Twitterの便利な「検索コマンド」完全カタログ!画像有・動画有・日付・ユーザーでの絞り込みが可能!




今やたくさんの人々がスキマ時間などに楽しんでいる「Twitter」、みなさんも面白いツイートを毎回満喫されているはずではw

さて前回はTwitterの過去ツイートの検索方法をご説明いたしましたが、

Twitterで過去のツイートを見つける『過去検索』の使い方-コマンドを使って簡単に検索

2019.03.21

今回はその際に使用した検索コマンドに加えて、その他のコマンドをシチュエーション別に色々とご紹介していきたいと思います!

ユーザー関連のツイートを検索したいとき

TO検索(to:)

▼本検索コマンドは、指定したユーザー宛てに投稿された関連ツイートを検索することができます。

検索例:山口真帆さん宛に投稿された関連ツイート

※Twitterが開きます。

FROM検索(from:)

▼こちらのコマンドは、特定のユーザーが投稿したツイートを検索することができます。

検索例:Spotifyジャパンが投稿した関連ツイート

指定期間内に投稿されたキーワード関連のツイートを検索したいとき

SINCE検索(since:)

▼本コマンドは、使うと指定した日付以降のツイートを検索することができます。

検索例:2017年7月31日以降から投稿されたラブライブ関連のツイート

UNTIL検索(until:)

▼こちらも前回出てきたコマンドで、指定した日付以前のツイートを検索することができます。

検索例:2016年12月30日までに投稿された”アップル”関連のツイート

from+until検索の組み合わせ

▼本組み合わせでは、特定のユーザーが指定日までに投稿したツイートを見ることができます。

検索例:ドハックが2016年12月30日までに投稿した過去ツイート

from+since+until検索の組み合わせ

▼本組み合わせは、対象ユーザーが「〇年〇月〇日から△年△月△日まで」に投稿したツイートを限定範囲で検索することが可能です。

検索例:2019年2月1日から2019年2月28日までにインスタグラムが投稿したツイート

画像や動画など、特定のモノを含んだツイートを絞り込み検索したいとき

画像検索(filter:images)

▼こちらのフィルターコマンドを使うと、画像が含まれているツイートの絞り込み検索を行うことができます。

検索例:柴犬まるが関連する画像を含むツイート

動画検索(filter:videos)

▼こちらのコマンドは上記とは逆に、主に動画が含まれたツイートのみを検索することが可能になります。

検索例:可愛い子猫の動画が含まれているツイート

リンク検索(filter:links)

▼こちらでは、ツイート内にリンクのURLが含まれているものを検索することができます。

検索例:リンクが含まれているドハックのツイート

複数の単語候補での検索、特定のワードを除外した検索がしたいとき

– 検索:( – ”除外したいワード”)

本コマンドはツイートの絞り込みをよりピンポイントにしてくれるもので、

▼検索したいワードと関連するツイートのうち、指定した除外ワードが含まれていないものを検索してくれます。

検索例:任天堂からのツイートのうち、「スマブラ」のワードが含まれていない投稿

AND検索:(〇〇〇 XXX・・・)

ツイッターでは「2つ以上の指定ワード」を含むツイートを検索することが可能となっているので、

▼指定したワードが多ければ多いほど、より絞り込んでいくことができます。

検索例:任天堂からのツイートのうち、「スマブラ」と「スプラトゥーン」が含まれている投稿

OR検索:(〇〇〇 OR XXX・・・)

こちらのコマンドは上記とは対照的に、

▼指定したワードのいずれか(あるいは複数)を含むツイートを検索することができます。

検索例:任天堂からのツイートのうち、「スマブラ」または「カービィ」が含まれている投稿

完全一致検索:(“XXX”)

▼本コマンドは「指定した言葉と一致するワードを含んだツイート」のみを検索することが可能です。

検索例:任天堂のツイートのうち、「クッパ」が含まれている投稿

特定の地域または言語で投稿されたツイートを読んでみたいとき

言語指定検索:(lang:)

こちらは特殊なコマンドであり、日本語や英語、さらにはフランス語など、

▼指定した言語で書かれているツイートを検索することができます。

検索例:Spotifyが投稿したフランス語のツイート

なお各国の言語については、サーチエンジンで『2文字の国名コード』と検索してみてください。

near&within検索:(near:”場所名” within:”半径”)

▼このコマンドは、指定した地域を中心に、指定した半径内で投稿されたツイートを探すという高度な絞り込みができます。

検索例:渋谷駅から半径500m以内で投稿されたツイート

geocode検索:(geocode:”緯度”,”経度”,”範囲”)

本コマンドも特殊なものとなっていて、言わば「near&within検索の上位版」と呼べます。緯度と経度、そして半径を入力すれば、その範囲内で投稿が行われたツイートが見つかります。

▼こちらは「東京タワー」の緯度・経度、さらに半径1kmを入力した後の検索結果です。

▼東京タワーが立つ東京都港区内より投稿されたのがわかります。

検索例:新宿駅から半径500m以内で投稿されたツイート

緯度と経度についてはこちらのリンクより検索・ゲットできます:https://www.geocoding.jp/

話題になっている・人気のあるツイートを読んでみたいとき

リツイート数検索:(min_retweets:)

本コマンドでは、リツイート(RT)の数が指定した数値以上あるツイートを検索することができます。

▼こちらでは、リツイート数が”100,000”以上のツイートに絞っています。

検索例:ガールズ&パンツァーの投稿の内、リツイート数が3000以上のツイート

お気に入り数検索:(min_faves:)

こちらは、お気に入り数が指定した数値以上のツイートが検索できます。

▼お気に入り数を”10000”で検索した後の結果です。

検索例:いいね!数が5万以上の「ディズニー」関連ツイート

リプライ数検索:(min_replies:)

上記同様、リプライ数が指定数以上のツイートに絞って検索できるコマンドです。

▼リプライ数”50”で検索した結果、

検索例:たつき監督の投稿の内、リプライ数が200を超えるツイート

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はツイッターでの検索をグッと楽にさせ、ターゲットのツイートをより絞り込んで探すことを可能にしてくれる検索コマンドをいくつかご紹介しました。

次回は上記よりもワンステップ上となる高度な検索コマンドのご紹介と使い方をお届けいたします。