【3分で完了!】LINEのプロフィールに設定するアイコンをアニメーション動画にする方法




LINEアイコンは場所として「文字のない自己紹介の場所」として存在していると思います。

そのため、そのアイコンに個性を出そうと命を削り工夫を凝らす文化が存在しますが、今回はそのアイコン箇所を最もインパクトの強い動画に設定する方法をご紹介致します!

LINEのプロフィール画面から現在のアイコンを確認

▼まずは LINE の友達タブをタップ。

▼画面左上に表示されているネジマークをタップ。

▼設定画面が表示されますので「プロフィール」をタップ。

▼画面上部に今現時点設定している自分のアイコンが表示されますのでアイコン右下のカメラアイコンをタップ。

▼次にアイコンの元素材となる画像・動画の取得元を選択する選択肢が表示されますので「写真/動画を選択」を選びます。

ここで端末の写真や動画のライブラリが表示されますので、 LINEのプロフィールアイコンにしようと思っている動画を選択しましょう。

▼読み込みが完了すると動画のどの部分をアイコンにするかを選択するための画面になります。

動画はZEPETOの一言挨拶にしました!
ZEPETOの詳細な使い方については
▼こちらをご覧くださいませ!

【最新】3Dキャラアプリ『ZEPETO(ゼペット)』の基本的な使い方-作成からメイク、マイコード確認や加工方法ご紹介

2018.09.24

いわゆる切り抜き的な作業ですが、 LINE のプロフィールアイコンは自分の名刺代わりの部分にもなりますので出来るだけ重要度の高い部分を切り取りましょう!

▼画像をドラッグする形で調節が可能です。

ベストポジションが決まったら画面右下の「次へ」をタップしましょう。

▼次に、動画の中から自分がアイコンに設定したい6秒間を切り出す作業になります。

せっかく動画のアイコンにするのでできるだけ動きが大きい方が分かりやすいですね!

▼両端にポインタが設置してありそれを左右に動かすことによって切り出し位置を調節することができます!

▼切り出したいポイントが決まったら、再度画面右下の「次へ」をタップ。

▼最後に動画が表示できない時に表示される静止画像を切り出した動画の中から選択します。

静止画像を選び終わったら、画面右下の「完了」ボタンをタップして終了です。

▼先程の LINE のプロフィール画面を確認してみると、 切り出した動画がアイコンとしてハマっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

頻繁にアイコンを変える必要はないかと思いますが、他の友だちに見られる部分でもありますし、たまにはこのような目立つ動画アイコンにしてみても面白いと思います!

以前までは別アプリ「B612」を使用して動画を作成する手間がありましたが、動画アイコン設定がLINEで完結できるようになってものの数分で完了しますので、今後設定するユーザーが更に増えそうですね!