セブンイレブンアプリで『PayPay』が使える!連携方法やメリット・還元率など徹底解説!

無料で始める音楽聴き放題アプリ ▶こちら




本記事は、セブンイレブンアプリに2020年10月に実装されるPayPay連携について解説いたします。

セブンイレブンとPayPayが共同で発表したリリースの中で、セブンイレブンアプリの中にPayPayの支払い機能が実装されるようです。

今回は、そのセブンイレブンアプリとPayPay連携によるメリットとセブンイレブンアプリの変更点、具体的な連携方法やPayPayバーコードの呼び出し方法について解説します。

セブンイレブンアプリにPayPayが内蔵される

参照:https://about.paypay.ne.jp/pr/20200811/01/

セブンイレブンアプリは2019年7月に実装された「セブンペイ」の失敗で、キャッシュレスからは距離をおいていましたが、その裏でPayPay実装の準備を着々と進めていたようです。

現在は、セブンマイルを貯めるための会員バーコードを表示する機能がありますが、PayPayとの連携後は、そのバーコードが支払いにも対応できるようになるとのこと。

セブンイレブンアプリにPayPayが入ることでできるようになること

では実際にセブンイレブンアプリとPayPayが連携することによってどのようなことができるようになるのかご紹介します。

セブンイレブンアプリからPayPayのバーコード表示が可能に

▼既にPRで公表されているように、セブンイレブンアプリにこのようにして、PayPayの支払い用バーコードが表示できるようになります。

もちろん、ただバーコードが表示できる、というだけでなく、このバーコード提示によって、PayPay でできる支払いを行えるようになります。

セブンマイルとPayPayボーナスが同時に受け取れる

今現在、セブンイレブンアプリではバーコード提示により還元率0.5%のセブンマイルによるポイント還元を得ることができますが、PayPay が連携・実装された後は、セブンマイルとともにPayPay ボーナスも同時に獲得することができます。

また、その場合、PayPayの通常支払い時に発生する還元が1.5%(100円の決済50回以上・利用金額10万円以上の次月)となりますので、付与されるセブンマイルと比較すると、合計2.0%もの付与を獲得することができるようになります。

セブンマイルもPayPayボーナスも両方のアプリを頻繁に使用していれば、とても使いやすいポイントですので、この2%の還元は月・年単位で考えるととても大きい金額になりますね。

支払いはPayPay残高の他、登録しているクレカが選択可能

セブンアプリに表示されるPayPayのバーコードを使用して選択できる支払方法は

  • PayPay残高での支払い
  • (PayPayに登録している)クレジットカードでの支払い

となります。

ただし、クレジットカード支払いの場合、ヤフーカードのみポイント付与の対象であることに注意が必要です。

セブンアプリからPayPayへのチャージも可能

PayPayへのチャージもセブンイレブンアプリから可能になるようです。

ただし、PayPayのインストールができていない場合、セブン銀行ATMからのチャージのみになるようです。この時点でPayPayインストール済みの場合は、通常の銀行振込・ソフトバンクまとめて支払いなどが利用できるようになります。

セブンイレブンアプリとPayPayを連携させる方法

アプリ連携方法

具体的なアプリ連携作業はまだ公開されていませんが、

▼セブンイレブンアプリの🏠ホーム画面内にPayPay認証などのボタンが取り付けられ、

その後、セブンイレブンアプリ内でPayPayのユーザーID(電話番号など)とパスワード入力・認証と続き、ログインを行うことで、セブンイレブンアプリ内でのPayPayバーコード表示が可能になると予測されています。

アプリからPayPayのバーコードを表示させる方法

セブンイレブンアプリ内でPayPayのバーコードを表示させる方法は、

▼このように現在会員コードと表示されているところがPayPay認証後はPayPayロゴと支払うの表示に置き換わり、

こちらのアイコンをタップすることで、

▼こちらのバーコード表示がセブンイレブンアプリ内で実現できる、という画面遷移になるようです。

セブンイレブンアプリのPayPay連携はいつから可能?

いま現段階で発表されている実装時期は2020年10月以降と発表されています。

前回のセブンペイ実装時は、開発が駆け足で進み、充分なデバッグ期間を設けられなかったとされていますが、それを教訓に今回のPayPay実装は充分な検証を行い、リリースされることが期待されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、セブンイレブンアプリに10月以降実装されるPayPayの機能とその連携方法を解説させていただきました。

普段からPayPayを利用している人にとっては、今後セブンイレブンに行くときだけはセブンアプリを開くようになりそうですね。

この施策によって、セブンイレブンアプリとしてはアプリの起動回数が大幅に上がることが予想されていますし、PayPayによってもセブンイレブンアプリユーザーが流れ込んでくることを考えると、双方にとってかなりメリットの多い施策となりそうですね。