詐欺注意!自称クリーナーアプリ『Cleany』の解約(登録キャンセル)を行う方法-知らぬ間の年間契約で13,800円を失う可能性




ネット上でブラウジングしている時、このような警告が突如でてきてパニックになったことはありますか?

これらは所謂「詐欺警告」と呼ばれ、突然の警告で精神が不安定になったユーザーに指定したアプリをダウンロードさせるという卑劣な手口であり、その上入れたアプリはほとんどが実用性の薄い詐欺アプリであり、「ウソ警告+ぼったくり」といった最悪な結果になり兼ねません。

今回ご紹介する『Clеany – Sаfе Clеаnеr』というアプリは、上記に似た手口で「iPhoneのウィルス除去」をすることを謳いつつ、ダウンロード数を稼ぎ、さらに「史上最悪な課金誘導」で超ぼったくりを狙う詐欺アプリ。

本記事では本アプリとの解約方法、その詐欺レベルな機能の検証をしていきたいと思います。

『Clеany』のApp Storeでの見え方

重複あるいは類似した写真、容量の大きい動画を整理というアプリだが・・

▼App Store上ではこのような見え方です

珍しく「初回から課金誘導」は非導入

本アプリは珍しく、その他の詐欺アプリに多く見られる「初回から購読誘導」がなく、

▼アプリの起動後はトップ画面がすぐ開きます

密かに仕込まれた「史上最悪の課金誘導の罠」

見出しタイトルの意味ですが、まずはこちらの画像をご覧ください:

これは本アプリの課金誘導画面なんですが、

▼デフォルトで選択されたプランの価格を注意して見ると、、

ね、年間プランが選択されている・・・

そう、、大抵の詐欺アプリはほとんどがデフォルトで週間(時には月間)プランが選択されているに対し、本アプリではなんと年間プランがデフォルト。しかも英語で書かれているので、それに気づかない方がいる可能性が高いです。

『Cleany』では週間・月間・年間のいずれにおいても3日間の無料トライアルが付いていますが、

逆に言えば「3日間の無料トライアル後、強制的に最大¥13,800もの法外な請求を受けるという、最悪の事態が待っているのです!

アプリのレビューには詐欺警告の被害者たちの断末魔が・・・

App Store上のレビュー欄に関しては、

▼詐欺警告の被害に遭い、詐欺アプリをダウンロードさせられた方や、

五つ星と胡散臭い好意的レビューなど、不正なやり方で高評価を得ようとする運営を罵る人も多くみられました。

解約作業が難しい点を利用した定期購読アプリ

このようなアプリには登録当初3日間の無料期間がついているものの、そもそもiPhoneアプリの定期購読を解除する作業の難易度が高く、無料トライアルがあると思って安心し、登録したは良いものを解約できずにまんまと定期購読の課金を行ってしまうという、悪意に溢れたものです。

今現在この類のアプリが氾濫している状態で、今回取り上げる「Cleany」以外にも沢山のアプリが存在しており、いずれのレビューも「詐欺!」という書き込みがありますが、法律的に取り締まる手段が無く、課金が発生してしまった場合、実際的にユーザーは泣き寝入りの状態になってしまいます。

『Clеany』の解約(キャンセル)方法

設定アプリからApp Storeの登録アプリ一覧を開く

▼まず、設定アプリを開き、画面最上部にある自分の名前のところをタップ。

▼次にiTunes と App Store をタップ

▼次に、画面上部の Apple ID が記載されている部分をタップ。

Apple IDを表示をタップ。

▼次に「アカウント」画面が表示されますので、この画面を下方向にスクロールし、

サブスクリプションという項目がありますので、こちらをタップ。

サブスクリプション画面から解約を行う

すると定期購読を行っているアプリの一覧画面が表示されますので、

▼その中にあるCleany – Safe Cleanerいうアプリをタップしてください

▼ご登録された金額の欄に✔が入っていることを確認後、下にあるサブスクリプションをキャンセルするをタップ(ここでは”1週間”)

▼確認画面が表示されますので、焦らずに確認をタップしましょう。

▼読み込みの完了後、先程までチェックがついていた箇所に何も無いことがわかります

▼さらに一覧画面に戻ると、このように「◯年◯月◯日に終了予定」に変化しています

これはその日付に定期購読が解約されるという意味合いになりますので、こちらの表示が行われていれば解約(登録キャンセル作業)は完了となります…!

これでもう安心です!

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019.08.03

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『Cleany』のアプリ内容をチェック

詐欺警告や法外な強制請求により、すでにイメージがズタズタなアプリ『Cleany』ですが、肝心な機能の有能性はいかがなものか?

本アプリでは、重複あるいは類似した写真、ならびに容量の大きい動画を削除することが主な機能となっています。

ここでは実際にアプリを利用し、上記機能の検証をそれぞれ行ってみました!

Express Cleaning(エクスプレス・クリーニング)

本機能を使うと、端末内の重複・類似した写真や動画をスキャンし、まとめて削除することができます。

因みに検証前の端末内にある該当画像は次のような、重複・類似した画像がある状態でした:

この状態で本機能を使用し、重複・類似画像などをスキャンしてみました。

▼そしてスキャンの結果がこちら:

上から順に「類似写真、スクリーンショット、ライブフォト、大容量動画」となっていますが、よく見るとスクリーンショットと動画しかなく、撮影した写真とライブフォトがありません。

しかも驚いたことに、その後も何度かスキャンを試みたところ、上記2点が検知されることは一切ございませんでした。

これはつまり、欠陥機能を提供されたと言っても過言ではありません・・・!

Organize Photos/Videos(画像・動画の管理)

エクスプレス・クリーニングが端末内の画像・動画を一括で削除するものなら、こちらは、端末内にある画像や動画を個別に削除します。

気になるOrganize Photosの画面がこちら:

上から順に「類似写真、スクショ、ライブフォト、バースト写真」となっていますが、ご覧の通りスクリーンショットしか検知されてなく、それ以外は「無い」とみなされていました(実際はちゃんとあるのに)

意図的なのか分かりませんが(恐らく意図的)、本機能は”スクショのみ検索”するようプログラミングされているように感じてなりませんでした・・・

一方のOrganize Videoに関しては正常に動画を検知しており、それぞれのファイルサイズも明確になっていました

本アプリに課金する価値はある?

ズバリ「全く価値がない」です

理由はいたってシンプルかつ明白で、

  • 詐欺警告でユーザーを騙してアプリをダウンロードさせている
  • 課金誘導画面で年間プランに購読登録させようとしている
  • そして欠陥だらけの「無料アプリ以下」のゴミ機能を平気で出してる

と、もはや詐欺アプリのエリートあるいは大ボス的存在となっています。

オススメのファイル管理系の無料アプリ

ここではお口直しとして、「類似した機能を持ち且つ無料で提供されているアプリ」を1点ご紹介したいと思います!

ALPACA

『ALPACA』は「Cleany」同様、端末内にある類似した写真をリストアップして、個別あるいは一括で削除することができます。

大きな違いはなんといっても日本語で書かれていること。そのため、「なんて書かれているのか分からない!」なんてことにもなりません♪

本アプリのダウンロードリンクはこちら:

ALPACA〜アルパカとカメラロールの画像を削除してアルバムを容量よく整理整頓
ALPACA〜アルパカとカメラロールの画像を削除してアルバムを容量よく整理整頓
開発元 : yuki tanabe

まとめ

いかがだったでしょうか?

通常の詐欺アプリに比べてはるかに悪質な手口とぼったくりを誇り、肝心な機能も欠陥だらけでほぼ使い物にならない「Cleany」をご紹介いたしました。

このような詐欺に遭わないためのアドバイスとしては、ダウンロード前にアプリのレビューを隈なく読んで、信ぴょう性が高いかを見極めることです。

大抵の詐欺アプリは「下手くそな日本語で書かれた五つ星レビュー」が多いので、惑わされないようご注意くださいませ!