『Instagram』で位置情報を追加・編集する方法-候補地の追加方法や設定オフのやり方を徹底紹介




日々の出来事や食べたものなどを投稿して友達に共有することができるInstagramですが、実は「位置情報」が表示されていることがあるということをご存知でしょうか?

場合によっては今あなたがいる場所や、自宅を不特定多数の人に教えてしまうことも……

お勧めしたい場所など、あえて位置情報を表示したいのであればいいのですが、気が付かないうちに位置情報を知らしめてしまうことはとても危険です。

そこで今回は、Instagramの位置情報の設定・表示方法をご紹介いたします。

Instagramの位置情報はどこに表示される?

Instagramの位置情報はどこに表示されるのでしょうか。普段気にしていないと、実は自分の投稿にも表示されていた!ということに気が付かないかもしれません。

投稿のアカウントのすぐ下

▼Instagramの位置情報は、投稿のアカウント名のすぐ下に表示されます。

位置情報をタップすると地図が表示される

▼この位置情報の文字をタップすると、その場所の地図が表示されます。

詳細ボタンを押すことによって、Instagram上に登録されているその場所に関する情報も合わせて確認することができます。

同じ位置情報の投稿もみることができる

▼さらに、同じ位置情報をつけた他のユーザーの投稿も「人気の投稿」「最近投稿されたもの」がそれぞれ表示されます。

実際的には『地名≒ハッシュタグ』と同じ様な扱いになっており、その位置に結び付けられた様々な情報も合わせて確認することができます。

また他ユーザーが投稿したその場所の写真も閲覧することができますので、この画面では、「昼の姿」「夜の姿」など自分が見知っている以外の状態もこのページで閲覧することができますね。

位置情報の登録方法

それでは、Instagramの位置情報はどのようにして登録されるのでしょうか。

▼投稿画面で、位置情報を追加をタップします。

▼今いる場所の位置情報から候補が表示されます。

▼入力して表示させることもできます。

▼任意の位置情報を選択すれば投稿に反映されます!

これで、その写真・画像がその地に紐付いているものとして表示されます。

画像ファイルに埋め込まれた位置情報が自動で表示されることは無い

カメラアプリの設定により画像ファイル内に「位置情報」が埋め込まれているものがあります。

Instagramの投稿時に、位置情報の候補として画像内に保存されている場所の情報が表示されることはありますが、上記の「位置情報を登録する」という作業を行わなければ、自動的に位置情報が掲載されることはありません。

ですので、「自宅で写真を撮ってInstagramにアップ→住所が自動的に表示されてしまう」ということはありませんので、ご安心を!

位置情報が検索できない?その場合の対処法

▼投稿画面で、位置情報を追加をタップしても位置情報が検索できないことがあります。

この状態で一番疑うべきところは「端末/アプリの位置情報設定」になります。

iPhoneでInstagramの位置情報設定を確認する方法

iPhoneの場合、

▼設定画面を開き画面下方向にアプリ一覧がありますので、そこからInstagramを探し出します。

リストにこのように表示されておりますので、こちらをタップし、

位置情報をタップします。

▼次のこちらの画面で「許可しない」となっていると位置情報の登録ができませんので「このAppの使用中のみ許可」にチェックが入っている状態にさせましょう。

Androidで位置情報設定を確認する方法

Androidの場合、画面上から下へスワイプします。

現在地の部分をタップすれば位置情報がONになります。

追加したい位置情報がない?候補を追加したい時は

新しい施設を訪れた場合など、位置情報に候補があがらない場所も存在します。そんな時は、位置情報に候補を追加して表示させましょう。新しく位置情報を作成するには、Facebookアプリのチェックイン機能を利用します。

▼Facebookアプリの投稿画面で、チェックインをタップします。

位置情報を追加で追加したい場所を検索し、表示されない場合は一番下の新しいスポットを追加をタップします。

「どのようなスポットですか?」と表示されるので、カテゴリから該当するものを選択します。

▼住所を入力するか、今ここにいますをタップし、位置を登録します

作成をタップして完了です

今回入力した上記地名は架空の場所名ですが、この作業にてFacebook上、ひいてはInstagram上に位置情報が新設され、次回から登録した位置情報が表示されます。

Instagramの位置情報をオフにする方法

Instagramの位置情報の登録方法についてご説明しましたが、位置情報を表示させたくない場合にはどうすればいいのでしょうか。

設定→アプリ

▼端末の設定から、Instagramアプリを表示し権限もしくは位置情報をタップします。

「位置情報」の権限を「オフ」にする

▼「位置情報」のみを「オフ」にしましょう

既に投稿してしまった位置情報の削除方法

Instagramの位置情報について知らずに、すでに投稿してしまった位置情報を削除したい場合にはどうすればいいのでしょうか。

▼投稿の右上にあるをタップします

編集するをタップします

▼位置情報が登録された場所をタップします。

▼そして、×をタップします。

▼位置情報が削除されました!

この方法にて誤って位置情報を付加してしまった場合など、画像・写真に対して位置を特定されたくない時に対応することが可能になりますね。

まとめ

友人やフォロワーとのコミュニケーションにとても便利な位置情報機能ですが、仕組みを理解した上で利用しないと、意図せずに知られたくない情報をばらまいてしまうことにもなります。

上手に使いこなし、共有したい位置情報とそうでない位置情報を使い分けましょう!