お絵描きしりとりゲーム『Illust Chainer』の攻略やコツを徹底解説!オンラインで絵を繋げていく協力ゲーム




幼少時代に誰もが一度は遊んだことがあるであろう「しりとり」。一般的なものから面白おかしな単語まで、とにかく「ん」で終わらなければどんどん繋げられます♪

今回ご紹介するのは、そんな「しりとり」を「手描きの絵」で繋げていく楽しいお絵描きゲーム『Illust Chainer』です。

本記事ではゲームの遊び方、ちょっと変わったしりとりルールなどをご紹介していきます。

『Illust Chainer』のダウンロードリンク

Illust Chainer
Illust Chainer
開発元 : gun’s Turn

『Illust Chainer』とは?

『Illust Chainer』は、しりとりを手書きの絵で遊んでいく「絵しりとり系」ゲームとなっていて、オンライン・オフラインのどちらでも遊ぶことが可能です。

いかに上手に描けて、次の人がその名前を上手く連想できるかがカギであります♪

『Illust Chainer』の遊び方

初めにモードを選ぶ

『Illust Chainer』では、ネット上で他のプレーヤーと遊べるオンラインモード、あるいは端末1台で複数人で遊ぶオフラインモード、この二つから選ぶことが可能です。

最後の文字をもとに絵を描く(※オンラインモードだと制限時間あり)

自分が最初の場合

もし自分が一番手であった場合、画面上に書かれた文字をもとに、その文字で始まる絵を描かなければなりません。

それ以外の場合

一つ前のプレーヤーが描いた絵から名前を推測し、その最後の文字で始まる絵を描いてください。

前の絵が「た」なので、「たばこ」の絵を描きました

絵の名前を入力する

制限時間内に描き終えたら、絵の右下にある描きおわった!をタップすることで、

描いていた絵の名前を入力する画面に移動することができます

最後の文字が〇で終わる絵を描く※自分が最後になった場合

一番最後になったプレーヤーは、一つ前の絵の最後の文字+画面に書かれた特定の文字で終わる絵を描かないといけないので、一つ前の絵がとても重要になってきます!

『Illust Chainer』の攻略やコツ

最後の文字が「ん」や「-」の場合、その前の文字でもOK

通常なら「ん」などの文字で終わるとアウトになりますが、Illust Chainerではその前の文字でしりとりを続けることが可能となってます。

「ぁ」などの小文字なら、大文字でも大丈夫

「おちゃ」や「そふぁー」など、小文字が最後になった場合、その大文字(「や」「あ」)でつなげることができます。

濁点・半濁音(ざ・ぱ等)は、付いてない文字でもセーフ

また、「らっぱ」や「はっぱ」といった「゛゜」で終わる言葉だった場合、通常の文字(「さ」「は」)でもOKです。

広告を消すには?

「Illust Chainer」はその他無料アプリ同様、収益目的で広告がたびたび再生されるようになっています。

それらを消す方法は以下の通りです:

動画広告を見る

タイトル画面にて、右下のADSアイコンをタップしてください

次に視聴するをタップして、広告動画を最後まで見れば広告が非表示になります

ただし上記でも言及されているとおり、この方法は広告をしばらくの間消せるだけです。つまり時間が経てば再度表示されるので、完全に消すことはできません。

課金(370円)を行う

もし広告を完全に消したい場合は、課金を行う必要があります。

タイトル画面にて、右下のアイコンをタップしてください

オプション画面が開いたら広告を消す(370円)をタップしてください

最後に購入するをタップして、そのまま支払いを完了すればOKです

友達と集まって遊ぶ方法は?

「Illust Chainer」はオフラインでも遊べるので、パーティやお泊りなどで友達が集まり、ちょっとしたゲームが遊びたいときにピッタリです♪

タイトル画面をタップした後、右側のこの端末だけで遊ぶを選択してください

遊び方としては、絵を描き終えて名前を入力したら、次の人に端末を渡していくだけでOKです

オフラインモードでは制限時間がないので、じっくりと絵を描くことができますよ☆

まとめ

いかがだったでしょうか?

「Illust Chainer」は絵を描いてしりとりをするとても単純なゲームではあります。

でもシンプルで遊びやすいですし、何よりも、絵を描く楽しさ、名前を推測する難しさ、おかしな絵に一同爆笑など、楽しい時間を過ごすこともできます♪