動画編集アプリ『Vivavideo』でモザイクを入れる方法

動画撮影→編集時に映してはいけないもの、隠さなければ行けないものが入ってしまっていた場合、それを取り除くなんてことは中々スマホだと厳しい。

どうしてもモザイクを入れる、という選択肢になりますが、今回はそのモザイクをVivavideoを使って入れる、という方法をご紹介したいと思います!

違法音楽アプリを卒業したい人に朗報!

現在、無料音楽アプリ界の中で最もスタンダードになりつつあるのが、こちらの「Spotify」。
  • YouTube・動画の再生はもちろんなし
  • 音楽レーベルがオフィシャルで楽曲提供しているので合法
という現状の要求をそのまま実現できているアプリです。
Spotify -音楽ストリーミングサービス
Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料

音声のみで通信を圧迫しない

まず、Youtube再生アプリと違い、Spotifyは楽曲を再生するのにいちいち動画ファイルを読み込むことがありません。 以前計測したSpotifyの通信量は、1時間聞いても70MB程度。 また、有料登録を行えば楽曲の音源ファイルをダウンロードして端末内に楽曲データを保存できるので

再生するのに通信がかからない

という現代のスマホの通信環境に最も適した状況に。

ダウンロード

Spotify -音楽ストリーミングサービス
Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料

「編集」から「フィルター」を選択

アプリ上でモザイクを入れたい動画を開き

▼「編集」から「フィルター」を選択します。

▼次にフィルターの種類を右にスワイプしていくと「Mosaic」という種類がありますのでそちらをタップ。

▼そうするとこのように左半分にモザイクがかかった状態になります。

好きな所にモザイクを入れるには?

上記でお見せした「左半分のモザイク」では無く、自分の任意の所に本当はモザイクを入れたいはず!

と思いますが、

現時点任意のところにモザイクを入れる機能はVivavideoというアプリでは

残念ながらできません。

また別記事・別アプリにて動画にモザイクを入れることができるアプリはご紹介したいと思います。

もし今回のようなモザイクではなく、単純に特定の場所を「隠したい」ということであれば、

▼こちらの編集>ステッカーから任意のスタンプを貼って対象が動く度に場所を調整して隠す、ということができますが、

コレジャナイという声が聞こえて来そうですね。。また、位置調整に相当な手間がかかるので、隠す部分が短めであることを願います。。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Vivavideoでモザイクを入れる方法をご紹介いたしましたが、スマホでモザイクを入れる場合、否応なしに手間がかかりますので、できれば

動画撮影時に映さないように

したいですねw