空画像加工アプリ『PICNIC-天気の妖精カメラ』の使い方-無料で全フィルターが使用可・ロゴ消しの方法などを徹底解説!




画像加工アプリもかなりの種類がリリースされていますが、ここまで「空模様」にフォーカスしたアプリは初かもしれません。

今回ご紹介するアプリ「PICNIC-天気の妖精カメラ」は無料であるにもかかわらず大量のフィルターが提供され、なおかつ「雲の量」などカスタマイズする機能も有しています。

またアプリ名のロゴマークも無料で外すことができる親切設計っぷり。

今回は空模様カメラアプリ「PICNIC-天気の妖精カメラ」の詳しい中身・使い方・ロゴの外し方・保存方法についてご紹介させていただきます!

『PICNIC-天気の妖精カメラ』とは?

「PICNIC-天気の妖精カメラ」とは、風景に写り込んでいる「空」の部分を感知し、夕焼け・ピンク色・雲の流れや虹の追加などができる「空模様変換アプリ」です。

全ての機能が無料で利用でき、ロゴマークも無料で取り外すことができます。(どこで利益があるんだろうか?)

機能

▼こちらのツイートをご覧いただくと分かる通り、

当初はどんより曇り空だった空模様が、まばらな雲に晴れ間が差し込んでいたり、夕焼け模様だったりと、きれいに空部分を感知し、空部分のみエフェクトをかけてくれます。

ダウンロードはこちら

PICNIC - 天気の妖精カメラ
PICNIC – 天気の妖精カメラ
開発元 : ESTSoft corp.

『PICNIC-天気の妖精カメラ』の使い方

さて、ここから「PICNIC」の使い方をご紹介いたします。

写真から空の色を変える

▼まずアプリを起動するとこちらの画面が表示されます、

画面下に写真カメラのアイコンがあります。

写真ライブラリに入っている画像の空模様を変更するには

▼こちらのアイコンをタップして次の画面に進みます。

▼そうすると画面上部に表示されている3枚の画像はアプリから無料で提供されているサンプル画像で、その下に表示されているのが今使っている端末に保存されている画像一覧になります。

まずはサンプルな画像を使用してエフェクトをかけてみます。

▼サンプルの画像を選択して次の画面に進むと、

このように元画像と画面した部分にフィルターが並んだ画面が表示されます。

▼フィルターのアイコンにこのように雲のマークが付けられていますが、

▼こちらはエフェクトが反映される空の部分に雲が存在している&雲の濃さを調節できるスライダーがあるという意味合いになります。

▼それぞれフィルターを切替えていくと…

▼空の色・雲の有無などが変化していき…

▼元の画像が持ち得なかった雰囲気をもたせることができ、

同じ写真の様々な側面を垣間見ることができます。

また、夏や夕暮れのフィルターだけでなく、

▼この手のカメラアプリでは珍しい、雪のエフェクトも実装されています。

雲の量を調整する

▼このようにフィルターによっては雲のアイコンが表示されるフィルターがあります。

▼このスライダーを動かした際の変化がこちら。

雲の量が自然に、且つきれいに増えたり・減ったりしているのが分かりますね。

このように雲アイコンのスライダーを動かすことによって空模様を左右する雲の量を調整することができます。

彩度・明度を調整する

次に、▼こちらのアイコンを動かしてみた場合の変化は、

▼こちらを見ていただくとお分かりの通り、画像全体の色調を調整するスライダーになります。

特にこの場合わかりやすいのは海の色の彩度が明確に変わっているところですね。

色を濃くしていくことで深みのある鮮やかな青に変化していっていることが分かります。

このようにいずれのフィルターもこの2つのスライダーを使用して画像へのエフェクトを調整することができます。

カメラで撮影して空の色を変える

次に、カメラで撮影してエフェクトを方法をご紹介いたします。

▼アプリ起動直後のこちらの画面でカメラを選択します。

▼するとこのようにカメラ画面に切り替わります。

それぞれの機能は以下のとおりです。

  1. カメラ前後切替え
  2. 画像サイズ変更
  3. フラッシュ/タイマー/グリッド線
  4. 画像ライブラリ
  5. シャッターボタン
  6. フィルター表示

▼カメラ起動時も同様に、

▼このようにフィルターを切り替えながら、

撮影することができます。

また、空部分はリアルタイムで検知してエフェクトがかかっているので、実際の風景を見ながらフィルターでリアルタイムで変化を楽しむことができます。

画像を保存する

エフェクトをかけた画像を保存するには、

▼こちらの中央のアイコンをタップすることで写真アプリ内に保存することができます。

画像をシェアする

作成した画像をSNSなどでシェアするには、

▼こちらのアイコンをタップすると、

▼このように転送先の別アプリ一覧が表示されますので任意のアプリを選択することで

そのアプリでココでの画像を共有することができます。

ウォーターマーク(ロゴ)を消す方法

▼アプリトップ画面の右上にこのように歯車のアイコンがありますので、

こちらをタップすると、

▼このアプリの環境設定を確認することができますので、「PICNICマーク」をオフの状態にしておけば、

画像右下に「PICNIC」と入ることはありません。ただし注意が必要なのが、

▼こちらのようにアプリからサンプルとして提供されている画像には

最初から右下に「PICNIC」の文字が印字されていますので、消すことができません。

おすすめフィルター

▼こちらが元画像。これを元にオススメをご紹介してまいります!

どのフィルターもかなり完成度高く仕上がりますがその中でもおすすめなのが、

▼アプリ名と同様の「Picnic」

画像全体の彩度・明度がかなり明るく変更され爽やかで可愛い画像に仕上がります。

▼一気に夜の雰囲気になる「Night」。

空模様を単純に夜空に変えるだけでなく、周囲も暗くなるエフェクトが施されていますのでまるで本当に夜に撮影されたような仕上がりになります。

▼紫が特徴的な「Lavender」。

夜と夕方の中間のような絶妙な紫が特徴的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は空模様・天気を変更できる画像加工・カメラアプリの「PICNIC」をご紹介させていただきました。

過去にも「Everfilter(エバーフィルター)」というアプリで、空模様を変更できたり、「君の名は」風に変換できたり、というアプリがありましたが、今回の「PICNIC」も「空」に焦点を当てて様々なフィルターで遊ぶことができますので、このアプリを使って撮影をしてみる他に、過去に撮影した風景写真をこのアプリで再度違った加工にしてみる、というのも面白いですね!