ドハック

身近なものから思いっきりハックしちゃうドハック。

*

本日の人気記事

まだデータがありません。

「Googleフォト」で管理している写真をLINEなど色んな手段で共有する方法

      2017/04/30

画像管理アプリとしては(個人的に)最高のアプリではないかと思う「Googleフォト」について、その管理している写真たちを他の人達に共有する手段も、これまた色んな手段が用意されていて、目的や数量に応じて適切な共有方法が存在します。

今回はそんな写真管理の醍醐味である「共有」の機能についてGoogleに実装されている基本的な共有方法をご紹介したいと思います!

Googleアカウントを持っている人同士で共有する

まずは最もスタンダードな方法である「Googleユーザー」同士で写真を共有し合う方法のご紹介です。

アルバム単位で共有する

まずはアルバム単位で他の人たちと共有する方法をご紹介します。

▼最初にアプリの「アルバム」タブにある画面上部の「…」マークをタップします。

▼そうすると新規作成メニューが下から登場しますので、こちらの「共有アルバム」を選択。

▼このアルバムに最初に入れる画像を一覧から選択します。

▼アルバム名を決める画面が表示されますので、こちらに任意のアルバム名をつけましょう。

そしてこの画面にて右上の「共有」をタップすると

▼こちらの共有ユーザーの選択画面が表示されますので、共有先のユーザーを選択しましょう。

これで共有された側のユーザーが通知を受取ります。共有された側が既にGoogleフォトのアプリをインストールしていた場合、通知が表示され、アプリ内で共有した画像が見えるようになっています。

非常に簡単ですね!

もし共有したい相手がGoogleフォトアプリをインストールしていなかったとしたら、この方法で統一して共有する方が後々ラクですので、その方にもGoogleフォトのアプリをまず、インストールすることをおすすめします!

写真を個別で共有する

先ほどの手段はアルバム(フォルダ)を作ってその単位で共有をしていましたが、写真1枚からでも個別に共有することができます。

▼まず写真一覧が並んでいる「フォト」のタブから共有したい画像を選びます。

▼その画像をタップすると、個別表示に切り替わりますので、左下のアイコンをタップします。

▼そうするとまた、共有用のシートが下から登場しますので、こちらから共有先のユーザーを選んで完了です!

このように、Googleアカウントを持っているユーザー同士では、このアクションによって簡単に写真の受け渡しをすることができます。

親族でスマホなどが疎かったとしてもこの便利さは一度当たり前になると中々変えることが難しいので、予めGoogleのアカウントを共有したい側が作ってあげたりすると色々捗ると思います!

LINEで写真を個別に共有する

Googleフォトにある画像はなにもGoogleアカウント所持者同士でのみ共有できるだけではありません。

LINEで繋がっている友達にも個別でこの画像を送ることができますので、その方法をご紹介したいと思います。

▼まずLINEで送りたい画像を「フォト」から選び、またもや左下のアイコンをタップします。

▼また共有用のシートが表示されますが、アプリアイコンが並んでいる所を右から左にスワイプして進んでいくと、LINEのアイコンが現れると思います。

▼ここでLINEのアイコンを選択すると、このような画面が表示されますので、

余白の部分にメッセージを必要であれば挿入し、送信先・画質を選択した後、右上の「送信」をタップすると、LINEの友達に送ることもできます!

こちらもとても簡単ですね!この画面において送信先を変更すれば別の友達にも送ることができますし、LINE側で複数人のチャットが存在していれば、そのチャットスレッド宛にも送ることができます。

LINEにてアルバム単位で共有する

LINE経由でもアルバム単位の共有を行うことができます。ただし、アルバム自体がGoogleのサービス内にあるものなので、LINE経由で情報を送信したとしても相手方がGoogleのアカウントを持っていないと正しく閲覧することはできませんのでご注意を!

タブバーの「アルバム」を選択し、表示される共有したいアルバムを開き、

▼右上にあるこちらの「…」のアイコンをタップします。

 

▼次にこちらのメニューが表示されますので「共有」を選択しましょう。

▼そうすると、もう既に何度も出てきているこの画面が表示されますので、またアプリアイコンが並んでいる部分を右の方にスワイプしてLINEのアイコンを表示させ、タップします。

▼そうすると今度は送信先しか表示されないウィンドウが出てきますので、こちらにて添えるメッセージの記入と送信先の選択を行います。

記入後送信ボタンを押すと、

▼このようなメッセージがLINEで送られているのが自分側でも確認できます。

このURLリンクを相手側で開くと複数の写真のまとまりであるこのアルバム自体を共有することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は例外的な共有方法をLINEに絞ってご紹介いたしましたが、共有時に並んでいるアイコンをご覧いただくと分かる通り、通常のメールでも画像添付やURL共有によって写真、もしくはアルバムの共有を行うことができます。

さすがGoogleのアプリだけあって、シンプルに見せつつもいろんな手段が用意されていますがこの他にも共有用のシートから様々なアプリを経由して共有することはできますので、他の方法も試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
 
【おすすめアプリ】
  • Youtube動画の読み込みなし
  • オフライン再生・歌詞表示あり
  • 合法で無料の音楽アプリ
  • MusicFMが無い時の代わり
  • →こちら←

 - 画像 , , , , , , , , ,

スキップ