『Twitter』の「アカウント名」と「ユーザー名」はどう違う?それぞれの意味や特徴を詳しく解説!




話題のトレンドを確認したり、情報拡散の場としても利用される「Twitter」。国内でも利用者が多く、世界的に人気のFacebookよりも人気が高いアプリとして愛されています。

そんなアプリですが、普段使っている際、なんで「名前が二つ並んでいるの?」と思うときはありませんか?

今回は、「アカウント名」および「ユーザー名」の違いや意味について解説したいと思います!

どっちがアカウント名でどちらがユーザー名?

アカウント名およびユーザー名は、画面左上のプロフィールアイコンをタップした際のメニューや、プロフィール画面に表示されている2つの文字列を指しています。

気になるそれらの見方ですが、基本的には:

  • アカウント名は上の文字列の方(ドハック)
  • ユーザー名は下の文字列の方(@dohack_jp)

となります。

文字列に”@”が入っているかいないかでどちらかを区別することができ、基本的には「入っていない方がアカウント名」で、「入っているのがユーザー名」です。

また、アカウント名に関しては、漢字やひらがな・カタカナ、韓国語といった、英数字以外の特殊な文字も安心して使えるようになっています。一方でユーザー名は基本的に英数字のみとなっています。

アカウント名とユーザー名の違いは?

さて、どの文字列がアカウント名、ユーザー名なのかが分かりましたが、それらはどう異なるのでしょうか?

ツイッターの公式ヘルプでは次のように説明しております:

  • 『ユーザー名』はアカウント固有のもので、プロフィールのリンクにも含まれている文字列
  • 主にログイン時や、リプへの返信、ならびにダイレクトメッセージなどで使用される 
  • 『アカウント名』は個々の利用者を識別するための名称(事業名や本名の場合有り)で、プロフィールページに表示されている
  • 『ユーザー名』が名前や事業名でない場合、家族や知人が対象人物のアカウントを特定するために使われる

アカウント名とユーザー名を変更する方法

それでは以下に、アカウント名とユーザー名を変更する方法をそれぞれアプリ側・Web側で分けてご説明させていただきます。

アカウント名を変更する方法

アプリ版の場合

▼まずはホーム画面左上のプロフィールアイコンをタップしてください

▼メニューが開きますので、👤プロフィールをタップしてください

▼プロフィール画面に移動したら、次に右上の変更をタップ

▼変更画面に移動後、一番目の名前をタップしてください

▼そしたらアカウント名をお好きな名前へと改名

▼完了しましたら、右上の保存をタップして変更を完了してください

▼プロフィール画面にて「アカウント名」が変わっていれば変更完了です★

ブラウザ版の場合

▼初めにTwitterを開いて、画面左上のプロフィールアイコンをタップしてください

▼「アカウント情報」が表示されたら、次に👤プロフィールをタップしてください

▼プロフィール画面に移動後、右側のプロフィールを変更をタップしてください

▼編集画面に進むので、アカウント名が書かれている名前をタップ

▼入力キーでお好きなアカウント名を打ち込み、終ったら右側の完了をタップしてください

▼入力した名前が正しいことを確認したら、右上の保存をタップして完了してください

▼プロフィール画面などでアカウント名が変わっていれば変更完了です★

ユーザー名を変更する方法

アプリ版の場合

▼先ほどと同様にメニューを開いて、下の設定とプライバシーをタップしてください

▼ページが切り替わったら、一番目のアカウントをタップ

▼「アカウント」画面が開いたのち、一番目のユーザー名をタップしてください

▼変更画面に移動するので、新規の下の空欄をタップ

▼入力キーを通して新しいユーザー名を書いてください

※右側に緑色のが入っていることを確認してください

▼入力したユーザー名に問題がなければ、右上の完了をタップしてください

▼メニューなどでユーザー名が変化していれば変更完了です

ブラウザ版の場合

▼ホーム画面でメニューを開き、下の方にある設定とプライバシーをタップしてください

▼設定画面に移動後、一番目のアカウントをタップ

ログインとセキュリティ内のユーザー名をタップしてください

▼変更画面に進むので、現在のユーザー名をタップ

▼入力キーを使ってご希望のユーザー名を書き込んだ後は、キーの右上にある完了をタップ

▼新しいユーザー名に問題がなければ、そのまま保存をタップしてください

▼メニュー等でユーザー名が変わっていれば変更完了となります☆

アカウント名・ユーザー名とは別に「ユーザーID」も存在する

実はTwitterにはアカウント名やユーザー名の他にも「ユーザーID」というものが存在することをご存知ですか?

ユーザーIDとは「アカウント作成から永続的に変わらないID番号」のことを指しており、主にTwitter側のユーザー管理に用いられるそうです。一見するとユーザーには意味がないように見えますが、実はそうでもないんです・・

ユーザーIDが知られると、延々と粘着される可能性が高い

例えば執拗なユーザーから嫌がらせなどを受け、アカウント名やユーザー名を変更して相手を引き離そうとした時、ユーザーIDがばれていると、どんなに変更したとしても、すぐに特定されてしまいます。

例としてこちらのサイトではユーザーIDを入力するだけで、

アイコン、アカウント・ユーザー名を変更したはずのアカウントが即バレ・・

ユーザーIDを把握された場合、一からアカウントを作り直すしかない

相手にユーザーIDを入手されたら最後、いつでも即座に最新情報がバレてしまいます。そんな粘着ユーザーとの関係を完全に隔離したい方は最悪、アカウントを新規で作り直すほかないかもしれません・・・

そのため、ユーザーIDは誰にも分らないよう十分保護することをオススメします。

ユーザーIDの確認方法

ユーザーIDは現在、ブラウザ版でのみ確認が可能となっています:

▼「メニュー」より「設定とプライバシー」にアクセス後、アカウントをタップ

▼次にページ下のTwitterデータをタップしてください

▼「Twitterデータ」画面にて、アカウントをタップしてください

▼パスワードを入力するよう指示されるので、

▼パスワードを打ち込んで確認をタップ

▼するとアカウント情報が開き、「ユーザー名」項目内にユーザーIDが記載されています

まとめ

いかがだったでしょうか?

アカウント名とユーザー名はいつでも変更が可能なので、気分に合わせて変えたりすることが可能です。皆さんもその時の状況や気分に応じて、ユニークな名前に変えてみませんか?