ファミレス『ココス』でもGo Toイートが使える!EPARKの「無限ココス」でお得に利用

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事は、ファミリーレストラン「ココス」でGo Toイートキャンペーンを利用する方法をご紹介します。

無限くら寿司」や「かっぱ寿司の無限ループ」など初回支払だけで後は何度でも無料で飲食ができるGo Toイートの利用方法が話題です。

今回は、同じようにファミリーレストランの「ココス」でもGo Toイートが利用でき、会計によっては、初回の支払い以降、何度でもポイントを使い(ほぼ)無料で飲食できる、という「ココス無限ループ」について解説します。

注意
EPARK経由で行う「ココス」のGo Toイートキャンペーン予約は11/16(月)に予算消化に伴い終了いたしました。

今現在は「プレミアム付き商品券」のクーポンでGo To イートを利用することができます。
▼LINEでできるGo To Eatキャンペーンの電子クーポンを購入する方法はこちら。

Go ToイートでLINEの電子クーポンを使う方法-買い方・使い方・地域を徹底解説!

2020年11月22日
注意

それまでに行った予約ではポイント獲得・使用を行うことができます。

予約後の来店・飲食・会計についての注意点はこちら

会計後のレシート送付・ポイント獲得についてはこちら

またそれまでに獲得したポイントはEPARKの予約時に使用することができます。

EPARKでポイントを使用・消費して予約する方法はこちら

ファミリーレストラン「ココス」がGo Toイート対応開始!

無限くら寿司」や「かっぱ寿司 無限ループ」などで話題となっているGo Toイートキャンペーンですが、ファミリーレストラン「COCO’S(ココス)」も対応を開始しました。

ココスは手頃なお値段で家族連れでも満足のボリュームが食べられるレストランですが、席予約1人1000円分のポイントがGo Toイートキャンペーンによって付与されることで、通常よりも更にオトクに利用できるようになりました。

ココスでGo Toイートする方法・流れをざっくり解説

以下の手順・流れがココスでGo Toイートのポイント獲得・使用・再獲得のループの流れになります。

「無限ココスループ」利用サイクル

  1. EPARKアプリを起動しお近くのココスを予約
  2. 来訪して飲食。レシート受け取り
  3. レシートをEPARKアプリで送信してポイント獲得
  4. EPARKで来店時に使用できるQRコードを作成
  5. 再度アプリからココスの席予約
  6. 飲食後の会計時に事前に作成したQRコードを提示。割引を受ける
  7. レシートを受け取り。以下、③~⑦を繰り返す。

基本的には、EPARKアプリからココスを予約するところから始まりますが、無限くら寿司と同じように、レシートをアプリから送付する必要がある点に注意が必要です。

ココスのGo Toイートキャンペーンは「EPARK」アプリが必要

ココスでGo Toイートキャンペーンを利用するには、EPARKアプリが必要です。同時にEPARKへの会員登録も必要ですが、EPARKは「無限くら寿司」のくら寿司も利用する際に会員登録が必要になりますので、登録の手間はありますが、アカウントを作っていても良いでしょう。

▼EPARKアプリのダウンロードはこちら。

EPARKアプリ
EPARKアプリ
開発元 : EPARK,Inc.

ココスでGo Toイートキャンペーンを利用しポイントを「貯める」方法

以下より、EPARKアプリを使用してココスでGo Toイートキャンペーンを利用する手順をご紹介いたします。ここでは会員登録が既に完了している前提でご説明します。

EPARKでココスの予約をする

▼まず、EPARKアプリを起動し、画面上部に表示されている検索窓をタップ。

▼そのまま「ココス」と入力すると、距離が近い店舗の名前が表示され、

▼検索をすると、その順番で店舗名がリストで表示されますので、予約を取りたい店舗の日時指定受付のボタンをタップ。

▼次に、日時指定を行います。席予約を行いたい日付・時間・分を設定します。

補足
この時、既に予約が埋まっている場合は、時間を指定をタップして選択する際に、予約可能な時間が表示されません。日付が選択できたとしても時間が表示されない場合は、既に予約が埋まっている、ということになります。

▼上記が確定したら、総人数・お子様の人数を入力、

▼最後に連絡先となる「電話番号」を入力し、内容確認へ進むをタップします。

▼次の画面で「席の予約ではなく、行列の先頭になる」ということについての了承が求められますので、了承し受付内容の確認に進むをタップします。

▼最後の確認画面で時間指定予約するをタップすると、

▼このように予約受け付けが完了します。

これで当日、EPARKに登録している名前を申し出ると、予約済みでスムーズに入店できるようになります。

飲食後、レシートを撮影しEPARKで申請する

予約当日、来店し飲食をします。この時、ランチであれば、予約人数×500円、ディナーであれば予約人数×1000円分以上の飲食を必ず行うようにしましょう。

飲食後、支払いを行いレシートを受け取ります。このレシートがポイントを受け取るための申請に必要になりますので、必ず受け取り・保存しておくようにしましょう。

レシートを撮影・申請するには、

▼まず、EPARKアプリを起動し、画面に表示されている「GoToEatキャンペーン」の画像をタップします。

▼次に、GoToEatキャンペーンの詳細説明ページが表示されますので、EPARK~詳しくはこちらの部分をタップします。

▼次に、EPARKのGoToEatキャンペーン対応方法が記載されていますので、『STEP3』に記載されている申請するボタンをタップ。

▼次にポイント確認画面が表示されますので、ポイントをためるボタンをタップ。

▼次に、EPARKで予約利用した実績ごとに情報が表示されますので、利用実績ごとに表示されている📷アイコンをタップし

その後、写真を撮るを選択、レシートを撮影後、合計金額を入力。

その後、アップロードするを押して「画像のアップロードが完了しました!」が表示されれば、レシート送信作業の完了となります。

レシート送付時の注意点

送付するレシートには、

  1. 店舗名
  2. 利用日
  3. 利用合計金額
  4. 利用人数

が1枚の画像の中にはっきり映るように撮影を行いましょう。

▼レシートが長くなってしまった場合は、このように折り曲げて撮影することでEPARK側で認識することができるようです。

領収書を送付する場合の注意点

領収書で送付する場合は、

  1. 利用日
  2. 利用合計金額
  3. 利用人数・用途
  4. 店舗名
  5. 店印

が1枚の中に入るようにします。

ここで注意したいのが、③の利用人数・用途の点で、通常「ご飲食代」と記載されるところを、例:「4名様分の飲食代として」というように「人数」と「飲食代」が併せて記載されるような書き方で領収書を作成して貰う必要があります。

ポイント反映を確認する

ポイント反映はレシート送付後翌日に行われていますが、反映が早いユーザーの場合、レシート送付後30分で付与されているパターンも有るようです。

いずれにしても一定時間待つ必要がありますので、レシート送付後は待ちましょう。

ココスでGo Toイートキャンペーンを利用しポイントを「使う」方法

1回目の予約で発生したポイントを使用する方法は、EPARKアプリを起動→GoToEatキャンペーンの画像をタップし、

▼GoToEatキャンペーンページが表示されたらみる・つかうのタブを選択、STEP3のポイントを使うボタンをタップします。

▼次のページではポイントをつかうをタップ。

▼次に、使用するポイント量を入力する画面が表示されますので、数値を入力し、QRコード生成をタップ。

そして、表示されるQRコードを次回の来店時、会計の際に提示することで、事前に入力した数値分の割引を受けることができます。

ココスの場合でも、

  • 4人分の予約→4000円以上の飲食→4000ポイント獲得

これを最初の1ターンとして、繰り返すには、

  • 再度4人分の予約→4000円以上の飲食→前回獲得した4000ポイントで支払い→4000ポイントの獲得

という形で、きっちり4000円分に支払いを抑えることで出費がほぼ無い状態の飲食を無限ループのごとく利用することができます。

Go Toイートキャンペーン期間

今回のGo To イートキャンペーンの期間が

  • ポイント獲得:2021年1月末まで
  • ポイント利用:2021年3月末まで

となっていますので、この期間内であれば、ポイント獲得→ポイント使用→ポイント獲得を連続して、ほぼ無料で一人千円のディナーを食べ続けることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Go To イートキャンペーンに絡めたココスをお得に利用する方法をご紹介させていただきました。

  • 二人以上の予約
  • 500円(ランチ)、1,000円(ディナー)以上の飲食

という条件がありますが、ファミリーレストランという特性上、1000円程度の会計にする、というのもそれほど難しくはありません。

また、平日昼間・特に土日はEPARKのサイトも繋がりにくい状態が続いていますので、キャンペーン期間終了である2021年3月末までは、ココスの継続的な大混雑が予想されますね。