天才子役寺田心くんの発言でお昼の番組「バイキング」スタジオが凍りつく




言わなくてもいいようなことを言ってしまい、発言した後にとんでもない後悔に襲われることありませんか?

大人になって良識を得られれば得られるほど、相手に気を遣うことによりその回数は日増しに増えていく気がします。

それは大人の業界「テレビ」も同様ですが、テレビに出れるような才覚の持ち主はお互いそのような場になっても独自の機転で映像に不和がないようにすることができます。

今回は出来過ぎた対応で有名な寺田心くんがお昼の番組「バイキング」で見せた一幕と取り囲む大人たちの素晴らしい反射神経を見ていただきたいと思います。

一部始終

坂上忍さんから味の感想を求められる。

続けざまに、完璧過ぎる可愛いリアクションが仕込みではないかとツッコミを入れる坂上忍さん。

笑顔で普通は言い難いであろうことをさらりと。

一瞬凍りつくスタジオ。そこで無言で頭をなでなでして完璧な対応をする坂上忍さん。

 

 

坂上忍さんが完璧に対応できた理由

普通の大人の場合、このような質問を無邪気な子供にしてしまったら「まずいことを聞いてしまった」と次の言葉を繰り出すのが難しくなる所。

実は坂上忍さん、「アヴァンセ」という子役スクールを運営しています。

しかも定員は常に一杯な状況でおそらく入学にも相当の倍率もしくは入学までの待ち時間があるのではないかと思います。

そんな坂上忍さんだからこそ寺田心くんがどのような心境であの発言をしたか一瞬で汲み取り最も適切な対応が即座にできたのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段何気なく見ているバラエティのトーク番組も見方を変えると天才たちの反射神経の応酬に見えなくもないですね。

ちなみにそんな大人に混ざって活躍する子役たちの推定年収を見てみましょう。

  • 1位 芦田愛菜 1億9,000万円
  • 2位 鈴木福  1億1,000万円
  • 3位 小林星蘭   4,500万円
  • 4位 本田望結   3,500万円
  • 5位 谷花音    3,200万円

もはやクリスマスプレゼントを買いにトイザらス1店舗を買収するレベル