Twitterで収益化!?新機能「Super Follow(スーパーフォロー)」の使い方・最新情報・注意点を解説!

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




本記事は、Twitterの収益化の仕組み「Super Follow」について解説します。

投資家向けに行われたTwitterのリリースイベントにて「Super Follow」という機能が発表されました。この機能はTwitterで初となる「収益化」に関する機能。

今回はその「Super Follow」についての使い方・最新情報・実装後に想定される注意点をまとめてみました。

Twitterでついに収益化の機能が実装される

機能の名前は「Super Follow」

Twitterが行った投資家向けのイベントで発表された収益化関連の新機能は

▼こちらの「Super Follow」。

Twitter上で収益を得ることができる新しい仕組みで、「Super Follow」が今までとは違い特別なフォローでフォローしたユーザーに対し月額を支払う形でサポートを行います。

提供開始は2021年中を予定

「Super Follow」については、2021年のリリースと発表されました。

有料フォローは月額4.99ドル(約530円)。カスタマイズ可能

公開されているTwitterの資料上は、

▼このように月額4.99ドル(約530円)と設定されています。

ただし、この金額設定は情報を提供するユーザーによってカスタマイズできるとのこと。

Twitterの「Super Follow(スーパーフォロー)」の使い方

登録・閲覧する側のユーザーの使い方

現時点公開されている資料から考えられる使い方は、

▼まずこちらのプロフィールページに特別なフォローボタンがあることがわかります。こちらのボタンをタップすると、

▼このように画面下から「Super Follow」に関するメニューが表示され、スーパーフォロー後に受け取ることができる特典・メリットなどが記載されています。

この内容に同意するのであれば画面下のSuper Followボタンをタップし、そのユーザーに対するサポーターとなり、月額の支払いとともにスーパーフォロワーのみにしか閲覧できない情報を見ることができるようになります。

「Super Follow」を使って、収益化する側の使い方

現時点、Super Followの設定を行うことができる画面は公開されていませんが、

▼情報を更新する際に、こちらの部分をタップしてどのユーザーに向けた情報更新なのかを設定することができるようです。

また、上記のページでは、動画が貼り付けられているイメージになっていますので、特典動画や限定公開動画などがSuper Follow向けに提供され、収益につながるイメージを示唆しています。

Twitterの収益化システム「Super Follow」の活用方法

今回、Twitterから発表された、Twitterでは初となる収益化システムですが、以下のような使われ方が想定されています。

オンラインサロンの運営・集金

著名人が開催するオンラインサロン。そのほとんどが、既存の決済手段によって提供されていますが、もともとTwitterにフォロワーが数多くいる場合は、自分の知識や経験を限定的にシェアするサービスとして、TwitterのSuper Followを使用して集客・課金を賄うものとして使用されそうです。

YouTubeでできない有料限定動画の配信

今現在、YouTubeでは限定公開している動画の閲覧権を販売することは規約上認められていません。

▼今回発表された「Super Follow」の画面イメージでは、動画が添付されていることをうかがい知ることができます。

このイメージ画像から考えると、通常動画はYouTube上で公開し、とっておきの限定動画はTwitterのスーパーフォロワー向けに提供する、というような使い方もできそうです。

小売店が「Super Follow」向け特別セールを実施

▼「Super Follow」の資料では、Deals & Discountsという項目があり、こちらが商品の提供や既存品の割引を示唆しています。

これを考えると、コストコの年会費のように「月額を支払う代わりに割安で商品を購入する」ための手段としても使用することができるように思われます。

クラウドファンディングの実施

今現在のクラウドファンディングサイトでは、ファンディングのメリットと金額をリストで掲載し、出資者に対して、金額に応じた返礼がある仕組みとなっていますが、今回の「Super Follow」の説明にて支払い者を「サポーター」と表現しており、「一定数のスーパーフォロワーで返礼をTwitterのシステム上で行っていく」という使い方も考えられそうです。

Super Follow実装後に懸念されるリスク・デメリット・懸念など

クリエイターなど情報発信を生業にする職業の方としては、今回Twitterが収益化の手段を提供することにより、収益源の一つとしての期待を持つことができますが、「見ること」が基本なTwitterユーザーにとっては、いくつかの懸念や心配が発生しそうです。

悪質な情報商材が大量にはびこる可能性

現時点でも存在しますが「3ヶ月で月収100万円に到達した秘策とは?」など、情報商材がTwitter上であふれかえる可能性があります。「詳しくは、スーパーフォロワー限定で」という切り口で、スーパーフォロワーを増やし、収益を拡大しようとする手段です。

内容がオリジナルで充実していれば問題ないと思いますが、懸念としては、「登録をせず一体どこまで事前に内容を確認できるか」という点。うまい話のキャッチコピーにつられて登録したはいいものを、中身のない更新で損をする、というケースも考えられますので、この手の登録には十分な確認が必要となるでしょう。

アダルトコンテンツが大量に出回る可能性

際どい写真を通常のタイムラインで提供し「もっと見たい方はこちら」というフレーズで、スーパーフォロワーへと誘導する手口も容易に想像が付きます。

このあたりは、Twitterが提供する「Super Follow」向けの利用規約でどこまでしばれるかが焦点となりそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

多くのユーザーが自身のファンを抱えることに成功しているTwitterにて収益化のシステムは嬉しい情報です。

ただし、「情報の値段」には相場や基準がなく、中身のない情報に月額を払ってしまう可能性もありますので、自分がスーパーフォロワーとして登録をする際には、特典内容をかなり厳しく精査すべきでしょう。