー素材を使用していきます。

▼写真を選んだあと、謎の2つの質問に答えます。

▼生活習慣で顔の老け方が変わるのでしょうか…?

▼真剣に答えを選んで、いざ20年後の顔へ!…と思ったら、なぜか画面が表示されません!

▼40年後を選んでも結果が表示されませんでした。この作業を何回か繰り返したり、写真を変えて何度か挑戦しましたが、一度も結果が出てきませんでした。アプリの不具合なのかわかりませんが、がっかりです。

顔の変化で名画になりきる

▼顔写真を使って名画の格好になりきることができます。こちらもフリー素材を使用していきます。

▼「モナ・リザ」を選びました。絵自体が小さいのであまり顔の変化がわかりません!目が変わったくらいで、これでは名画の人物になりきった気分ではないですね。

▼次は別の名画を選びました。こちらも変化がわかりにくいです。

漫画の効果

▼写真の人物をいろんなフィルターを使って効果を付けることができます。こちらのフリー素材を使用していきます。

▼適当に画面下の効果を選んでいきました。

▼フィルターの完成度は普通なのかな?…という印象でした。しかしこの機能に毎週960円の課金をすると考えると高すぎる気がしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ProCam – AI 写真編集」の機能を検証してきました。その結果、高額な課金料金に見合う機能とは思えませんでした。低評価レビューや手本のようにならない加工機能、不親切な課金料金の表示などから考えると、これは要注意アプリです。安全かどうか確かめてインストールした方が無難です。

万が一登録してしまった場合は、上記でご紹介した解約手順で解約することをオススメいたします!