音楽アプリ『Amazon Prime Music』『Music Unlimited』の使い方と違いを徹底解説

「音楽聴き放題サービスって今大量にありすぎてどれがいいのかわからない‥」

という声がネット上でも度々目にしますが、もしあなたがAmazonヘビーユーザー、ヘビーユーザーじゃなくてもPrime会員に既になっているという場合は、今回ご紹介する『Prime Music』『Amazon Music Unlimited』ベストな選択肢であると、

自動的に決まってしまう

かもしれません。。。

今回はそのAmazonが世に送り出す2つのサービスの使い方と

  • 価格の差
  • 配信楽曲数の差
  • 機能の差

などの目線で、あなたに最も適切なサービスとしてハマるように実際に課金をして確認してまいりましたので、まだ音楽サービスをご検討されている場合は、本記事ご参考にしてくださいませ!!

Prime MusicとAmazon Music Unlimitedが存在する

まずAmazonが展開する音楽サービスとして知るべきこととしましては、サービスが大きく分けて2種類あり、

  • Prime Music
  • Amazon Music Unlimited

の2つに大別されます。

個人的な意見&自分の言葉を使うと、

  • Prime Music→Prime会員のおまけ的音楽サービス。
  • Amazon Music Unlimited→アマゾンのれっきとした音楽サービス。

という表現でも大差ないかと思います。

各料金体系の機能一覧表

▼まずは、この2つを一覧でまとめてみますと、このようになります。

月額 曲数 オフライン再生 解説
Prime Music
非Prime会員 なし 0 不可 アプリ上では何も出来ず。Web上で楽曲を個別購入した場合、「マイミュージック」でそれらを聴くことができる。
Prime会員 なし 100万曲 楽曲の検索、聴取・ダウンロード再生が可能。Prime会員であればいつでも利用可能。
Amazon Music Unlimited
非Prime会員 980円 4000万曲以上 楽曲数が大幅増加。月額の発生。
Prime会員 780円 4000万曲以上 楽曲数が大幅増加。月額の発生とディスカウント。

大きく違うのが、月額と曲数。

Prime会員の100万曲という曲数も4000万曲と比較すると少なく感じますが、カラオケの最新機種でも最大28万曲という規模ですので、

もはやPrime Musicでも充分なのでは??

と思われるレベルです。

それではこれらの料金体系・会員ユーザーにおいて、それぞれどこまで何ができるのか?をご紹介してまいりたいと思います!

アプリのダウンロードはこちら

Amazon Music
Amazon Music
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

Prime Musicの使い方(非Prime会員)

アマゾンの最もスタンダードな会員である「Prime会員」ですが、こちらを未入会のまま、Primeミュージックを利用しようとすると、どうなるのかをご紹介して参ります。

▼まずアプリを立ち上げるとこちらが表示されます。

「ブラウズ」「履歴」「マイミュージック」「ALEXA」と画面下部のフッターにアイコンが表示されていますが、結論から申し上げると、

何も出来ません。

唯一、「マイミュージック」については、Amazon内で個別購入した楽曲がある場合、この欄に表示され、視聴することが可能ですが、アプリ単体で考えた場合、非Prime会員の場合は何もすることがありません…。

Prime Musicの使い方(Prime会員)

では、次にPrime MusicをPrime会員が利用するとどうなるか?

そもそもAmazon Primeとは?

ちなみにAmazonのPrime会員とは、業界内でも「これ、どこで元取ってんの??」と言われているサービスで、

などなどその他合計15個の特典サービスがついた、物流・デジタルの両業界最強の会員サービスと言われています。

上記のこれ以上ないてんこ盛りのサービスがなんと、

月額:400円(年払いだと3,900円)

で利用できるというもの。本記事は音楽サービスのご紹介ですが、少し脱線してでももし入られていない方はこの際にご検討いただいても良いかと思います…!

まずはログイン

それではまずはアプリを立ち上げてログインをしていきましょう。

▼こちらに既にAmazon Prime会員となっているメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

ブラウズ

▼この画面では新着・ランキングなどその時々の時流のものがおすすめとして表示されます。

▼プレイリストもここまでの視聴履歴から判断しておすすめのアーティストやアルバムをまとめてくれていたりします。

アーティスト・アルバム・楽曲を検索する

自分が聞きたい音楽を探すには、

▼こちらの画面右上にあるルーペアイコンをタップすると、

▼このように検索画面に移動しますので、アーティスト名・アルバム名・楽曲名など入力しましょう。

「どうせ100万曲」と思うことなかれ…、「え?このアーティストまでPrime Musicで配信しているの?」というアーティストも

▼こちらから発見することが出来ます。

マイミュージック

▼マイミュージックという場所はフッターの中で右から2番目のアイコンで、それまでダウンロードしてきた楽曲が一覧で表示されます。

Prime Musicで楽曲をダウンロードして聴く方法

Prime会員のおまけ的位置づけ要素が強い「Prime Music」ですが、実はダウンロードしてからのオフライン再生も行うことができます。

▼まずはダウンロードしたいと思う楽曲の再生画面を表示し、右上の「︙」アイコンをタップします。

▼そうすると、このように楽曲に対する選択肢が表示されますので、迷わず「ダウンロード」を選択してみましょう!

▼次の画面で「ダウンロードを開始します」と表示されますので、

▼マイミュージックを観てみると、このように既に保存された状態で先ほどの楽曲が待ち構えています。

ここから再生を行うと、通信が発生しませんので、通信量がかからず音楽を聴くことができます!同じ曲を何度も聴きたい場合は、必ずダウンロードしてからのオフライン再生を行うことをおすすめします!

Amazon Music Unlimitedの機能と使い方

AmazonのPrime会員ですと、月額が4000万曲レベルの音楽サービスとしては最安値である780円/月になるAmazonの音楽サービス『Amazon Music Unlimited』に登録すると、さらにどのようなメリットがあるか、課金して確認してみました!

画面構成は一緒だが、一括ダウンロードボタンが表示される

画面のデザインは、Prime会員であれば利用できるPrime Musicとほぼ大差はありませんが、

各アーティストの一覧ページやアルバム詳細画面の楽曲リスト表示時に

▼このように「一括ダウンロードボタン」が表示されるようになります。

▼そのボタンを押すと、このアルバムに収録されている楽曲を、なんと一括でダウンロードしてくれます!

この流れでダウンロードした楽曲は

▼こちらの「マイミュージック」にていつでも聴くことができ、

もちろん楽曲ファイルをダウンロードしている状態になりますので、何度聴こうが通信が発生しないため毎月の通信制限を圧迫することはありません!

楽曲数

やはり、Prime Musicを使用していて、有料化へと誘われるタイミングとしては、聴きたいアーティスト名を検索時、

▼このように、『Unlimitedであれば聴けるよ!』と表示が出ると、「ぐぬぬ…!」となりますよねw

やはりこの辺りは100万曲と4000万曲の規模の違いを感じてしまうわけであります!

そして、当然のことながら、上記画像で検索した「KANA-BOON」については、

▼このように聴き放題&ダウンロードしてオフライン再生を行うことができます!

もちろん、それ以外に

Prime Musicになくて、Amazon Music Unlimitedでは配信されている

というアーティストも星の数ほどいます!

まとめ

いかがでしょうか?

今回はAmazonのPrime MusicとAmazon Music Unlimitedのサービス内容について詳細をご紹介いたしました。

本記事をお読みいただいている時点で、

  • Spotify
  • AWA
  • LINE MUSIC

などは既に検討されていることを想像していますが、もしあなたがAmazonのPrime会員に既に登録されている場合、やはり明確に違う点は、価格で、

  • Spotify:980円/月
  • AWA:960円/月
  • LINE MUSIC:960円/月
  • Amazon Music Unlimited:780円

…と、価格でいえば毎月200円程度の価格差があることも、累積すると非常に大きい要素かと思います。

Amazon Music Unlimitedの詳細はこちら

こちら←

…とはいえ、やはりサービスを選定するにあたって重要視されるのは(当たり前ですが、、)

聴きたいアーティストがいるかどうか

になるかと思いますので、今度どこかのタイミングで各サービスの配信アーティスト一覧でも表にしたいと思います!