ドハック

身近なものから思いっきりハックしちゃうドハック。

*

カメラロールからなど好きな動画をLINEプロフィールの動画アイコンに設定する方法

      2017/04/15

皆様はLINEのアイコンはどのようなモノを設定されていますか?ほとんどが自分の顔か、それに自信がない場合は、ペット・趣味に関する何か・好きなものを設定されている場合がほとんどかと思います。

今回はそのLINEのアイコン部分になんと「自分の好きな動画の一部分をアイコンにする」ということを、なかば強引な手段を使ってwご紹介をさせていただきます!

用意するもの

まず、用意するものをご説明する必要があります。今回は手持ちのiPhone or スマホでは完結せずなのであしからずw

  • LINEを使っているiPhone (or スマホ)

  • PCもしくはタブレットデバイス等

こちらがあることが前提とさせていただきます。

アイコンに設定したい動画をPC用ディスプレイに映し出す

最初に、アイコンにしたいと思っている動画をディスプレイに写しましょう。

▼サンプルで使用する動画はこちら。可愛すぎだろ!ってことで選出。

この時の動画はYoutubeでもニコ動でもお好きな動画サイトのものでOKです。

カメラロールの動画を使いたい時は?

iPhoneに入っている動画をPCに移す方法はかなり多くの方法がありますが、一番手っ取り早いのは、

iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、PCからiPhoneの動画を引き抜く方法ですが、

OSにより差異はありますが、

  • Windowsの場合:コンピューター>Apple iPhone>Internal Storageから取り出し
  • Macの場合:AirDropでの受け渡し

が最も簡単な手段かと思います。

取りだすことができたら、PC上、もしくはタブレット上で再生させてひとまず「ディスプレイに映す」ということを実現しましょう。

LINEを立ち上げプロフィール画面に行く

動画の表示ができたら今度はLINE側でプロフィール動画変更の作業を行います。

▼下記のようにLINEのプロフィール画面から現在設定されているアイコンをタップし、

▼表示されるメニューにて「動画」を選択します。

▼そうすると「B612」のイメージが表示されますので、こちらをタップ。

B612が既にインストールされていれば自動的に表示されます。

次の工程からB612側での作業になります。

 

B612を起動し外カメラに切替

B612が起動されたらまずは内側のフロントカメラの映像が映し出されているかと思います。

▼こちらのアイコンをタップして、外カメラに切り替えましょう。

カメラが外カメラに切り替わったら最初に映し出したPCディスプレイに移る動画を

撮影しましょう!

 

ディスプレイに映し出された映像を撮影する

ここでディスプレイに映った動画を撮影するのですが、いくつかコツがあります。

撮影を行う部屋の電気を消すこと

ディスプレイによってはその光沢により明るい部屋で撮影をすると、

撮影をする自分の姿がディスプレイに反射し、動画内に自分の姿が映り込む形になります。

▼まさにこういう状況ですね。

参照:http://netgeek.biz/archives/22506

参照:http://netgeek.biz/archives/22506

 

LINEのアイコンですので、ここまで大げさに映り込むことは考えにくいですが、この現象を防止するために、

部屋の電気を暗くして撮影しましょう。

そうすることにより反射がなくなり、且つ周囲と比べてディスプレイが明るくなりますので撮影がしやすくなります。

▼撮影が完了するとこちらの画面になりますので、チェックをタップ。

これにてB612での作業は完了で後はLINEに戻りトリミングなどの仕上げを行います!

 

LINEに戻って編集作業

LINEに戻った後は、

▼まずこちらの画面にて動画のトリミングを行います。両端のマークを左右にドラッグして映像の長さの調節を行います。

▼その次は静止画像が表示される場合、どの場面を表示するかの選択画面になります。こちらも下記の四角の部分をドラッグして静止画像を決めます。

 

設定完了

▼最後に右上の「完了」をタップすると、

▼このように自分の好きな映像をLINEアイコンに設定変更することができました!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?本来的にはiPhone1台で完結して自分の任意の動画をアイコンにできたら良いのですが、今回はローテクっぷりを惜しみなく発揮し、

「ディスプレイに映るものを撮る」

というシンプルで力強い手法をご紹介させていただきました!www

とはいえ、Youtubeなどには映像としてほぼ「なんでもある」状態ですので、この方法で自分の好きな動画・アーティスト・タレントの動いている部分をアイコンに設定し、ファンであることの主張をしてみるのも面白いですね!

 
【おすすめアプリ】
  • Youtube動画の読み込みなし
  • オフライン再生・歌詞表示あり
  • 合法で無料の音楽アプリ
  • MusicFMが無い時の代わり
  • →こちら←

 - メッセージ , , , , , , , , , ,

スキップ