SpotifyはApple Watchで利用できる?使い方やオフライン再生可否を徹底検証!




2018年11月にSpotifyがApple Watch 向けアプリをリリースしました。

実際的には、Apple Watch側から個別にアプリをインストールするような形式ではなく、通常のSpotifyアプリの中にApple Watchアプリが同梱されてる形式になりますので、SpotifyがインストールされていてApple WatchとiPhoneが同期されている方は、自動的にApple Watch側にSpotifyのアイコンが表示されています。

もし、Apple Watch側にSpotifyアイコンが表示されていない場合は、

Apple Watchアプリ>マイウォッチ>Spotifyを探し、

▼このように「AppをApple Watch上で表示」をオンにしましょう。

このSpotifyのApple Watchアプリはどのように使うことができるのか、またiPhoneから独立した状態で音楽再生が可能か、Apple Watch側にダウンロードした楽曲ファイルを転送することができるのかどうかを確認してみました!

SpotifyのApple Watchアプリでできること

SpotifyのApple Watchアプリでできることは大きく分けて以下の5つです。

My Libraryの「最近再生した曲」を再生できる

基本的に、Apple Watch側で再生できるのが、Spotifyアプリ内の「最近再生した曲」のみで、検索はできません。

Spotifyアプリ(iPhone側)のMy Libraryページの中で、

▼この部分に最近再生した曲というリストを確認することができます。

▼Apple Watchがあればこのような画面になっています。

下にスクロールしていくことでその他のプレイリスト・アルバム・アーティストの楽曲を確認することができます。

Apple Watchアプリから再生の指示が出せるのはこの中にリストされている楽曲のみとなります。
欲を言えばApple Watchアプリ側で楽曲やアルバム・アーティストの検索ができればいいのですが、まだそれは実装されていないようです。

曲の進む/戻る/停止/再生

▼この画面がApple Watch側で見るプレイヤー画面となっています。

一般的な音楽プレイヤーと同様で、画面中央に戻る・再生・停止・進む・のボタンが配置されています。

音量の調整

デジタルクラウンを回すことによって音量の調整も可能です。

▼こちらが音量を指し示す部分になっており、デジタルクラウンを回すことで音量の上げ下げをすることができます。

再生するデバイスの変更

▼こちらのアイコンをタップすると、

▼こちらの画面に表示され今現在流れている楽曲をどのデバイスで再生するかを選択することができます。

再生可能なデバイスとして該当するのが

  • iPhone のスピーカー
  • PlayStation 本体

その他 Google Home などの音声デバイスも該当します。

お気に入りに追加

▼再生画面におけるこちらのハートボタンをタップすると、

▼このようにマイライブラリ追加することができます。

実質的にこのハートボタンをタップすることは、楽曲のお気に入り登録をすることと同じことになります。

できることまとめ

今現在 Apple Watch 側のアプリでできることとしてはMy Libraryに追加されている楽曲を選択することメインになりますが、やはり膨大な楽曲数を誇るSpotifyなだけにApple Watch側で楽曲を検索できるようになったりするともっと利便性が上がりますね。

この辺りは今後のアップデートに期待したいところです!

Apple Watch単体でSpotifyのストリーミング再生はできる?

Apple Watchシリーズ3からセルラーモデルが登場しキャリアが提供する電波をつかむことができるようになりました。

それにより iPhone がなくても個別の通信が可能になり、最も期待すべき機能としてはジョギングやランニング時のトラッキングと音楽再生になるかと思います。

もちろん音楽再生に関しては 純正ミュージックアプリ内の楽曲を転送しておけばApple Watch単体で再生することが可能ですが、せっかくSpotifyの Apple Watchアプリがあるので、 Apple Watch単体でSpotifyの楽曲がストリーミング再生できないものかと検索してみました。

残念ながら現在は利用不可

現在のところ、 iPhone がない状態(=Apple Watch単体の状態)でSpotifyが楽曲を再生するのはできないとのこと。

ダウンロード済み楽曲の転送も不可

こちらも現在のところは不可。

現在の挙動では iPhone が機内モードなどオフラインになった場合、Apple Watch側のSpotifyの画面では楽曲の戻る進むなのどコントロールが一切出来なくなります。

以前は、Spotify非公式のアプリでオフライン再生などに対応した Apple Watchアプリがあったようですが、その非公式アプリを開発した当事者はSpotifyに雇われたとのこと。

よって近くApple WatchのSpotifyアプリがオフライン再生などに対応することが期待されますが、今のところはまだそのような情報はリリースされていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はSpotifyのApple Watchアプリに関して情報をまとめてみました。

Spotifyの Apple WatchアプリがiPhone から独立した音楽再生ができない点については、憶測としてAppleのApple Musicと完全に機能がかぶっているからと予測する声もあります。

というのもApple Watch単体で音楽のストリーミング再生できるアプリは今のところ Apple Music に限られており、Apple Musicの使い方がApple Watchに合わせてデザインされている側面も見受けられますので、もしかしたら自社サービスを守る目的で、Spotify単体での音楽再生は今後実際できないかもしれません。。。

この辺りはデバイスメーカー側の強気の意向が反映されてしまうパターンですね。

とはいえ、 iPhone が鞄の中に入っているような状態の時に、Apple Watchがで再生のコントロールができる機能が備わっており便利なことには変わらないので、もしApple Watchを持っていながらSpotifyのアプリをまだ使ったことがない方はぜひこの機会に使ってみてはいかがでしょうか!