ドハック

身近なものから思いっきりハックしちゃうドハック。

*

【Keep】LINEのテキストや写真・ボイスメッセージなどを一箇所に保存しておく方法

   

LINE Keep

今までLINEの会話の中で登場する画像などは端末の写真アプリに保存することができたのですが、その時のテキストの会話などはお手軽な保存方法はありませんでしたよね。

先日登場したLINEの新機能「Keep」によってテキストのみならず、画像やボイスメッセージなどもLINEの特定の場所に保存することができるようになりました。

それら保存された内容は保存しておくという機能だけでなく、そこから簡単にトークに転送できたりとLINEの中だけで完結するメリットを活かして搭載されています。

今回はその保存機能「Keep」をご紹介します!

 

スポンサードリンク

どんな機能なのか?

LINE Keepの使い方

簡単に言うと、『LINE』の会話の中で登場したテキスト含むあらゆるコンテンツをLINEの中に保存できる機能です。

その保存作業自体が非常にやりやすいものになっているので、今まで一瞬で通りすぎていってしまった内容を簡単にまとめておくことが可能になります。

 

 

『Keep』の方法

まずはどのように使うかを見てみましょう。

LINEの任意のテキスト、画像などの吹き出し部分を長押ししてみると、

↓下記のような表示がでます。

LINE Keep使い方

この「Keep」をタップすると、

LINE Keep使い方

 

上記のように、どの内容を保存するかの画面が表示されますので、保存するものを選択し右下の「保存」をタップしましょう。

 

保存したものの確認

上記の手順で保存したものは、プロフィール画面、もしくはタブの「…」マークから、LINE Appを選択し、

LINE Keep確認方法

「Keep」を選択することで一覧画面へ遷移することができます。

 

そこから「Keep」に移動することで保存した内容が下記のように一覧で確認することができます。

LINE Keep一覧確認

 

「Keep」したものを送信

トーク画面からもKeepした内容を簡単に呼び出すことができます。

画像を添付する際に使用する「+」ボタンを押し、Keepのアイコンを確認することができます。

 

LINE Keep 呼び出し

ここから画像などを選択することで簡単にこのトークに対して画像を送信することができます!

便利ですね~。

 

 

削除する方法

削除するのもとっても簡単です。下記のように一覧画面で左にスワイプすると「削除」ボタンが表示されますので必要があればここから削除しましょう。

LINE Keep 削除方法

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか、LINEの『Keep』。

今のところ、

  • 保存容量:1GB(ギガバイト)
  • 保存期間:無制限
  • 50MBを超えるファイルのみ30日間の制限。

とのこと。

これらを利用してアイディアをメモしたり、お使いのメモに使ったり、お店や待ち合わせの場所をメモするために使ったりと色々なことに使えそうですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - メッセージ , , , , , , ,

スキップ