Instagramでストーリーの写真・動画内に友達をタグ付けする方法

Instagramでストーリーがリリースされて毎日色んな人の「その日」が楽しめるようになりました。

そんなストーリー機能の中でも動画・画像へのタグ付けが、画面内にできる機能がありますので、本記事ではどのようにタグ付けをするか、その方法とタグ付け後の編集方法をご説明したいと思います!

【おすすめ音楽アプリ】
  • 音楽アプリで最もギガが減らない
  • オフライン再生・歌詞表示あり
  • 安心の合法初回全画面広告なし
  • 4000万曲完全無料で聴き放題
  • →こちら←
関連記事
【4000万曲無料の音楽アプリのご紹介】 YouTubeなどの動画読み込みが無く4000万曲をフルで聴くことができ、ダウンロードできる無料音楽アプリ。
Spotify -音楽ストリーミングサービス
Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料
再生の時間制限なし、曲数は業界最多、広告も最低限で快適視聴ができるおすすめの音楽アプリです!

ストーリー用の動画に友達ユーザーのタグ付けをする

まずはストーリーの動画に友達のアカウント名をタグ付けする方法のご紹介を致します。

まずはハンズフリーで動画を撮影する

ストーリー作成画面においていくつか撮影方法がありますが、

▼一番右のアイコンが「ハンズフリー」となっています。

こちらはボタンを押した後、動画撮影が開始されるという通常の動画撮影方法と同様になっていますので、まずこちらから動画を撮影しましょう。

動画にタグ付けする

▼動画が撮影し終えると下記のような画面になります。(今回は各アイコンが分かりやすいように真っ黒な動画として説明します。)

▼ここから右上の「Aa」というアイコンをタップして、

▼撮影した動画への文字入力の画面に移行しますが、

この画面上にて、ユーザーのタグを表す@をタイプして、次に続く文字を何かタップすると、

▼このようにタイプした文字(この場合「y」)を含むユーザー名がズラッと表示されます。

ここからタグ付けしたいユーザーを選んでタップすると、タグ付け完了となります。

めちゃ簡単!

タグ付けした位置を調整する

タグ付けした文字は画面上で位置の変更をすることができます。

▼先ほどのタグ付けした画面の右上にある「完了」というボタンをタップして、

▼実際にタグが動画上に存在している形になりますが、

このタグを直接指でドラッグすると自分の好きな位置に場所を変更することができます。

また、

▼ドラッグ中、画面下部に「ドラッグして削除」と表示されますが、

タグをドラッグ中、この位置に持ってくることによって一度付けたタグを削除することができます。

その他の撮影方法(通常・BOOMERANG)も同様

Instagramのストーリーにおけるその他の撮影方法についても基本的には同様の方法で

  • 一度撮影する
  • 「Aa」のボタンから入力画面に移動する
  • 「@」から入力し始めて候補となるユーザー一覧から選択する

という流れで友達のタグ付けが可能になります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

動画の場合、動いている被写体に対してタグ付けをするとその他の友達ユーザーが閲覧したときも内容が分かりやすくなりますし、交友関係も広がりそうですよね。

ぜひ今回の動画へのタグ付け案、活用してみてください!