iCloudでストレージプランをアップグレードする方法-できない場合の対処法など詳細解説!




Appleデバイスを利用する上でほぼマストなオンラインストレージ「iCloud」。大切なデータの保管所やバックアップ先として非常に有能

ただ、無料プランの5GBだけでも十分ですが、ヘビーユーザーの場合だとやはり物足りないでしょう。

そこで今回は、大容量ストレージプランへのアップグレード方法、そのメリットならびに各プランの料金について説明したいと思います!

大容量ストレージプランへのアップグレード方法

▼iCloudのストレージ画面にて、ストレージプランを変更をタップ

現在のプランならびに利用可能なアップグレードが表示されるので、購入したいプランを選択

▼正しいプランが選択されていることを確認したら、右上にある購入するをタップしてください

パスワードを入力するよう指示されるので、入力してサインインをタップしてください

この後表示される課金確認画面にて再度パスワードを入力、あるいは顔認証・指紋認証を行うことで、追加のストレージを購入することができます。

容量を増やす(アップグレードする)メリット

機種変更を安心して行える

機種変更時に怖いのはズバリ「データの紛失」。AppleデバイスはAndroid携帯と違って大容量のSDカードを使ってバックアップを取ることができません。

しかし事前にiCloudのプランを上位にアップグレードして大容量のデータをバックアップしておけば、買い替えが必要になった時でも安心して機種変更することができます。

その他のAppleデバイスとデータを共有できる

iCloudは基本的に全てのAppleデバイス上でログインすることができるので、バックアップしたデータを異なるiPhoneやiPadにて復旧して共有することも可能です。

紛失・故障といった不慮の事故に遭ってもデータが守れる

筆者に経験がありますが、iPhoneの急な紛失をしてしまい、その端末内に家族・友人との写真が大量に入っていましたので、復元は絶望的かと思われましたが、問題なく全ての画像がiCloudにバックアップされており、再購入後のiPhoneで復元することができました。

iCloudに予めバックアップを取っておけば、紛失・故障といった不慮の事故でスマホ内のデータにアクセスできなくなっても、別の端末でiCloudアカウントにログインすれば、いつでもバックアップ経由でデータを復旧することができます。

無料の5GBでは足りなかったので、アップグレードしていましたが、もしアップグレードしておらずその端末内にのみ写真が格納されていたら、それら写真は帰らず…になるところでした。

上位2プランはファミリー共有が可能なのでお買い得

200GBおよび2TBストレージプランではファミリー共有が可能になっている為、家族メンバーが多ければ多いほど、各メンバーごとにプランを購入するよりもずっとお得になります☆

容量を増やす(アップグレードする)デメリット

使用量が少ないと逆に損する

いざ決断して200GBなどの大容量ストレージプランを購入したものの、実際にはその1割程度しか利用できていない場合、せっかくの大容量が余ってしまい無駄に損してしまいます。

アップグレードの際は現在の使用量や今後の憶測をもとに、どれほどの容量が必要になるかをご計画されるのがお勧めです。

毎月支払わないといけない

プランの内容によっては缶ジュース一本分からタバコ1箱分の料金など、それほど財布を痛めるような価格ではないものの、毎月根気よく支払い続ける必要があります。

各ストレージプランの容量及び料金

容量 月額料金
5GB 無料
50GB 130円
200GB* 400円
2TB* 1,300円

*200GBおよび2TBプランはファミリー共有が可能

ストレージプランのオススメ

ここでは様々なユーザー向けにストレージプランを執筆者的にオススメしたいと思います。

なお、最近の写真や動画のサイズは次のようになっているので、こちらも合わせて考慮してアップグレードされるのがお勧めです★

  • 写真1枚分→4MBの計算
  • 動画1分(1080p HD/30fps)→130MBの計算
  • 4K動画1分(4K/30fps)→350MBの計算

にて計算しております。

5GBプラン

主にiPhoneをメール交換やコミュニケーションの道具として使い、アプリをほとんどインストールしない人向けのプランです。

▼このプランで写真/動画/4K動画を保存した場合の格納可能ボリュームはこちら。

写真 約1,280枚
動画 約39分
4K動画 約15分

50GBプラン

写真や動画を比較的多く撮りつつ、モバイルアプリをインストールして利用するなどのライトユーザーにオススメです。

▼このプランで写真/動画/4K動画を保存した場合の格納可能ボリュームはこちら。

写真 約12,800枚
動画 約6時間34分
4K動画 2時間26分

200GBプラン

ブログやビジネス用に最高品質の写真や動画をバンバン撮影する人や、たくさんのモバイルアプリおよびゲームをプレイするヘビーユーザーにオススメなプランです。

▼このプランで写真/動画/4K動画を保存した場合の格納可能ボリュームはこちら。

写真 約51,200枚
動画 約26時間15分
4K動画 9時間45分

2TBプラン

複数の家族メンバーがいて、かつ上記のようなヘビーユーザーであれば超お買い得といえる最上級の超容量プラン!

▼このプランで写真/動画/4K動画を保存した場合の格納可能ボリュームはこちら。

写真 約524,288枚
動画 約268時間52分
4K動画 100時間

iCloudをアップグレードできない?その原因と対処方法

iCloudの請求先情報が更新されていない

普段からiCloudの大容量ストレージプランを利用していたのに、ある日突然、今まで問題なく支払えていたにもかかわらず、上位プランにアップグレードすることができないということがあります。

実は端末を紛失あるいは買い替えたりなどをして、別の端末にてiCloud経由でデータをバックアップから復元した場合、その際にクレジットカードのセキュリティコードが引き継がれていないことが明らかになっています。

この状態だと請求先情報が合っていても、肝心なセキュリティコードが更新されていないため、アップグレード(購入)できないのです。

もし最近にバックアップからデータ復元を行った覚えがありましたら、この原因に該当する可能性があるので、セキュリティコードを改めて入力することをお勧めいたします!

既に最大の2TBプランに登録している

iCloudでご利用いただけるストレージプランの容量は現時点において2TBまでとなっています。

今後更なる上位プランがリリースされない限り、これ以上アップグレードすることは現状不可能となっておりますのでご注意ください。

その他、Apple IDへのログイン管理での不備

上記の内どれにも当てはまらず、しかし依然としてアップグレードすることができない場合、Apple IDに対するログイン管理において不備があるのか、あるいは何らかの内部的問題が発生している可能性があるので、今一度Appleのサポート窓口に連絡してみるのをお勧めします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

昨今のiPhoneモデルは従来よりも内部ストレージが大幅に増加しているので、気づいたら使用済み容量が5GBストレージプランではバックアップしきれないほどになってた!なんてことも。

特に最近ではアプリサイズが300MBから1GB(中には4GBを超えるものも)が当たり前になっているので、ヘビーユーザーであるほど、iCloudの容量を増やした方が良いでしょう★