Twitterアプリの通知バッジが消えない時の原因と対処法

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事は、Twitterアプリアイコンの通知バッジが消えない原因と対処方法をご紹介します。

Twitterに、なぜか赤い通知バッジがアプリアイコンから一向に消えない時がありませんか?人によっては気になって仕方ない方もいるはずです。

今回は、Twitterアプリの通知バッジが消えない時、その原因と対処方法を詳しく解説します。

Twitterの通知が消えない!その原因と対処法

Twitterアプリ上にある通知バッジが消えない理由は以下のようなものが考えられます:

未確認の通知がまだ残っているため

▼Twitterの通知はほぼリアルタイムに届くことから、確認を済ませた直後にまた新しい通知が届くこともあります。

▼また、Twitterでは基本的に以下のような行動があると通知が届くようになっています:

  • ツイートに対するいいね
  • ツイートのリツイート
  • ツイートへのリプライ
  • 相手のリストに追加される
  • 画像にタグ付けされる
  • フォローされる
  • フォロー中のユーザーのハイライト

▼通知は基本的に「すべて」確認しないと通知バッジが消えないようになっているので、画面を下にスワイプして更新し、新しい通知が出てこないか確認してみてください。

自分宛てのDMが届いてる可能性がある

また、通知以外にも自分宛てのDM(ダイレクトメッセージ)が届いた際も、アプリの通知バッジが表示されるため、こちらも該当バッジが消えない理由の一つになっています。

▼DMはホーム画面フッターの一番右側にある✉アイコンより確認できます。

もしアイコンに数字が付いていたら、その数だけDMが届いていることを意味するので、それらを開いてみて通知バッジが消えるか確認してみてください。

それでもTwitter通知バッジが消えない時に試すこと

ブラウザ版Twitterから通知欄・DMを確認する

もし上記方法を介してアプリ上で確認を行ったにもかかわらず、依然として通知バッジが消えない場合は、ご利用の端末上で一度ブラウザを起動して、Twitterのブラウザ版から通知欄やDMを確認してみてください。

ブラウザ版Twitterから確認し、未読内容もしくは、各所を閲覧することで、アプリ側の通知・バッジアイコンが表示されなくなるケースがあります。

自分宛にDMを送る

TwitterのDM通知が一向に消えない場合、意図的に通知を引き起こすことで問題が改善することがあります。

ここでは自分宛てにDMを送る方法をご紹介します。

▼初めにDMとして送りたいツイートの共有アイコンをタップしてください。

▼メニューが開くので、上のダイレクトメッセージで共有をタップしてください

▼共有対象が表示されたら、自分のアカウントをタップ。

▼自分のプロフィール名がハイライトされたのを確認したら、右下の紙ヒコーキアイコンをタップ。

▼ページ下部に「(自分のプロフィール名)さんとツイートを共有しました」と表示されればDMが送信されます。

ここで到着したDMを確認し、その後バッジアイコンに変化があるか確認してみてください。

通知の表示回数を減らす

もしフォロー中のユーザーの中に頻繁にツイートを行っている方がいた場合、その人関連の通知が頻繁に届き困るときもあります。

そのような場合は、該当ユーザーの通知の表示回数を減らすことにより、通知が届く数がかなり減るのでお勧めです。

▼やり方はいたって簡単で、対象ユーザーからの通知の右上にあるVマークをタップして表示されるメニューから表示回数を減らすをタップすればOKです。

このアクションをツイート頻度が高いユーザー(通知表示を減らしたいユーザー)に対して行うことで頻繁な通知を抑えることができます。

通知設定の切り替えを何度か行う

Twitterアプリ以外でも、iPhone自体の通知設定を切り替えたりすることで問題が改善することがあります。

切り替えのやり方ですが、

▼iPhoneの設定アプリを開いた後、下にスクロールして通知をタップしてください。

▼するとアプリ一覧が表示されるので、Twitterアプリを探してください。

▼下記のページが開いたら、通知を許可をオフ⇄オンして何度か切り替えてみてください。

また、バッジ自体をオフにすることでアプリアイコンに通知バッジが出てこなくなるので、バッジが気になる方はオフにしてみると良いでしょう。

タスクキル

依然としてTwitterの通知が消えないようでしたら、一度アプリのタスクキルを行い、改めて起動してみるのがお勧めです。

タスクキルのやり方ですが、

▼iPhoneのホームボタンを2回押す、ホームボタンがない機種の場合、画面下の縁(フチ)から上に向かってスワイプしてマルチタスク画面を開いた後、

▼Twitterアプリを上にスワイプすればOKです。

最終手段!それでも通知が消えない!という時に試したい対処法

スマホの再起動

上記方法を用いてもなお通知が消えない方は、端末が正しく起動しなかった、または何らかの問題が起きている可能性があるので、一度再起動をかけてみることをお勧めします。

再起動後にiPhoneのホーム画面を確認して、Twitterのアプリに通知バッジが残っているか確認してみてください。

アプリの再インストール

スマホの再起動でもダメなら、恐らくアプリ自体に不具合が起きてしまっている可能性が高いので、アプリをApp Storeから再インストールしてみるのもお勧めされています。

ただし注意して頂きたい点として、アプリをアンインストールするとログイン情報も同時に消えてしまうことから、大切なアカウントを失ってしまう恐れがあります。なので事前にアカウントの引き継ぎを済ませておくことを強く推奨いたします。

引き継ぎ方法についてはこちらのドハック記事をご参照くださいませ:

Twitterで機種変更時の「引き継ぎ」を行う方法-「2要素認証」設定時の方法も解説

2020年9月11日

Twitter側に不具合(バグ)が起きている可能性もあり

実はTwitterは去年の半ばに世界規模の不具合が発生して、DMの配信や通知に問題が起きたことがあります。

こちらは告知当日に不具合が解消されたものの、そのようなことが再発している可能性も低くはありませんので、その場合は残念ですがTwitter側が修正するのを待つしかありません。

Twitterからの通知をカスタマイズする方法について

皆さんはTwitter上のいいねやリツイートなど、端末に届く通知を任意にカスタマイズできることはご存じですか?それらの設定を好みに調整することで、特定の通知のみ受信することも可能になります。

カスタマイズの方法はこちらとなります:

▼ホーム画面左上のプロフィールアイコンをタップ。

▼次に設定とプライバシーをタップしてください。

▼ページが開いたら、通知をタップしてください。

▼ページ下部の「設定」内にあるプッシュ通知をタップ。

▼ツイートやアクティビティ関連の通知を詳細にオン・オフできるページに移動できます。こちらで「どんな通知を受信したいか・したくないか」を好みで調整することが可能になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

Twitterからの通知は便利ではあるものの、アプリアイコンにいつまでも数字入りの赤いバッジが付いていると気になって仕方なくなります。

上記方法を用いることで、通知バッジを消したりできますし、バッジ自体をオフにすることも可能になるのでご参考にしてください♪